医用生体工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

医用生体工学(いようせいたいこうがく)、または、生体医工学(せいたいいこうがく、英語:biomedical engineering)は、医学工学の領域を融合した学問分野である。医用生体工学と同義、または、これに含まれる学問の名称として、医用電子工学医療工学などがある。医用生体工学を医用工学生体工学に大別する分類方法もあるが、同義として扱われることも多い。

医用工学[編集]

工学の知識を医学へ応用しようとする学問分野。検査機器や人工臓器、生命維持管理装置など、さまざまな医療機器の研究開発が主な分野である。現在注目されている技術の一つは医療用ロボット(手術ロボット)で、ロボットにより手術を行う事が可能かどうか医用工学に携わる学者(技師・開発者)等が研究し開発実験を実施している。

生体工学[編集]

生体の仕組みを工学へ応用しようとする学問分野(目的は医用に限定されない)。ニューラルネットワークDNAコンピュータなどの研究分野である。

研究機関[編集]

比較的初期に、北里大学で、臨床工学の分野で設立され、各地に医用生体工学の学科が設置されている。また、東北大学大学院には医用生体工学を含むより広範な分野の医工学研究科が設置された。

医用生体工学関連の学科を設置している大学[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]