失敗学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

失敗学(しっぱいがく)とは、起こってしまった失敗に対し、責任追及のみに終始せず、(物理的・個人的な)直接原因と(背景的・組織的な)根幹原因を究明する学問のことである。

概要[編集]

失敗に学び、同じ愚を繰り返さないようにするためには、どうすればよいか、を考える。さらに、こうして得られた知識社会に広め、他でも似たような失敗を起こさないように考える。すなわち、以下3点が失敗学の核となる。

  • 原因究明 (CA: Cause Analysis)
  • 失敗防止 (FP: Failure Prevention)
  • 知識配布 (KD: Knowledge Distribution)

安全工学などとも関係するが、工学・経営学などを網羅的に含んだ概念である。

提唱者は『失敗学のすすめ』 (2005年4月、講談社) の著者・畑村洋太郎。失敗学の命名は立花隆。畑村を会長に、特定非営利活動法人失敗学会2002年に設立された。

失敗の種類[編集]

失敗の種類は、大きく3つに分けられる。

  1. 織り込み済みの失敗。ある程度の損害やデメリットは承知の上での失敗。
  2. 結果としての失敗。果敢なトライアルの結果としての失敗。
  3. 回避可能であった失敗。ヒューマンエラーでの失敗。
1. と2. の失敗は、「失敗は成功の元」となり得る失敗である。また、この2つの失敗については、状況・結果などがある程度予測できたり、経験からくる的確な判断で対処したりすることができる。
3. の失敗は、失敗からさらなる悪循環が生まれる失敗である。予想しておけば回避可能であったにも関わらず、予想をしていなかったためにパニックに陥り、ますます、状況を悪くしてしまう。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]