感性工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

感性工学(かんせいこうがく、英語: Kansei Engineering/Affective Engineering)とは、人間の感性という主観的で論理的に説明しにくい反応を、科学的手法によって価値を発見し、活用することによって社会に資することを目的とした学問である[1]

概要[編集]

ヒトの知性は、情緒的で感覚的な主観を重んじる側面と、論理的で分析的な客観を重んじる側面があり、前者は芸術やファッションデザインなどで発揮され、後者は科学や工学として展開した。それぞれの分野は専門化しているが、両者を結びつける分野が感性工学・感性科学といえる[1]

感性工学は個人または組織が提供する製品またはサービスにその有用性だけでなく、使用者の感性を予想して提供しようとするもので、広島大学長町三生教授が創始したといわれている[2][3][4]。 心地よい・楽しいといった人間の嗜好やフィーリングを分析・反映する手法として、ファジィ論理カオスフラクタル理論などがある[5]

日本で始まり世界へ伝わった比較的新しい技術工学で、日本では日本感性工学会が1998年より組織されている。 世界各国でも様々な大学研究所で研究が行われている。スウェーデンリンショーピング大学ではKansei Engineering Software(KESo)の開発も行われている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 椎塚 2013, pp. i-ii.
  2. ^ 長町三生著『感性工学のおはなし』(日本規格協会、1995)
  3. ^ 井川憲明著『感性の科学 -心理と技術の融合-』(朝倉書店、2006年)
  4. ^ 感性工学とは
  5. ^ 今井和也 『カタチの歴史:建築とファッションのただならぬ関係』 新曜社2003年ISBN 4-7885-0834-6 pp.183-187.
  6. ^ Kansei Engineering Software(KESo)

参考文献[編集]

  • 椎塚久雄、椎塚久雄(編)、2013、「まえがき」、『感性工学ハンドブック』、朝倉書店 ISBN 9784254201543

関連項目[編集]

外部リンク[編集]