石油工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石油工学(せきゆこうがく、英語: Petroleum engineering)は原油天然ガスとしての炭化水素生産に関する工学の分野である[1]。石油探査と生産は石油・天然ガス産業の上流部門英語版に含まれるとされる。 石油探査英語版と石油工学は地下貯留層からの石油・天然ガスの経済的な回収を最大限にすることに焦点を当てている。石油地質学英語版地球物理学では炭化水素貯留層の岩石の静的な性質を取り扱うものであるが、石油工学は高圧下の多孔質の岩石中での水分、石油、ガスの物理的挙動を詳細な理解による石油や天然ガスの回収可能量の推定に焦点を当てている[2]石油工学は他の工学の分野と同様に数学物理学化学の知識を要し[3]、関連分野には地質学、油田掘削工学、経済学地球統計学などがある[3][4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Petroleum Engineers: Occupational Outlook Handbook: U.S. Bureau of Labor Statistics” (英語). www.bls.gov. 2018年2月6日閲覧。
  2. ^ Petroleum Engineering”. OMICS Publishing Group. 2021年9月29日閲覧。
  3. ^ a b Cunha, Luciane B.; Cunha, J. C. (2004-01-01) (英語). Petroleum Engineering Education - Challenges and Changes for the Next 20 Years. Society of Petroleum Engineers. doi:10.2118/90556-MS. ISBN 9781555631512. https://www.onepetro.org/conference-paper/SPE-90556-MS 
  4. ^ (英語) Petroleum Engineering: Principles and Practice. Springer Science & Business Media. (2012-12-06). ISBN 9789401096010. https://books.google.com/books?id=9_zxCAAAQBAJ&q=technologies+in+petroleum+engineering&pg=PR9 

関連文献[編集]

外部リンク[編集]