交換工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

交換工学(こうかんこうがく)は、通信工学の一分野であり、電気通信における交換機能を対象とした工学である。

概要[編集]

交換は複数の通信主体(電話をかける人、パソコン、自動化された装置等々、様々な形態がある)が相互に通信するときに、 相手を選択して情報を選択的に届けることである。

このための機能として、交換機単体で行う経路選択、呼接続制御などの他、通信システム全体でのアドレス計画、網トポロジー計画なども含まれる。

主な機能[編集]

交換機能として扱われる主な機能として、次の項目がある。

  • 経路選択 : 伝送路の効率的な運用のために経路選択を行う。
  • 呼接続制御: 電話のような呼の概念がある通信に対して、呼の状態を管理する。
  • 故障検出 : 故障を検出し、代替機への切換え・縮退運転、警報を発するなどの動作を行う。
  • 輻輳処理 : 通信集中時に優先通信用の帯域の確保、優先順位の低い通信の制限を行う。
  • 料金計算 : サービス種別・通信時間・通信距離などを積算し料金計算を行う。

関連項目[編集]