軍事工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1668年にヴォーバンが設計したリールの城塞のレリーフマップ。

軍事工学(Military engineering)は、軍事必要品・施設を設計および構築、 軍事輸送および軍事通信ラインを維持する術、科学および実践術として大まかに定義される工学。

軍事技術者は、軍事戦術の背後にある兵の物量供給にもその任を果たす。

もとは単にエンジニアリングと呼び、築造や土工など今日の土木工学・シビルエンジニアリングを指す用語であったが、20世紀および21世紀の軍事工学、現代の軍事工学ミリタリー・エンジニアリングはそれとは異なり、機械工学や電気工学などの他の工学分野も含まれている[1]

NATOによれば、「軍事工学とは、物理的な運用環境を形成するために、その要素やサービスに関係なく行われる軍事エンジニアの活動範囲。軍事工学は、機動と軍隊全体への支援を組み込んでおり、その中には、軍隊の保護、反撃された爆発装置、環境保護、技術者の知能、軍事捜索などの軍事工学機能が含まれます。」とし、「軍事技術は、車両、船舶、航空機、兵器システムや機器の操作、修理や維持」で、「軍事工学はそれらの「技術」によって行われた活動を包含していません。」としている [2]

軍事工学は 軍事アカデミーまたは軍事工学を教授する学校で教えられる学問である一方、軍事技術に関連する建設・解体作業は、通常軍事技術者も含まれるが兵士としての訓練を受けた工兵や軍事パイオニアによって訓練で体得され [3] 現代の軍隊ではそのような任務を遂行するよう訓練された兵士は、戦闘で前進し攻撃を受けている間はしばしば戦闘エンジニアと呼ばれている。

一部の国では、軍事エンジニアは、 治水や河川航行工事など、平時では軍事以外の建設作業を行うこともあるが、そのような活動は軍事工学の範囲に含まれない。

語源[編集]

エンジニアという言葉は、最初は戦争の文脈で使用されており、1325年にengine'er (文字通り、エンジンを操作する人)が「軍事エンジンの構築者」と呼ばれたときまでさかのぼる[4]。 これに関連して、この「エンジン」とは、軍事機械、つまり戦争で使用される機械的な仕掛け(たとえば、 カタパルト )を指した。

建物などの民間構造物の設計が技術分野として発展するにつれて、 シビル」エンジニアリング [5]という用語は、エンジニアリングという用語からこのような非軍事プロジェクトの建設に特化したものと古いミリタリーものに関係するものとを区別する方法として用語化。 軍事工学における土木工学の普及が工学を上回り、専門分野の数が拡大するにつれて、「工学」つまり「エンジニアリング」という言葉を、本来の軍事的意味では現在ではほとんど使われていない。 その代わりに、「軍事工学」「ミリタリー・エンジニアリング」という用語が使用されるようになる。

歴史[編集]

マルベリー港 「B」の空撮(1944年10月27日)

軍事工学の専門家が、献身的な力を持つ最初の文明はローマ人であり、その軍隊はローマ式ミリタリーエンジニアとして知られる軍事技術者の献身的な軍団を指した。 このグループは同時代人の間で傑出していた。 30マイル (48 km)の要塞の二重壁の建設など、特定の軍事工学技でも規模30マイル (48 km) も長いそれらを、わずか6週間で紀元前52年に包囲された都市アレシアを完全に取り囲んだことが一例としてあげられる。 そのような軍事工学の偉業は、ガリアの防衛者にとって完全に新しいものであり、おそらく当惑させられ、士気をそぐものだったとみられるが、著作が生き残ったためにこれらのローマ軍の技術者の中で最もよく知られているのはウィトルウィウスである。

古代では、軍のエンジニアは攻城戦と、フィールドの要塞 、仮設キャンプ、道路の建設を担当していた。 古代の最も著名なエンジニアは、 ローマ人中国人で彼らは巨大な攻城兵器 (カタパルト、 破城攻城塔 )を建設。 ローマ人は軍隊のために要塞化された木製キャンプと舗装された道路を建設する任があった。これらのローマの道路の多くは現在も使用されている[6]

ローマ帝国の崩壊後500年間、軍事工学の実践は西でほとんど発展せず、実際にローマの軍事工学の古典的な技術と実践の多くは失われる。この期間を通じて歩兵(ローマの軍事工学能力の多くに極めて重要だった)は、ほとんどが騎兵に置き換えられた。

軍事工学が包囲戦に焦点を合わせた復活を見たのは、 中世後期になってからである[7]

軍事技術者は敵の城と要塞に対し計画的な包囲網を敷くとき、彼らは城の侵入への防御対策を分析し、監督指揮する。が軍事目的に使用されたときは サッパー(工兵)の仕事の1つは、こうした攻略活動を敵が阻止する手段を考案される前に壁の基盤を弱体化してそれらを破ることであった。大まかに言って、サッパーは要塞システムを破壊するか、さもなければ克服するか、迂回を判断する専門家であった。

1795年、ジブラルタルの王立軍事工の作業服

14世紀の火薬の開発により、 大砲の形の新しい攻城 兵器が登場。 当初、軍のエンジニアは、以前の攻城兵器の場合と同様に、これらの新しい武器の維持とともに操作も担当していた。

イングランドでは、1370年頃に王国の大砲、武器、城を管理するために、新しい技術を管理するという課題が発生し、兵器局を設立[8]

古い武器と比較して、大砲は伝統的な中世の要塞に対して非常に効果的であった。このため軍事工学で、敵の直接および突撃からよりよく保護されるように、要塞の構築方法を大幅に修正。 新しい要塞、攻撃側の敵に火を放つ防御者の能力を高めることを目的とした砦の建設法は、 イタリア星形要塞デザインに基づいて16世紀のヨーロッパで急増していく[9]

1812年のベレジナの戦いでのフランスのサッパー

18世紀までに、イギリス軍、フランス軍、プロイセン軍、およびその他の軍隊の歩兵連隊(歩兵)に先駆者の分遣隊が加わる。平時、これらの専門家は連隊商人、建物の建設と修理、輸送ワゴンなどで構成し、積極的なサービスを供給、シャベル、つるはしで行進列の先頭に移動し、障害物を取り除くか、連隊の本体が困難な地形を移動できるように橋を建設していった。

現代のロイヤル・ウェルチ・フジリエとフランス外人部隊は、祝典のみを目的としたクロムメッキのツールを携えて、儀式のパレードの前を行進する開拓者セクションを維持している。 他の歴史的な違いは、長い作業用エプロンとひげを蓄える権利があった。

教育[編集]

軍事技術者は、さまざまな工学専攻から来ることができる。 彼らは機械 、 電気、土木 の他、工業工学の卒業生かもしれない [10]

サブディシプリン[編集]

現代の軍事工学は、戦闘工学、戦略的支援、および補助的支援の3つの主要なタスクまたは分野に分けることができる。 戦闘工学は、戦場での工学に関連。 戦闘エンジニアは、トレンチを掘ったり、戦争地帯に一時的な施設を建設するなど、戦線の機動性を高める任を成す[11]。 戦略的サポートは、飛行場の建設や港湾、道路、鉄道の通信の改善とアップグレードなどの通信ゾーンでのサービスの提供に関連。 補助的なサポートには、地図の提供と配布、および不発弾頭の処分など。軍事技術者は、基地、飛行場、道路、橋、港、病院を建設。 近代戦前の平時、軍事技術者は土木工事プロジェクトの建設にも参加することで土木技術者の役割を果たしていた。 今日、軍事技術者はほぼ全面的に戦争の工兵logisticsと準備に専任従事している。 [1]

爆発物工学[編集]

爆発物は、短時間で所定の体積で急速に膨張するガスを生成するシステムとして定義されるが [12] 特定の軍事工学の職業は、爆発物や破壊の分野や、戦場での使用にもまで及ぶ。爆発装置は、戦場での歴史を通じて、戦闘からエリアクリアランスまでの多くの操作に使用されてきた。

爆発物の初期の発達は、10世紀の中国にまでさかのぼることができる。中国では、世界で最初のものとして知られている爆発物である黒色火薬のエンジニアリングが行われている[13]。 当初は娯楽目的で開発されたが、その後、黒色火薬は爆弾の軍事用途および銃器の発射推進に利用された。この分野を専門とする軍のエンジニアは、さまざまな動作条件で使用する多くの爆発性デバイスを策定および設計。このような爆発性化合物は、黒色火薬から最新のプラスチック爆薬にまで及ぶ[14]

なお一般に、破壊技術の専門家は、地雷およびIED検出と廃棄も含む戦闘エンジニアの役割の下にリストされている。 詳細については、「 爆弾処理 」を参照。

機関および専門職協会[編集]

A group of soldiers in green fatigues assembling a bridge
リボンブリッジを構築する米国第341エンジニア会社

NATO軍事工学センターオブエクセレンス(MilEng CoE)は、 インゴルシュタットドイツ陸軍軍事技術学校と同じ場所にある。 NATO CoEになる前は、研究所はユーロNATOトレーニングエンジニアセンター(ENTEC)として知られており、 ミュンヘンにあった。 ENTECとして、研究所は参加国のために軍事技術者の相互運用性トレーニングを実施することが義務付けられている。 MilEng CoEとして、研究所の任務は、軍事工学に関連する教義およびNATO標準化協定( STANAG )を含むように拡大。

国別の軍事工学[編集]

軍事技術者は、世界のすべての軍隊の鍵であり、常に、軍隊構造に緊密に統合されているか、国軍の戦闘部隊にさえ組み込まれている。

オーストラリア

  • ロイヤルオーストラリアンエンジニア (Royal Australian Engineers)
  • オーストラリア空軍飛行部隊エンジニア (Royal Australian Air Force Airfield Engineers)

カナダ

デンマーク

  • デンマークの軍事工学部隊は、ほぼ完全に1つの連隊に組織されており、単に「 Ingeniørregimentet 」(「工学連隊」)と名付けられています。

ドイツ

橋を架けるフランスのエンジニアリングアーム

フランス

  • パリ消防隊を含むエンジニアリングアーム(Engineering Arm)

インド

インド陸軍工兵隊 (Indian Army Corps of Engineers)

インドネシア

インドネシア陸軍工兵隊 (Indonesian Army Corps of Engineers)

アイルランド

アイルランド陸軍工兵隊 (Irish Army Engineer Corps)

イスラエル

  • 戦闘工学部隊 - イスラエルの戦闘エンジニア隊のモットーは「リショーニームTamid」である。ヘブライ語: ראשונים תמיד‎ 、「常に最初」を意味する。
ニュージーランド
ニュージーランド王立工兵隊(Corps of Royal New Zealand Engineers)
ノルウェー
Ingeniørbataljonen (「エンジニア大隊」)
パキスタン
  • パキスタン陸軍工兵隊(Pakistan Army Corps of Engineers)
  • 軍事工学サービス(Military Engineering Service)
ルーマニア
  • 第10エンジニア旅団(10th Engineer Brigade)
ロシア
南アフリカ
  • 南アフリカ陸軍士官隊(South African Army Engineer Formation)
スリランカ
  • スリランカのエンジニア (Sri Lanka Engineers)
  • エンジニアサービス連隊 (Engineer Services Regiment)
イギリス
王立工兵隊
ロイヤル・エンジニアリング・オブ・ミリタリー・エンジニアリング(RSME)は、 英国陸軍のロイヤル・エンジニアのための主要なトレーニング施設。 RSMEは必要に応じて、 英国海軍英国空軍英国陸軍のその他の武器およびサービス、その他の政府省庁ならびに外国および連邦諸国向けのトレーニングも提供。 これらのスキルは陸軍の作戦能力に不可欠な要素を提供し、 ロイヤル・エンジニアは現在、 アフガニスタンイラクキプロスボスニアコソボケニアブルネイフォークランドベリーズ 、ドイツ、 北アイルランドに配備され、またサウジアラビアクウェート 、イタリア、 エジプトヨルダン 、カナダ、 ポーランド 、米国での演習にも参加。
アメリカ

米国における軍事工学の普及は、エンジニアが米国陸軍で任務を遂行するアメリカ独立戦争にまでさかのぼる。地形を図化したのが戦争中、軍隊を敵軍から守るための要塞を建設した米国で最初の軍事工学組織である陸軍工兵隊。

エンジニアは、合衆国の戦争の歴史を通して要塞の活用、新しい技術や武器を設計したりするかどうかにかかわらず、軍隊を保護する責任が伴う。

陸軍はもともと専らエンジニアの役割を強張していた。米軍の支部が海と空に拡大するにつれて、すべての支部での軍事工学部隊の必要性が増加。 アメリカ軍の各支部が拡大するにつれて、工学技術はそれぞれのニーズに適合するように[15]

  • 米国陸軍工兵隊
  • 空軍土木技術者支援機関 、 迅速な技術者による展開可能な重作業修理飛行隊技術者 (RED HORSE)、およびプライムベース・エンジニア・エマージェンシー・フォース (Prime BEEF)
  • 米国海軍 建設大隊 (シービーズ(Seabees)として知られている)と軍事土木技術者団(Civil Engineer Corps)
  • 米国海兵隊戦闘エンジニア大隊 (United States Marine Corps Combat Engineer Battalions)
ベトナム陸軍工兵隊
  • Le Quy Don工科大学は、ベトナム軍のエンジニア向けの主要なトレーニング組織

関連項目[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b military engineering”. Encyclopædia Britannica Inc (2013年). 2013年2月13日閲覧。
  2. ^ NATO publication (1 April 2008). MC 0560 "MILITARY COMMITTEE POLICY FOR MILITARY ENGINEERING". NATO 
  3. ^ Bernard Brodie, Fawn McKay Brodie (1973). From Crossbow to H-bomb. Indiana University Press. ISBN 0-253-20161-6. https://archive.org/details/fromcrossbowtohb0000brod 
  4. ^ Oxford English Dictionary
  5. ^ Engineers' Council for Professional Development definition on Encyclopædia Britannica (Includes Britannica article on Engineering)
  6. ^ Purton (2018年4月). “The Medieval Military Engineer”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ Canadian Forces Publication, A-JS-007-003/JD-001 Customs and Traditions of the Canadian Military Engineers. 30 June 2003 [リンク切れ]
  8. ^ Museum. “Corps History – Part 2”. 2010年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月12日閲覧。
  9. ^ Langins, Janis. Conserving the Enlightenment: French Military Engineering from Vauban to the Revolution. Cambridge, Massachusetts MIT Press. 2004.
  10. ^ Become a Military Engineer: Step-by-Step Career Guide”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  11. ^ Combat Engineer (12B)”. goarmy.com. 2019年4月26日閲覧。
  12. ^ Explosive | chemical product” (英語). Encyclopedia Britannica. 2019年4月26日閲覧。
  13. ^ Explosive | chemical product” (英語). Encyclopedia Britannica. 2019年4月26日閲覧。
  14. ^ Cooper, Paul W. (2018-07-19) (英語). Explosives Engineering. John Wiley & Sons. ISBN 9781119537137. https://books.google.com/?id=mvRlDwAAQBAJ&pg=PP2&dq=%22Military+engineering%22#v=onepage&q=%22Military%20engineering%22&f=false 
  15. ^ Chambers (2000年). “Engineering, Military”. Encyclopedia.com. 2013年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]