冶金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

冶金(やきん)とは、鉱石その他の原料から有用な金属を採取・精製・加工して、種々の目的に応じた実用可能な金属材料・合金を製造すること。そのために必要となる技術(冶金術)・学術(冶金学)を含める場合もある。

鉱石などから金属を抽出する技術は採鉱冶金と呼ばれ、狭義の冶金(術・学)はこれのみを指す場合もある。その技術には乾式冶金・湿式冶金・電解冶金に大別することが出来る。一方、それ以外の合金の製造や物理的加工を行うことで金属の性質を変えて実用に用いやすくすることを製造冶金と称する。粉末金属を塊状にすることを粉末冶金、物理的圧力や他の成分との混合による加工を物理冶金と呼ぶ。製造冶金に関する工学金属工学と呼ぶ。