製錬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

製錬(せいれん、smelting)とは鉱石還元することによって金属を取り出す過程のことである。製錬によって取り出された金属は純度が低い場合が多く、純度を高めるために精錬が必要な場合がある。ここまでのプロセスを冶金ということがある。

なお、硫黄黒鉛滑石など、非金属精製も製錬と呼ぶ場合がある。また、三酸化ヒ素(いわゆる亜ヒ酸)や三酸化アンチモンなど、金属化合物の精製工程も(原料・工程が狭義の製錬と密接しているため)製錬の範疇に入れる場合もある。

2013年現在、アンチモンのように経済的理由から日本国内での製錬が行われなくなった金属も存在する。

手法[編集]

乾式製錬
を用いて鉱石を融解し、目的の金属を得る方法。
鉱石を熱して、鉱石から金属を液状にして取り出す溶融製錬、ガス状になった金属を冷却して液化・昇華させる蒸留製錬などがある。
 亜鉛水銀など
湿式製錬
アルカリを用いて、鉱石に含まれる目的の金属を溶解し、その溶液から金属を取り出す方法。
 白金など

この他、還元製錬溶融塩電解などの方法がある。

日本の製錬所[編集]

厳密には製錬にはあたらないものの、水銀の蒸留製錬法を応用して乾電池蛍光灯、水銀系試薬などから水銀地金を回収している日本唯一の拠点。