機構学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

機構学(きこうがく、:Mechanism)は機械工学の一分野であり、歯車によるエネルギー伝達の他、チェーンによる伝達、過負荷時にはスリップせしめるベルト伝動機構、蒸気機関車の車輪やエンジンに見られるスライダー機構やリンク機構等、機械部品の形状や配置を単純化し、それら相互の相対運動を研究する学問である。英語ではメカニズムと言うように、機械工学ではもっとも基本的な学問である。完成され尽くした分野のようにも見えるが、材料力学制御工学といったこんにちでも盛んに発展のある分野が対象としているのはまさしく「機構」であり、そういう意味では古びた学問ではない。

関連項目[編集]