データ中心アプローチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

データ中心アプローチ(データちゅうしんアプローチ、: data oriented approach, DOA)は日本で生まれたソフトウェア工学上の業務分析・業務設計手法の総称。アメリカでは情報工学: information engineering, IE)または データ中心工学: data-centric engineering, DCE)と呼ぶ。

この用語は、堀内一の「データ中心システム設計(1988年刊)」が初出だといわれる。

概要[編集]

1975年に開催された第1回VLDB(Very Large Data Base)カンファレンスにおいてピーター・チェン実体関連図: entity-relationship diagram, ERD)を発表した。偶然にも同じ学会で、椿正明と穂鷹良介がTHモデルを発表した。このTHモデルが日本のDOAの発祥である。

ERDはエンティティ(実体:Entity)とリレーションシップ(関連:RelationShip)の二元論だが、THモデルは参照キー(関係データベース外部キー)の関数従属性だけで表現する一元論である。このTHモデルは椿正明が創業した株式会社データ総研がコンサルティングを行っている。

THモデルの継承ではないが、同時発生的に佐藤正美のT字形ER手法(現在ではTMと称する)や、渡辺幸三の三要素分析法など独自に進化した手法が日本で生まれた。それらを総称してDOAと呼んでいる。それぞれ手順や記述法すら大きく異なるが、1つ共通なのは、「関数従属性」を重要視していることである。その1点で、ERDとは大きく異なる。

参照文献[編集]

  • 堀内一 『データ中心システム設計』 オーム社、1988年3月。ISBN 4274074056 
  • 椿正明 『データ中心システム入門』 オーム社、1994年9月。ISBN 4274078000 
  • 佐藤正美 『論理データベース論考―データ設計の方法:数学の基礎とT字形ER手法』 ソフトリサーチセンター、2000年4月。ISBN 4883731340 
  • 渡辺幸三 『業務別データベース設計のためのデータモデリング入門』 日本実業出版社、2001年7月。ISBN 4534032501 

脚注[編集]


外部リンク[編集]

1.データモデルの進化

★DOAとXEAD