宮城音五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮城 音五郎
みやぎ おとごろう
生年月日 1883年8月3日
出生地 埼玉県
没年月日 (1967-09-14) 1967年9月14日(84歳没)
死没地 宮城県仙台市
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 仙台高等工業学校教授
東北帝国大学教授・工学部長
宮城県仙台第一中学校校長
東北電子工業高等学校校長
東北工業大学学長
所属政党 無所属

宮城県の旗 公選第3代 宮城県知事
当選回数 1回
在任期間 1952年10月5日 - 1956年10月4日
テンプレートを表示

宮城 音五郎(みやぎ おとごろう、1883年8月3日 - 1967年9月14日)は、日本の工学者政治家

東北帝國大学教授宮城県知事東北工業大学学長などを歴任した。

人物[編集]

1883年明治16年)埼玉県出身。1908年明治41年)東京帝國大学卒業。

仙台高等工業学校(現・東北大学工学部)教授となった後、1917年大正6年)から翌年にかけてアメリカ合衆国に留学した。帰国後は東北帝國大学の工学部長などを務めて1945年昭和20年)に退官、1946年から1950年までは宮城県仙台第一中学校(現・宮城県仙台第一高等学校)の校長を務めた。1952年昭和27年)から1956年昭和31年)まで宮城県知事を一期務めた。1960年昭和35年)に設立した学校法人東北電子学院(現・学校法人東北工業大学)の理事を務め、1961年昭和36年)の東北電子工業高等学校(現・仙台城南高等学校)の開校および1964年昭和39年)の東北工業大学の開学に尽力し、1961年4月1日から1964年10月31日まで東北電子工業高等学校の初代校長を、1964年昭和39年)4月1日から1967年昭和42年)9月14日に腸閉塞で逝去するまで東北工業大学の初代学長を務めた。1967年昭和42年)9月19日東北工業大学による大学葬が営まれた。

親族[編集]

資料[編集]

  • 東北大学史料館(宮城県仙台市青葉区片平2-1-1)において「宮城音五郎文書」(日記・手帳等)が保存・公開されている.

参考文献[編集]

  • 学校法人東北工業大学50年史編集委員会『学校法人東北工業大学五〇年史』学校法人東北工業大学、2010年10月19日。