田辺輝実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田辺輝実

田辺 輝実(たなべ てるざね、1841年12月23日天保12年11月11日)- 1924年大正13年)10月19日)は、幕末の丹波柏原藩士明治大正期の官僚政治家県知事貴族院議員

経歴[編集]

丹波国出身。丹波柏原藩士・田辺興の長男として生まれる。明治2年(1869年)、明治政府に出仕し弾正少忠に就任。

以後、入間県群馬県熊谷県愛知県で勤務。さらに、内務属、鹿児島県属、内務省御用掛、高知県大書記官、内務権大書記官、農商務省山林局長、内務省土木局長を歴任。

1881年1月、高知県令に就任。県会の立志社と保守派の対立により、1882年11月に知事を退任した。1883年5月、宮崎県令となり、官制改正により宮崎県知事と名称が変更された。以後、佐賀県三重県宮城県の各知事を歴任。

1905年12月13日、貴族院勅選議員に任じられ[1]茶話会に属し死去するまで在任。1907年6月22日、錦鶏間祗候に任じられた[2]

その他、臨時博覧会事務局評議員、官林官有地取調委員、林政取調委員、土木会委員などを務めた。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6738号、明治38年12月14日。
  2. ^ 『官報』第7194号、明治40年6月24日。
  3. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  4. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  5. ^ 『官報』第3737号「叙任及辞令」1895年12月11日。
  6. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。
  7. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  8. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  9. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。