川村和嘉治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川村 和嘉治(かわむら わかじ、1901年(明治34年)2月21日 - 1968年(昭和43年)2月19日、満66歳没)は日本の政治家高知県知事を務めた。

生涯[編集]

高知県長岡郡本山町出身。京都帝國大学を卒業。1947年(昭和22年)の第1回高知県知事選挙に出馬し当選。およそ半年後の1947年(昭和22年)7月25日公職追放が決定し、解職。追放解除後の1951年(昭和26年)に民主党社会党社民党の推薦を得て、現職の桃井直美を約2万票の差で破り当選。1955年(昭和30年)まで再び知事を務めた。知事退任後の1958年(昭和33年)の第28回衆議院議員総選挙で無所属で立候補したが落選した。1968年(昭和43年)2月19日、脳軟化症のため66歳で死去。