土岐嘉平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土岐嘉平

土岐 嘉平(とき かへい、1875年2月 - 1946年3月22日)は、日本の内務官僚政治家府県知事北海道庁長官、京都市長。

経歴[編集]

和歌山県出身。土岐綱右衛門の二男として生まれる。第三高等学校を経て、1901年東京帝国大学法科大学政治学科を優等で卒業し、銀時計を授与された。

1901年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入り土木局に配属された。以後、山梨県参事官、内務省書記官、同参事官、大阪府内務部長などを歴任。

1914年6月、高知県知事に就任。その後、石川県知事、関東庁事務総長、大阪府知事を経て、1923年9月、北海道庁長官に就任。1925年9月まで在任し退官した。

1927年12月13日、京都市長に就任し、1931年12月12日まで務めた。この間、京都市中央卸商市場の開設や、市バスの運行開始、京都大博覧会の開催などを推進した。1946年3月22日死去。享年71。

著作[編集]

  • 土岐嘉平述『財政学』東京法学院36年度3年級講義録、東京法学院、1902年。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 京都市姓氏歴史人物大辞典編纂委員会編著『京都市姓氏歴史人物大辞典』角川日本姓氏歴史人物大辞典26、角川書店、1997年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。


公職
先代:
杉山四五郎
日本の旗 関東庁事務総長
第2代:1921年 - 1923年
次代:
川口彦治