田辺良顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田辺 良顕(たなべ よしあき、1834年5月9日天保5年4月1日)- 1897年明治30年)2月8日)は、幕末福井藩士明治期の内務官僚高知県知事元老院議官錦鶏間祗候。通称・平学、字・士順。

経歴[編集]

越前国足羽郡福井竹ヶ鼻町(現:福井市)で、福井藩士・田辺周吉の長男として生まれる。

明治4年4月1871年5-6月)、由利公正の勧めに応え、福井藩兵を常備一番隊長として引率し上京、第一大区取締(警察)に就任。以後、東京府権典事・第四大区総長、羅卒総長、司法省警保寮大警視、権大警視、少警視などを歴任。

西南戦争勃発に伴い、1877年3月、警部巡査を引率し京都に向かい警備に従事。同年同月、巡査250名を引率し博多に向かい、同年4月、陸軍歩兵中佐兼少警視に任じられ、別働第三旅団参謀となり各地を転戦。さらに、同旅団参謀長を務めた。同年7月、警察の任務に復帰した。

1879年(明治12年)10月24日、西南戦争での戦功者叙勲調査に関し不備があったとして、謹慎20日、および特典の減給を受けた[1]

その後、権中警視、一等警視・巡査総長などを歴任。1881年6月、内務権大書記官・警保局長に就任。

1883年2月、高知県令に登用され、1886年7月、地方官官制改正に伴い同県知事となる。四国新道計画を推進した。1888年2月29日、元老院議官に転じ[2]1890年10月20日、元老院が廃止され非職となり[2]錦鶏間祗候を仰せ付けられた[3]

栄典[編集]

伝記[編集]

  • 田辺良顕伝刊行会編『田辺良顕伝』田辺良顕伝刊行会、1949年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 戦功者叙勲調査に関し中佐処分の件 Ref:C07080258100 参謀本部-大日記-M12-69-125(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  2. ^ a b 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』273頁。
  3. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  4. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  5. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。
  6. ^ 『官報』第4081号「叙任及辞令」1897年2月12日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 高橋雄豺「田辺良顕」『明治警察史研究』第4巻・前編、高橋雄豺、令文社、1972年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 我部政男・広瀬順晧編『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』柏書房、1995年。