鈴木良一 (警察官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 良一(すずき りょういち、1932年昭和7年)9月[1] - )は、日本警察官僚警察庁長官を務めた。

来歴[編集]

東京都出身。私立芝中学校・高等学校を経て、1956年東京大学法学部卒業後、官僚となる[1]警察庁の同期入庁に三島健二郎(警備局長)、宮脇磊介(皇宮警察本部長)、大高時男(内閣調査室長)、飯泉政雄(関東管区警察局長)などがいる[2]

刑事局保安部長などを経て、平成2年(1990年)12月7日、警察庁長官に就任[3](当時の国家公安委員長奥田敬和)。湾岸危機対策室を設置したほか、雲仙普賢岳の噴火に際して陣頭指揮にあたった。また、ライフワークとしての暴力団排除に力を注ぎ、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」の公布、コカイン情報センターの設置などを強いリーダーシップで推し進めた。交通分野においては、オートマチック車限定免許の導入に踏み切ったほか、交通事故総合分析センターを設置した。退任後、警察共済組合理事長、全国防犯協会連合会理事長などの要職を歴任。勲二等に序せられた。

出典[編集]

  1. ^ a b 『日本警察官僚総合名鑑』163頁。
  2. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』628頁。
  3. ^ 警察庁ホームページ

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 小山善一郎・石丸陽編『日本警察官僚総合名鑑』新時代社、2005年。