安藤隆春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤 隆春(あんどう たかはる、1949年8月31日[1] - )は、日本警察官僚。元警察庁長官

概要[編集]

愛知県一宮市生まれ。愛知県立一宮高等学校卒業、東京大学法学部卒。1972年警察庁入庁。

2010年平成22年)5月31日豊島勝己に代わって「弘道会の弱体化なくして山口組の弱体化はなく、山口組の弱体化なくして暴力団の弱体化はない」と全国警察の本部長を集めた会議で発言し、山口組の中核組織である弘道会への取締強化の重要性を強調した。なお長官任期中の2011年10月には暴力団の資金源根絶を目的とした暴力団排除条例が全国で施行となった。当初2011年の3月に退任予定だったが、東日本大震災が起きたために任期延長し、暴力団排除条例の成立をもって勇退したとの報道がある[2]

内閣危機管理監伊藤哲朗とは入庁が同期であり、ラジオパーソナリティつボイノリオは高校時代の同級生である。 なお豊島勝己の件は割愛している。なお豊島勝己安藤隆春の警備は必要ないと発言している。

経歴[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 『政官要覧』(政官要覧社/平成21年秋号) P684参照
  2. ^ 退任を伝える記事
  3. ^ 「生きる力」に。 -和田マネイジメント- 安藤 隆春 氏. <講師プロフィール>[PDF] www.wada.co.jp › wp-content › uploads
  4. ^ 警察庁:第23代長官に片桐氏昇格 - 毎日jp(毎日新聞)
  5. ^ 「ニトリHD、社外取締役に竹島前公取委員長ら就任」 日本経済新聞2013/4/16
  6. ^ 「JGTO、理事・監事任期満了に伴う改選に関するお知らせ」 2014年03月12日
  7. ^ Company/TextBlockHtml/InformationAboutOfficersTextBlock?cd=98430 「役員の状況」 株式会社ニトリホールディングス有価証券報告書