森崎博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もりさき ひろゆき
森崎 博之
本名 森﨑 博之(もりさき ひろゆき)
生年月日 (1971-11-14) 1971年11月14日(48歳)
出生地 日本の旗北海道上川郡東川町
身長 178 cm
血液型 O型
職業 俳優脚本家演出家タレント声優
ジャンル 舞台・テレビドラマCMなど
配偶者 既婚
事務所 CREATIVE OFFICE CUE
主な作品
ドラマ
受験の神様
天魔さんがゆく
不便な便利屋
映画
ミックス。
プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜
バラエティ
いばらのもり
森崎博之のあぐり王国北海道
ハナタレナックス
備考
TEAM NACSリーダー
テンプレートを表示

森崎 博之(もりさき ひろゆき、1971年11月14日 - )は、日本俳優脚本家演出家声優、北海道を中心に活動するローカルタレントCREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)所属。演劇ユニットTEAM NACSのリーダー。北海道上川郡東川町出身。血液型はO型。既婚。

経歴[編集]

北海道旭川西高等学校理数科1990年に卒業(高校の後輩に音尾琢真がいる)。指定校推薦で北海学園大学法学部法律学科に入学。在学中に演劇研究会に所属し安田顕戸次重幸らと出会う。学生時代から演劇研究会活動の傍らOOPARTS劇団イナダ組など、他劇団への出演も精力的にこなす。卒業公演として演劇ユニットTEAM NACSを結成し、1度の公演で解散。大学卒業後は演劇から離れ、就職(証券会社)のため上京。しかし、札幌でかつての演劇仲間と会ったことからホームシックに陥り、祖父の死を機に北海道に戻りTEAM NACSを再結成。NACSの主宰として脚本・演出・役者をこなし、劇団の精神的支柱を担う。

1999年、フリーの活動を経て、NACSの大泉洋、安田顕が所属するCREATIVE OFFICE CUEに加入[1]。所属後は『いばらのもり』『ドラバラ鈴井の巣』(北海道テレビ)をはじめとした北海道ローカル番組に出演。2004年12月には、アミューズと業務提携を行い、その後は、道内の仕事はOFFICE CUE、道外の仕事はアミューズが手掛けるようになる[2]。NACSの東京進出後は、他のメンバーと同様に全国区のテレビドラマにも出演していたが、2008年4月から『森崎博之のあぐり王国北海道』(現・あぐり王国北海道NEXT、北海道放送)の放送が開始されたのを機に、主に北海道に残って活動を続ける事となった。また同番組への出演を機に、農業や食育に関する講演も行っており[3]、2020年にはホクレンアンバサダーに就任した[4]

私生活では2005年に結婚。二男一女の父親となっている[5]

出演作品[編集]

舞台[編集]

TEAM NACS劇団イナダ組関係はそれぞれの項目を参照。

演出[編集]

  • *pnish* 本公演vol.12 「ウエスタンモード」(2010年)

出演[編集]

テレビ[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

過去のレギュラー番組[編集]

ラジオ[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

過去のレギュラー番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

声の出演[編集]

アニメーション映画[編集]

テレビアニメ[編集]

  • チビナックス(2006年4月13日 - 9月28日、制作:CREATIVE OFFICE CUE・電通北海道、札幌テレビ) - リーダー 役
    • チビナックス 2.0(2007年4月14日 - 10月13日、制作・放送:上に同じ)
    • チビナックス シーズン3(2008年6月3日 - 11月18日、制作・放送:上に同じ)
  • 銀の匙 Silver Spoon(2013年7月 - 9月、フジテレビ) - 獣医 役

人形劇[編集]

CM[編集]

CD[編集]

ドラバラ鈴井の巣CUE DREAM JAM-BOREE関連に関しては各項目を参照。

  • 私たちの道 - One Hokkaido Project(TEAM NACSメンバー及び鈴井貴之と共に参加、WESS RECORDS、デジタル配信:2019年2月20日、CDシングル:2019年3月6日)[13]

書籍[編集]

  • 生きることは食べること 森崎博之の熱血あぐり魂(キュー・プロダクツ)


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ CREATIVE OFFICE CUE『CUEのキセキ クリエイティブオフィスキューの20年』メディアファクトリー、2012年、62-63頁。ISBN 978-4840148627
  2. ^ 平成流転-文化の30年- 演劇編(上)ナックス「北海道愛」胸に全国へ - 北海道新聞2018年10月22日朝刊13面
  3. ^ “TEAM NACS秘密兵器・森崎博之はなぜ全国区にならないのか?”. ORICON NEWS. (2016年6月25日). http://www.oricon.co.jp/special/48061/ 2017年6月27日閲覧。 
  4. ^ ホクレンアンバサダー 森崎さんが就任会見”. ホクレン農業協同組合連合会. 2020年5月11日閲覧。
  5. ^ 森崎博之 (2018年3月26日). “報告があります。”. CUE DIARY. CREATIVE OFFICE CUE. 2018年3月27日閲覧。
  6. ^ NACS年表│TEAM NACS Official Site”. www.teamnacs.com. 2020年9月15日閲覧。
  7. ^ 大泉洋タレントデビュー秘話
  8. ^ “下町ロケットに道産子パワー注入「TEAM NACS」安田に続きリーダー森崎出演”. スポーツニッポン. (2018年11月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/10/kiji/20181110s00041000424000c.html 2018年11月11日閲覧。 
  9. ^ “「チャンネルはそのまま!」にTEAM NACS出演、大泉洋「また髭に騙された」”. コミックナタリー. (2018年11月5日). https://natalie.mu/comic/news/306564 2018年11月11日閲覧。 
  10. ^ なつぞら:“4人目のNACS”森崎博之が登場! 大清水洋役に“もう一人”を背負ったつもりで…” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2019年8月7日閲覧。
  11. ^ “新垣結衣&瑛太が新作「ミックス。」で卓球ペアに!広末涼子、瀬戸康史、蒼井優も出演”. 映画ナタリー. (2017年2月10日). http://natalie.mu/eiga/news/220158 2017年6月27日閲覧。 
  12. ^ 「プリンシパル」川栄李奈、谷村美月、綾野ましろら追加キャスト9名発表”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年4月25日). 2017年4月25日閲覧。
  13. ^ 北海道の歌、参加歌手|One Hokkaido project”. one-hokkaido.jp. 2020年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]