野沢秀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野沢 秀行
出生名 野沢 秀行
別名 野沢 "毛ガニ" 秀行
生誕 (1954-10-19) 1954年10月19日(67歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 佐野日本大学高等学校卒業
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間

1977年 -


ソロ活動
レーベル タイシタレーベル[注 1]
事務所 アミューズ(1978年 - )
共同作業者
公式サイト

野沢 秀行(のざわ ひでゆき、1954年〈昭和29年〉10月19日 - )は、日本の男性ミュージシャン[1]サザンオールスターズのメンバーで、パーカッションを担当[2]東京都出身、栃木県育ち[注 2]。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルタイシタレーベル佐野日本大学高等学校卒業。愛称は、毛ガニ[3]ケガちゃん[1]野沢“毛ガニ”秀行[1]。身長は172センチメートル[4]

来歴[編集]

中学の時は剣道部に所属。蒐集癖があり秋葉原の電気街に毎週のように行き、アンプの部品を集めたという[5]

高校のときは空手[6]やハードロックバンドのボーカルをしていた[7]。バンドで生計を立てようとした時に気軽に買ったコンガにより運命が変わった[7]。コンガは簡単にできると思っていたが、実際に音は簡単に出るが、その後が難しく奥深さに魅了されたという[7]。1975年 ~ 1977年にかけて南佳孝バックバンド「マーブルヘッド・メッセンジャー」に在籍した[8]

1977年にライブハウス・新宿ロフトに出入りする内に当時アルバイトをしていた大森隆志と面識ができた。同年、ヤマハ主催のバンドコンテスト『EastWest '77』にサザンの出場が決まった際、大森からの熱烈な勧誘があったが、野沢はセミプロであることを理由にあまり良い返事をしなかったという。野沢が参加しないままサザンはコンテストに出場しベストボーカリスト賞を受賞した。その後サザンのデビューが決まる頃、急にサザンのレコーディングスタジオに顔を出すようになり、その急激な態度の変化に当初メンバーは、難色を示した[注 3]が、「パーカッションが入れば、リトル・フィートと同じ人数・バンド編成になる」という理由で最終的に容認し、デビュー直前のサザンに加入となった。その一方でメンバーから「毛ガニは音に対して非常にシビア」「“さすがプロのミュージシャンは違う”と思わずにはいられなかった」と評価されてもいた[9]

メジャーデビュー後[編集]

1978年6月25日にビクター音楽産業より、サザンは「勝手にシンドバッド」で正式にメジャーデビューを果たした[10]

1986年にサザンが活動休止に伴い、美乃家セントラル・ステイションに参加していた六川正彦、COSA NOSTRAのメンバーとして知られる桜井鉄太郎と共にJapanese Electric Foundation(J.E.F.)を結成。アルバム『Japanese Electric Foundation』を東芝EMIから発売したが[11]、制作期間中に椎間板ヘルニアを発症し入院した。以降自身の持病として悩まされることとなる[注 4]。痛みが引いたのち医師の反対を押して退院したが再発。迷った末に手術を受けることを決断した[16][17]

手術を受け痛みもなくなり、退院後はゴルフなどの運動も行っていた。1988年にサザンは活動を再開[17]。1989年からはレーシングチーム「Kegani-Racing」を結成しオーナー兼監督を務める。日下部保雄小幡栄らが選手としてレースに参加した[18][19][20][21]。以来休まず活動を行ったが、1996年春に椎間板ヘルニアが再発。7月にはデビュー以来初めてコンサートを欠席し、代役のミュージャンと共に演奏するサザンの姿を客席で観覧することになった。それまでは弱った様子を見せまいと見舞客やメンバー・ファンに対して「大丈夫」と虚勢を張っていたが、この再発以降は「不用意に『大丈夫』とは言わない。腰の状態は正直に伝えよう」と考えを改めた[17][22]

1996年末の年越しライブ『牛』で復帰し活動を再開[23]。サザンの活動と並行してボーカルの桑田佳祐のソロ作品のレコーディングやミュージック・ビデオにも参加[24][25]。2002年にはTBS系テレビドラマ『愛なんていらねえよ、夏』(2002年)に出演するなど精力的に活躍した[26]

サザンが25周年を迎えた2003年にも椎間板ヘルニアが再発[22]。同時期からは治療チームを組むようになり、フォームや脈拍数を解体しながら、最も理想的な演奏法を研究していくようになる[27]。また、これ以降アーティスト写真やMVなどの完全に参加した活動[28][29]と、ライブやアルバム『キラーストリート』の収録曲のレコーディングなど一部しか参加しなかった活動が交互に存在する[13][30]

2008年にサザンの無期限活動休止が発表され、野沢に関しては「腰を含めた体調が本調子でないことから今年のサザンの活動には参加せずに、自分のペースで自身の音楽活動に関わっていくことになった」と発表され[31]、音楽番組などへの出演は控えたが[32]、アーティスト写真やMVには参加した[33][34]。同年8月に行われた『真夏の大感謝祭 LIVE』には短時間ではあるが出演した[14]

無期限活動休止期間のことについては「病気と友達になる期間でした」と語っており、「『治そう』という気持ちを足枷にするのではなく、100%の完治が難しいなら共生しよう」という方針でヘルニアと向き合うようになった。2013年からはサザンが活動を再開。体調も「ベストな状態」になり、以降は音楽活動を欠席することは現時点でなくなっている。この時からヘルニアと向き合った経験を本にしたいという旨を冗談交じりで語っていたが、2016年12月7日にKADOKAWAから著書『腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 毛ガニの腰伝説』を上梓[注 5]。希望が現実のものとなった[27][36]

2019年12月にはサザンも含めて自身の楽曲全てがサブスクリプション型サービスでのストリーミング配信が解禁された[37]

人物[編集]

サザンのムードメーカーである[38]。また、サザンの最年長メンバー[注 6]であり、サザンの最年長記録は野沢の年齢を基準に記録される。愛称は、毛ガニ関口和之は「あまりにもその名前が強烈で、いい当てているために、毛ガニの本名をみんなが覚えたのは半年もあとのこと」と述べている[3]。毛ガニの由来は「毛深いから」「時間にうるさく、メンバーの遅刻などを怒るとき顔が赤くなったから」など諸説ある[1]。時には「野沢毛ガニ」または「ケガちゃん」とも呼ばれる。桑田のソロ作品に参加する際には「野沢"毛ガニ"秀行」名義でクレジットされた[24]。サザン名義の作品や公式サイトでは野沢秀行の名を用いる[39][2]

サザンオールスターズや桑田佳祐のMVではいくつか脇役として出演している。「BOHBO No.5」のMVでは、演奏者ではなく本楽曲のイメージキャラクター「BOHBOくん」として出演しており、最後の場面では花火となって空に打ち上げられている[40]。桑田のソロシングル「波乗りジョニー」のMVにも登場し、海の家の客とCGで合成されたまさしく『毛ガニ』の一人二役で出演した[25]。桑田が監督をつとめた映画『稲村ジェーン』のエンディングにも、ほんの一瞬ではあるが野沢の姿を確認することができる[41]

前述の加入の経緯もあり、デビューから40年経った現在でも「正規メンバーとしては認めていない準メンバー」「デビュー直前にいつの間にかメンバーに入っていた」と度々ジョークとしてネタにされるなど、弄られることが多い[8][42]。2018年のNHKホール公演『ちょっとエッチなラララのおじさん』では「40年間ずっと思っていたことがありました。このバンドにパーカッションっているかな?でもサザンを最後尾から支えていく覚悟の毛ガニです」と冗談交じりに述べている[43]。このような弄られ方および自虐ネタが存在する一方で、桑田は野沢について「この人がいなかったらサザンは三年前(1981年)に解散してたような気がする」「自分のできる範囲のことしか言わないし、背伸びするタイプじゃないけど、毛ガニがいてこそ人間関係が保てる」といった見解を示している[44]

ホラ吹きとして知られており、様々な機会を捉えてはメンバーからそのことをネタにされている。代表的なものとして「ディープ・パープル日本公演のときあまりの音圧で蚊が潰されて、そのレリーフが日本武道館にある」「アマゾン川には体長1メートルにもなる巨大なセミがおり、人を持ち上げて飛ぶ」[注 7]アルゼンチンに100メートルのナマズがいる」「琵琶湖に10メートルのミミズがいる」[46]などがある[45]。「ホラ吹き」「大袈裟」と言われているが、本人は嘘は一つもないという[47]

3時間半のライブが終わると、体重が2キロ程度減る[48]

カラオケ屋に行くと、タンバリンやマラカスが大量に用意されていて(誰でもできると思われていて)プライドが少し傷つくという。パーカッションは太鼓持ちだと思っているので全然大丈夫とも述べている[7]

CTMRIの音のマニアで、特にシーメンスのMRIが好き[49]

温泉に詳しく、独自の温泉マップを作れるほど。濃厚な泉質が好み[50]

音楽性[編集]

桑田は「毛ガニの音は毛ガニにしか出せない」「野沢の叩くコンガでありボンゴは、世界で誰にも真似ができない」「パーカッションの重要性を、私はほとんど彼から教わった」と述べており、パーカッショニストとしての野沢へ厚い信頼を寄せている[51]

若い頃は軽快にステップを踏みつつ演奏したかったため、靴底の薄いダンスシューズを履いていたが、今はクオリティーの高い演奏をすることに集中していて、踊ることは諦め、靴もクッション性の高いものに変わった[52]

パーカッションの演奏の他にも1982年1月のライブ『愛で金魚が救えるか? Paa Poo ツアー』では、「チャコの海岸物語」を歌う桑田の横で女装して踊り[53]、1995年のライブビデオ「ホタル・カリフォルニア」収録の特典映像(先述の「赤鼻のトナカイ」の替え歌を交えたコント)ではトナカイの着ぐるみを着て登場[45]、1996年の年越しライブ『牛』では、「平和の牛歌」でメンバーと離れて牛の着ぐるみを着て登場した[23]。また、1999年の『歌舞伎町LIVE』で「ALLSTARS' JUNGO」が演奏された際には「オレは嘘つきは大嫌いだ!!毛ガニは準メンバーだって悪い噂がある」と叫び[54]、2005年の『みんなが好きです!』ではモニターに天使の格好で現れたりと[13]、サザンのムードメーカーとしてダンスやお笑い担当の役割でもライブを盛り上げている[15]

キューバやラテン諸国の音楽が好き[55]

将来的には再びソロ活動も行いたいことを示唆する発言をしており、「バンド全体では、そんなに目立たないパーカッションが前面に出ると、見る方にも気づくことがあると思うんです。何百種類もある打楽器の音色を聴いて『気持ちいいね』と言ってもらえればうれしい」と述べている[56]

作品[編集]

アルバム
発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲
1986年4月5日 Japanese Electric Foundation CD TOCT-25343(東芝EMI
  1. HEAR
  2. OPEN MY EYES
  3. DON'T YOU CARE
  4. OPEN YOUR WINDOW
  5. GREEN TAMBOURINE
  6. LOVE AGENT
  7. I CAN TELL WHEN CHRISTMAS IS NEAR
  8. IF I LOVE YOU
  9. RED CHAIR FADE AWAY
  10. TURN TO STONES

出典:[57]

参加作品
アーティスト名 発売日 タイトル 形態 規格品番 順位
チーム・アミューズ!! 2011年5月25日 Let's try again CD ASCM-6092(アミューズソフトエンタテインメント 2位

出演[編集]

※すべて個人での出演によるもの。

テレビドラマ[編集]

放送年 番組名 放送局 役名
2002年 愛なんていらねえよ、夏 TBS 永岡明良
2008年 the波乗りレストラン 日本テレビ ホームレス

映画[編集]

公開年 タイトル 役名
1990年 稲村ジェーン 海浜組合員[注 8][58]
1996年 アトランタ・ブギ ヨシ

ラジオドラマ[編集]

放送年 番組名 放送局 役名
2021年 稲村ジェーン2021~それぞれの夏~[58] ニッポン放送TOKYO FM 警備員[59]

CM[編集]

出演年 企業名 プロモーション商品
1982年 雪印乳業 スライスチーズ

MV[編集]

出演年 作品名 アーティスト名
2001年 波乗りジョニー 桑田佳祐

書籍[編集]

  • 腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 毛ガニの腰伝説(2016年12月7日、KADOKAWA[60] ISBN 4047317489

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 野沢が発売したアルバム『Japanese Electric Foundation』は東芝EMIから発売のため、実質タイシタレーベルからの発売は無い。
  2. ^ 2015年のツアー「おいしい葡萄の旅」のエンディングで歌われた「おおブレネリ」の替え歌でもこのことが言及されており、その模様が『おいしい葡萄の旅ライブ –at DOME & 日本武道館-』に収録されている。
  3. ^ 大森がによると、野沢が大森に「このバンドでパーマネントでやりたいと真剣に考えてる」と告げ、後日この旨を聞いた桑田はそれに対して「ああそう?」と述べ、良いとも悪いとも言わなかったという[8]
  4. ^ 1996年に行われたサザンの全国ツアー『ザ・ガールズ万座ビーチ』、2003年のツアー『SUMMER LIVE 2003「流石(SASが)だ真夏ツアー!あっっ!生。だが、SAS! 〜カーニバル出るバニーか!?〜」』、2005年のツアー『Live Tour 2005 みんなが好きです!』、サザンのデビュー30周年である2008年に横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で行った『真夏の大感謝祭 LIVE』を腰痛(椎間板ヘルニア)で休業している[12]。ただし、2005年と2008年は短い時間ではあるものの出演を果たしている[13][14][15]
  5. ^ じょうし。出版の意味[35]
  6. ^ 他のメンバーより1から2学年上。
  7. ^ この件はライブビデオ「ホタル・カリフォルニア」収録の「赤鼻のトナカイ」の歌詞にもされている[45]
  8. ^ 監督である桑田のオファーを受け、撮影もしたが、尺を縮めざるを得なかったことで、本編から出演シーンがカットされた。なお、本出演シーンはエンドロールに一部収録。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 野沢秀行のプロフィール excite.ニュース 2021年3月9日配信, 2021年3月23日閲覧。
  2. ^ a b プロフィール 野沢秀行 SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE 2021年4月14日閲覧。
  3. ^ a b 関口和之『突然ですがキリギリス』122頁、集英社文庫、1991年
  4. ^ サザンオールスターズ会報誌『代官山通信 vol.155』p26
  5. ^ 『毛ガニの腰伝説 腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 』野沢秀行 KADOKAWA (2016/12/7) 位置:No76,1465
  6. ^ 『毛ガニの腰伝説 腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 』野沢秀行 KADOKAWA (2016/12/7) 位置:No77
  7. ^ a b c d サザンオールスターズ 会報『代官山通信』Vol142 p23。
  8. ^ a b c 大森隆志×平野悠 -『Back to Shimokitazawa』開催記念特別対談 3ページ Rooftop 2017年6月号
  9. ^ 関口和之『突然ですがキリギリス』(1991年、集英社文庫、p122)
  10. ^ 「下手っぴだけどおもしろいバンドだと思った」ビクターディレクター高垣健さんインタビュー 日刊サン 2017年9月11日配信 2021年4月14日閲覧。
  11. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p48, p212-213
  12. ^ サザンの毛ガニさんが教える「腰痛」との付き合い方 AERA.dot 2017年7月8日配信 2021年4月13日閲覧。
  13. ^ a b c FILM KILLER STREET (Director's Cut) & LIVE at TOKYO DOME』 Disc4より。
  14. ^ a b 「伝説にはしません!」サザン充実46曲3時間半ライブ 音楽ナタリー 2008年8月27日配信 2021年4月13日閲覧。
  15. ^ a b 桃鉄音楽も担当…桑田以外も魅力的なサザンメンバーの素顔 エキサイトニュース 2017年6月27日配信 2021年4月13日閲覧。
  16. ^ [ミュージシャン 野沢秀行さん]腰痛(1)火山爆発のような激痛 yomiDr. 2017年7月12日配信 2021年4月14日閲覧。
  17. ^ a b c [ミュージシャン 野沢秀行さん]腰痛(2)「大丈夫」と無理重ねた yomiDr. 2017年7月19日配信 2021年4月14日閲覧。
  18. ^ ドライバーの感性に訴える運動性能。その追求がクルマを面白くする。VOL.1_2 ENKEI 2021年5月4日閲覧
  19. ^ GT選手権Rd.2レポート7 '94全日本GT Motersport forum 2021年5月4日閲覧
  20. ^ Episode3. 芸能人とモータースポーツ (1) 帰宅部 2021年5月4日閲覧
  21. ^ スーパーGTの前身!全日本GT選手権(JGTC)を制覇した歴代チャンピオンマシン振り返り!(GT300編) Motors 2017年8月15日配信 2021年5月4日閲覧
  22. ^ a b [ミュージシャン 野沢秀行さん]腰痛(3)仕事に穴 責任と焦り yomiDr. 2017年7月19日配信 2021年4月14日閲覧。
  23. ^ a b 平和の琉歌 〜Stadium Tour 1996 "ザ・ガールズ万座ビーチ" in 沖縄〜』エクストラメニュー「SAS QUIZ」に収録。
  24. ^ a b 桑田佳祐 - 踊ろよベイビー1962 SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  25. ^ a b 「波乗りジョニー」(Full ver.) YouTube 2021年4月13日閲覧。
  26. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p14
  27. ^ a b SWITCH Vol.31 No.8 Southern All Stars [僕らのサザン、みんなのサザン] P39より。
  28. ^ サザンオールスターズ – 涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~(Full ver.) YouTube 2021年4月14日閲覧。
  29. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p75 , 101
  30. ^ アルバム『キラーストリート』初回版ブックレット 桑田佳祐セルフライナーノーツ P1《DISC- 1》1.からっぽのブルースの項より。2005年。
  31. ^ サザンオールスターズ デビュー30周年の活動後に活動休止を発表! ロッキング・オン 2008年5月19日配信, 2021年4月14日閲覧。
  32. ^ サザンオールスターズが、9月24日放送の〈CDTVスペシャル〉に出演することが急遽決定 タワーレコードオンライン 2008年9月12日配信 2021年4月14日閲覧。
  33. ^ サザン、来年以降無期限活動休止~30周年に史上最大規模の記念祭開催 オリコン 2008年5月19日配信, 2021年4月14日閲覧。
  34. ^ サザンオールスターズ – I AM YOUR SINGER(Full ver.) YouTube 2021年4月14日閲覧。
  35. ^ 上梓の意味 goo辞書 2021年5月4日閲覧。
  36. ^ サザンオールスターズの野沢“毛ガニ”秀行が30年の経験を元に放つ腰痛本!! 12月7日発売決定! PRTIMES 2016年11月17日配信 2021年4月14日閲覧。
  37. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧。
  38. ^ 『毛ガニの腰伝説 腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 』野沢秀行 KADOKAWA (2016/12/7) 位置:No.1599
  39. ^ 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.15より。
  40. ^ サザンオールスターズ – BOHBO No.5(Full ver.) YouTube 2021年4月13日閲覧。
  41. ^ 1991年のVHS『稲村ジェーン』より。
  42. ^ ACTIVITIES-1977 SOUTHERN ALL STARS OFFCIAL SITE 2020年7月13日閲覧。
  43. ^ デビュー40周年サザンオールスターズのプレミアライブにファン熱狂 「久しぶりで緊張する」 オリコンニュース 2018年7月2日配信。2021年4月25日閲覧。
  44. ^ 桑田佳祐「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」(1984年、新潮社、p44)
  45. ^ a b c 1995年のライブビデオ『ホタル・カリフォルニア』より。
  46. ^ 関口和之『突然ですがキリギリス』124頁、集英社文庫、1991年および、原由子『娘心にブルースを』ソニーマガジンズ、1998年および、1992年放送TBSテレビ特番「知ってるくせに?!」内の大森隆志、桑田佳祐の発言
  47. ^ 『毛ガニの腰伝説 腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 』野沢秀行 KADOKAWA (2016/12/7) 位置:No.1588
  48. ^ 『毛ガニの腰伝説 腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 』野沢秀行 KADOKAWA (2016/12/7) 位置:No.1129
  49. ^ 『毛ガニの腰伝説 腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 』野沢秀行 KADOKAWA (2016/12/7) 位置:No.1465,1472
  50. ^ 『毛ガニの腰伝説 腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 』野沢秀行 KADOKAWA (2016/12/7) 位置:No.1490
  51. ^ 葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.58より。
  52. ^ 『毛ガニの腰伝説 腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 』野沢秀行 KADOKAWA (2016/12/7) 位置:No.1106
  53. ^ 2004年のDVD『ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)』に収録。
  54. ^ 2000年のライブビデオ『シークレットライブ'99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町』収録。
  55. ^ サザンオールスターズ会報『代官山通信 Vol.150,151』p27
  56. ^ サザンの「毛ガニ」野沢秀行、ヘルニアくんと「30年お付き合い」 2017年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日配信 2021年10月24日閲覧。
  57. ^ 『サザンオールスターズ公式データブック 1978-2019』リットーミュージック出版 p212
  58. ^ a b 桑田佳祐監督作品、映画『稲村ジェーン』のラジオドラマに林遣都、恒松祐里ら豪華キャストが出演決定” (日本語). THE FIRST TIMES. 2021年8月23日閲覧。
  59. ^ サザンオールスターズ会報誌『代官山通信 vol.156』p17
  60. ^ “サザン野沢が腰痛トーク、ステージで「毛ガニ体操」も披露”. 音楽ナタリー. (2016年12月19日). http://natalie.mu/music/news/213783 2016年12月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウェブサイト
Twitter・Facebook