熱い胸さわぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熱い胸さわぎ
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1978年4月7日 - 6月16日
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクター音楽産業
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
プロデュース 高垣健
Burning Publishers
チャート最高順位
サザンオールスターズ 年表
熱い胸さわぎ
(1978年)
10ナンバーズ・からっと
1979年
『熱い胸さわぎ』収録のシングル
  1. 勝手にシンドバッド
    リリース: 1978年6月25日
テンプレートを表示

熱い胸さわぎ』(あついむなさわぎ)は、サザンオールスターズデビューアルバム1978年8月25日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント) / Invitation

後にCD化され、1984年6月21日1989年6月25日1998年4月22日2008年12月3日の計4回再発売されている。

解説[編集]

当時デビューシングル勝手にシンドバッド」がオリコンのシングルチャートを急上昇中に発売された1枚目のオリジナルアルバム

タイトルは「勝手にシンドバッド」の歌詞、「胸さわぎの腰つき」に由来。主に後のサザンオールスターズにあまり見られないレゲエ風の曲調や湘南地区などの地名が出てくるご当地色が強い作品である。

編曲・レコーディングでは、同バンドのメンバーに加え、新田一郎率いるホーンセクション、Horn Spectrumが数曲参加している。

サザンの初期の楽曲はバーニングが権利を持っており、本作もプロデューサーはバーニングプロダクションによるものである。

1998年の再発盤の初回限定盤はオリジナルLP復刻ジャケット(紙ジャケット)仕様で、雑誌「バァフアウト!」編集発行人の山崎二郎によるライナーノーツが封入されている。

桑田佳祐はこのアルバムについて2015年発売のオリジナルアルバム『葡萄』の初回生産限定盤特典「葡萄白書」のインタビューで、「あの人力と若さを総動員させた勢いは二度と再現できない奇跡のようなものです」、「最近になって、あのデビューアルバムにこそ、きっと多くの人が大好きだと言ってくれるサザンが集約されているんじゃないかと思えてきました」と述べている[1]。また、本作とソロアルバム『MUSICMAN』についてはほとんど後悔がない旨も述べている[2]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。なお、オリジナル・アナログ盤では6曲目からがB面となっていた。
  1. 勝手にシンドバッド
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:斉藤ノブ & サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum
    デビューシングル。
  2. 別れ話は最後に
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    ボサノバ調のバラードで、アマチュア時代の曲名は「ボサノバ69」だった。デビュー曲候補であり、当初スタッフはこの曲をデビュー曲としたかったが、桑田や高垣の意向でインパクトのある『勝手にシンドバッド』でのデビューとなった。
    桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』(第2期)のライヴ企画では、アンコール曲として演奏されることが多い(地上波では放送されず、DVD版のみ収録)。
  3. 当って砕けろ
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    1枚目のシングル「勝手にシンドバッド」のB面曲。
  4. 恋はお熱く
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    本作の中でメジャーデビュー決定後に作った唯一の楽曲である。曲は8分の6拍子のバラードである。「お熱いのが好き Baby」という歌詞はアメリカ映画『お熱いのがお好き』のタイトルからの引用。のちに事務所の後輩となるBEGINは、インディーズ時代ライブなどでこの曲をよくカバーしており、その事が縁で故郷である石垣島にて桑田ソロのライブが行われBEGINが共演した際、桑田とのデュエットで歌われている。
  5. 茅ヶ崎に背を向けて
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    桑田と原由子デュエット曲。2ndシングル「気分しだいで責めないで」のB面としてシングルカットされている。
  6. 瞳の中にレインボウ
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ
    再発のCD盤の帯部分などでは、この曲のタイトルが「瞳の中のレインボウ」、「瞳の中にレインボー」と誤記でクレジットされてしまっている。曲のタイトルはレオン・ラッセルの同名曲からの引用。曲の後半はスローブルースとなっており、同バンドが初めてブルースを採用した曲である。
  7. 女呼んでブギ
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    メジャーデビューのきっかけとなったヤマハEast West'77に出場した際演奏された曲。桑田が「女呼んでもんで抱いていい気持ち」のフレーズを初めて叫んだときにメンバーが笑い転げて練習が中断したり[3]、原がイントロのピアノを緊張によって過去最速のスピードで弾いてしまったりという逸話がある。このEast West'77でも音源はレコード化されており、現在唯一の同バンドのアマチュア音源と言えるが、入手は非常に困難である。また、未だに途中の歌詞があやふやであることから「永遠の未完曲」とも言われ、桑田自身も2003年フジテレビ系『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』内で「まだ出来てない」と語っている(共演の原から「ちょっといい加減すぎるよね」と突っ込まれている)。歌詞中にも歌詞カードの記載と歌唱が一部異なっており、これは現在公式サイトや最後に収録された作品である1995年の『HAPPY!』でも修正されていない。2004年のライブ、『サザンオールスターズ真夏の夜の生ライブ〜海の日SP〜』『年越しライブ2004-2005 「暮れのサナカ」』では、上記の歌詞を野沢がシャウトしている(酉年であったことから2度目はニワトリの鳴き声)。この曲もデビュー曲候補だった。
  8. レゲエに首ったけ
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    タイトル通りレゲエをテーマにした曲調。タイトルや曲調でレゲエ色を前面に打ち出した曲は、アルバム「NUDE MAN」の「来いなジャマイカ」を除いて、この後ほとんど発表されていない。
  9. いとしのフィート
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    タイトルは桑田が愛好したロックバンド、リトル・フィートから取ったもので、曲調も同バンドのオマージュである。ただし歌詞は全く関係なく、1人で過ごす大晦日からお正月の寂しさを歌っており、歌詞にある「テレビの1チャンネル」は「NHK紅白歌合戦」の事である。歌詞の内容から、年越しライブの年明け1曲目で度々歌われている。
  10. 今宵あなたに
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    歌詞に登場する“天ぷら屋”とは、メンバーの原由子の実家が家業としている、横浜関内天ぷら料理店「天吉」のこと。また歌詞中に登場するフレーズ「素肌負けないで」は、1976年資生堂のキャンペーンのキャッチフレーズから引用している[4]

参加ミュージシャン[編集]

メンバー[編集]

ゲスト[編集]

  • 勝手にシンドバッド
  • 別れ話は最後に
    • Horn Spectrum - ホルン
    • 中村哲 - テノールサクソフォーン、ソプラノサクソフォーン
    • 兼崎順一 - トランペット、フリューゲルホルン
    • 新田一郎 - トランペット、フリューゲルホルン、トロンボーン
  • 当って砕けろ
    • Horn Spectrum - ホルン
  • 瞳の中にレインボウ
    • ビクター少年合唱団 - コーラス
  • 女呼んでブギ
    • Horn Spectrum - ホルン
    • 中村哲 - テノールサクソフォーン、ソプラノサクソフォーン
    • 兼崎順一 - トランペット、フリューゲルホルン
    • 新田一郎 - トランペット、フリューゲルホルン、トロンボーン

再発売[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.18より。
  2. ^ SWITCH Vol.33 No.4 Southern All Stars [我が名はサザン] p19より。
  3. ^ 関口和之『突然ですがキリギリス』97頁、集英社文庫、1991年
  4. ^ [1]

外部リンク[編集]