シュラバ★ラ★バンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『世に万葉の花が咲くなり
B面 君だけに夢をもう一度
リリース
規格 8cmCD
カセットテープ
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 1992年春 (#1)
1991年10月 - 12月 (#2)
猫に小判STUDIO
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐
プロデュース 小林武史
サザンオールスターズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(2週連続、オリコン[2]
  • 1992年8月度月間2位(オリコン)
  • 1992年9月度月間8位(オリコン)
  • 1992年度年間13位(オリコン)
サザンオールスターズ シングル 年表
ネオ・ブラボー!!
1991年
シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA

涙のキッス
(1992年)
エロティカ・セブン EROTICA SEVEN

素敵なバーディー (NO NO BIRDY)
1993年
世に万葉の花が咲くなり 収録曲
せつない胸に風が吹いてた
(3)
シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
(4)
慕情
(5)
テンプレートを表示

シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA」は、サザンオールスターズの楽曲。自身の30作目のシングルとして、タイシタレーベルから8cmCD1992年7月18日に発売された。

1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発されている。2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[3][4]

背景・制作[編集]

自身初の同日発売シングルとして、「涙のキッス」とともに発売された。

前作「ネオ・ブラボー!!」よりベース関口和之が休養に入っており、メンバーとしての記名はあるもののレコーディング自体には参加していない。本作はベースのサポートメンバーを起用せず、ミュージックシーケンサーによる打ち込みでベースを収録している。

桑田佳祐曰くエロス3部作であり、この後に「エロティカ・セブン」「マンピーのG★SPOT」へと続いている[5]

アートワーク[編集]

8cmCD盤ジャケットは前作「ネオ・ブラボー!!」より引き継いで横向きの状態にしており、白地で何の文字も無いが浮き出し文字で「Southern All Stars」のみとなっている非常にシンプルなものである。また同時発売の「涙のキッス」が一面薔薇の赤であったことから対になっている。なお、12cmCD再発版ではジャケット上下にブランクが入っている。

チャート成績[編集]

オリコン週間ランキングでは「涙のキッス」が初登場1位、そして本作が初登場2位となり、自身初のオリコンチャート1,2フィニッシュとなった。なお、この時は2週連続で記録している[2]。売上枚数は累計96.9万枚(オリコン調べ)を記録した[6]

収録曲[編集]

  • 収録時間:9:56
  1. シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA (5:00)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 英語補作詞:Tommy Snyder 編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    メンバー出演のNTTドコモ CMソング[注 2]。また、TBS金曜ドラマずっとあなたが好きだった』挿入歌。
    ノリの良いラテン・ファンク・サウンドに日本語英語入り乱れた言葉遊びを取り入れ、特に造語を踏んだ表現が多い。また、英語のみのラップも曲中に採り入れている[7]
    ミュージック・ビデオには豊丸らをはじめとしたAV女優がアマゾネス集団に扮して出演している[8]
  2. 君だけに夢をもう一度 (4:55)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    トヨタ自動車カリーナ(T190系)」CMソング。
    1991年内には完成しており、同年末の年越しライブでは未発表の新曲として初めて演奏された[9]
    ミュージック・ビデオは製作されていないが、2003年DVDInside Outside U・M・I』にイメージビデオが収録された。

参加ミュージシャン[編集]

  • シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
  • 君だけに夢をもう一度
    • 小林武史:Keyboards
    • 角谷仁宣:Computer Operation
    • 包国充:Tenor Sax

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数40万枚以上の作品に適用。
  2. ^ 関口和之は上記で述べている通り休養のためCMにも出演してない。

出典[編集]

  1. ^ 日本レコード協会 認定作品 1992年7月度認定作品の閲覧。 2017年12月11日閲覧
  2. ^ a b サザンオールスターズ バイオグラフィー 1992年 SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE 2018年10月10日閲覧
  3. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  4. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  5. ^ エロすぎる歌詞が話題に サザンオールスターズの「エロス三部作」 excite 2016年2月18日配信・閲覧
  6. ^ サザンオールスターズ 売上別TOP10&主な記録 オリコン 2015年2月11日閲覧
  7. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p149
  8. ^ 週刊文春2020年1月16日号 P142
  9. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p250

関連項目[編集]

外部リンク[編集]