ステレオ太陽族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ステレオ太陽族
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1981年4月 - 6月
VICTOR STUDIO
KRS STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクター音楽産業
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
プロデュース 高垣健
サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間1位(6週連続、オリコン
  • 1981年度年間13位(オリコン)
サザンオールスターズ 年表
アーリー・サザンオールスターズ
1980年
ステレオ太陽族
(1981年)
SOUTHERN ALL STARS BEST ONE '82
(1981年)
『ステレオ太陽族』収録のシングル
  1. Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)
    リリース: 1981年6月21日
  2. 栞のテーマ
    リリース: 1981年9月21日
テンプレートを表示

ステレオ太陽族』(ステレオたいようぞく)は、サザンオールスターズの4枚目のオリジナルアルバムであり、本作の9曲目に収録されている楽曲名である。1981年7月21日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント) / Invitation

後にCD化され、1984年6月21日1989年6月25日1998年4月22日2008年12月3日の計4回再発売されている。

解説[編集]

タイトルは、石原慎太郎原作の映画『太陽の季節』に登場し、1960年前後のサーファーなどの若者を指した太陽族から来ている。

編曲やサポートメンバーとして八木正生が全面サポートしており、シングル曲以外は全体的にジャズ色の強い作品である。桑田佳祐も「ようやく満足できるスタジオ・アルバムが出来た」と語っている。

1989年に発売された再発盤では、パーカッション野沢秀行の名前が「野沢和之」と誤ってクレジットされてしまっている。

1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(紙ジャケット)仕様で、黒柳徹子によるライナーノーツが封入されている。

本作以降バーニングプロダクションがプロデュースから離れる。また、このアルバムはバーニングが権利を持った楽曲が収録された最後のアルバムである。

桑田は2015年になって、本作のジャケットを見た時に「お面にセーラー服はひどいな」と述べている[1]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。なお、オリジナル・アナログ盤では7曲目からがB面となっていた。
  1. Hello My Love(3:58)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
  2. MY FOREPLAY MUSIC(3:57)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    13枚目のシングル「栞のテーマ」のカップリング曲
  3. 素顔で踊らせて(4:23)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    桑田出演のユニ・チャーム「アンネナプキン」CMソング
    歌詞中に「2月26日にはささやかな二人の絆」という言葉が出てくるが、2月26日は桑田の誕生日である。また、「need got to need you rock」と英語っぽく聞こえる日付を採用したという。PVは製作されていないが、2003年DVDInside Outside U・M・I』にイメージビデオが収録された。
  4. 夜風のオン・ザ・ビーチ(4:17)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    サザンの楽曲では茅ヶ崎鎌倉横浜稲村ヶ崎など神奈川の地名が度々登場するが、辻堂が出て来るのはこの曲のみである。ライブで演奏される事は少ないが、2003年のツアー『流石だ真夏ツアー! あっっ!生。だが、SAS! 〜カーニバル出るバニーか!?〜』では、ツアー各地の地名に変えて歌われた。
  5. 恋の女のストーリー(3:56)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    映画モーニング・ムーンは粗雑に」挿入歌。
    本作で最もスローテンポな楽曲である。高木澪が劇中で歌い歌手としてのデビューシングルとなった。
  6. 我らパープー仲間(4:16)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:八木正生)
    タイトルの「パープー」に深い意味はない。タイトルは翌年本作を引っさげて行われたコンサート『愛で金魚が救えるか? サザンオールスターズ PAAPOO ツアー'82』のツアータイトルにもなっている。
  7. ラッパとおじさん (Dear M.Y's Boogie)(4:30)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    全英語詞曲。ただ、歌詞中のセリフは日本語になっているが、こちらは歌詞カードに記載されていない。タイトルのモチーフであり、歌詞に登場するMr.Yagiは本作を中心に編曲に携わるサポートメンバーの八木正生のことを指す。また、クインシー・ジョーンズの名前も登場している。
  8. Let's Take a Chance(4:18)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    映画「モーニング・ムーンは粗雑に」挿入歌。
  9. ステレオ太陽族(1:29)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    映画「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」挿入歌。
    タイトル曲であり、1分29秒と非常に短い楽曲である。
  10. ムクが泣く(2:42)
    (作詞・作曲:関口和之/編曲:サザンオールスターズ)
    タイトルはビートルズの「ぼくが泣く」をもじったもの。ベース関口和之は無口なことから「ムク」の愛称で呼ばれており、作詞・作曲・ボーカルも本人が担当。
  11. 朝方ムーンライト(3:39)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    12枚目のシングル「Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)」のカップリング曲。
  12. Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)(3:13)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    12枚目シングル。
  13. 栞(しおり)のテーマ(4:33)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    「MY FOREPLAY MUSIC」とともにシングルカット。

参加ミュージシャン[編集]

再発売[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.130」8ページより

外部リンク[編集]