高樹澪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかき みお
高樹 澪
本名 貞谷油佳里[1]
生年月日 1959年12月31日(56歳)
出生地 日本の旗日本福岡県飯塚市[1]
血液型 A
職業 女優歌手
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1981年 - 2003年2009年 -
主な作品
映画
『モーニングムーンは粗雑に』(1981年)
ドラマ
スチュワーデス物語
遊びじゃないのよ、この恋は
HOTEL』第1・2シリーズ
ウルトラマンティガ
備考
身長:160cm

高樹 澪(たかき みお、1959年12月31日 - )は、日本女優歌手。成プロ企画所属。

来歴・人物[ソースを編集]

  • 父親はサラリーマン福岡県飯塚市で生まれた後[1]、2歳のとき北海道札幌市に引っ越し[1]、1年で神奈川県横浜市に移り[1]、その後は横浜で育つ[1][2]。小学校は横浜市内で4度、中学も3度転校した[1]
  • 小学生時代は、劇団いろは所属の子役をしていた。
  • 高校卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)でOLをしていたが、「これは私のしたい仕事ではない」と感じ1年一ヶ月で同銀行を1981年退社し[1][3]芸能マネージャーを目指す。しかし、面接員に気に入られて同年映画『モーニングムーンは粗雑に』のオーディションを受け合格して女優の道に進む[1]
  • サザンオールスターズが音楽を担当した『モーニングムーンは粗雑に』(1981年)でデビュー。挿入歌「恋の女のストーリー」を歌唱した他、同映画の役名を芸名にする[3]。同年、映画『無力の王』でも主演を務める。
  • デビュー翌年、3rdシングル「ダンスはうまく踊れない」(売上80万枚)がアルバム『ナーダ』(売上40万枚以上)と共に大ヒット[4]
  • ロングヘアを気に入っていたが、『スチュワーデス物語』では役作りのため、髪をショートヘアにした。
  • 1989年に6歳年下のミュージシャンと結婚。1999年に離婚。
  • 1996年から1997年に放送された『ウルトラマンティガ』ではウルトラシリーズ初の女性隊長、イルマ・メグミ役を演じた。続編の『ウルトラマンダイナ』でも参謀(役柄上は同一人物)としてゲスト出演している。
  • 2003年に片側顔面痙攣を患い、治療のため芸能活動を休止する。事務所の社長にも電話で辞めると伝えただけで、音信不通になる[5]。当時出演した映画『チルソクの夏』では、その病気に冒されている様子が克明に映し出されており、回想シーンでぼかされてはいるが、片側の顔の痙攣がハッキリ確認できる。この病気については、復帰直後に出演したテレビ朝日系列『みんなの家庭の医学』で本人が番組に出演するとともに紹介された。
  • 発病後はアルバイトで清掃の仕事などをしながら実家にて静養していた。アルバイト先の会社では「あなたはここに居ていい人ではない」などと先輩から復帰を後押しするような声もあったようで[6]、治療法が頭蓋骨を開く危険な手術を伴うということもあり躊躇していたが、実家に送られてくる事務所やファンからの励ましの手紙や、休業中の間も、自分を在籍扱いにしてくれた事務所の対応などに心打たれ、手術を受けることを決意した。手術は無事に成功し、その後リハビリ期間を経て回復に向かった[7]
  • 2009年12月29日放送の『魔女たちの22時』(日本テレビ)にて、6年ぶりにテレビ出演した(復帰第一作は『とっぴもナイト』だが、オンエアは2010年1月9日)。その後完全復帰。
  • 2013年12月8日放送の『駆け込みドクター!運命を変える健康診断』(TBSテレビ)で、同年11月11日に同い年のIT企業役員と再婚していたことを告白した。
  • 2016年、日本橋三井ホールで上演される舞台『桂由美物語』の中で、実際に「シビルウェディング」(市民結婚式)を挙げるカップルの1組に選ばれた[8]

出演作品[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

情報・バラエティ番組[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

ビデオ・DVD[ソースを編集]

  • 小悪魔(イメージビデオ)
  • 女ですから見てください(イメージビデオ)
  • 伝説の香り(イメージビデオ)
  • アイドルムービー7 高樹澪(イメージビデオ)
ザ・ダイソーで販売されているビデオCD。内容は「伝説の香り」と同じ。
  • 伝説の美少女 高木澪(イメージビデオ)
※NC・JAPANからリリースされたDVD。内容は「伝説の香り」と同じだが、エンドロールがカットされている。パッケージとディスクには「高木澪」と誤表記されている(メニュー画面では「高樹澪」と表記)。
※1982年に出演した「ティアラ」を収録。
  • 修羅の荒野Ⅶ 外道との抗争(2010年)

舞台[ソースを編集]

  • ダンスはうまく踊れない(1988年) - 主演
  • 袖屏風(1989年) - 主演
※原作:泉鏡花、演出:辻村ジュサブロー
  • スサノオ(1994年) - 月読命
  • ヤマナカミュージカル 母をたずねて三千里(1998年) - お母さん
  • ベロニカは死ぬことにした(2012年) - 友情出演。ベロニカの母

レコード・CD[ソースを編集]

シングル[ソースを編集]

アルバム[ソースを編集]

  • ナーダ(1982年6月)
  • TO SING AGAIN(1983年8月)※ミニアルバム
  • 不失花-うせざるはな-(1983年)
  • new-tant(1983年11月)
  • ぴぃー・かぁー・ぶぅー(1986年)
  • 高樹澪スーパーベスト(1986年)
  • BEST HITS 14 -Impression-(1988年12月14日)

写真集[ソースを編集]

[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 山下勝利「早過ぎる自叙伝 20代のまぶしい女たち(15) 高樹澪」、『週刊朝日』、朝日新聞社1983年10月14日、 pp. 136-140。(高樹本人の取材に基づく記事)。
  2. ^ 高樹澪さん・私のとっておき! 美味しい宿/伊豆北川温泉「望水」
  3. ^ a b 週刊サンケイ1982年3月25日号、p.79
  4. ^ 女優の高樹澪が6年ぶり芸能界復帰、頭蓋骨を開く手術から立ち直る。Narinari.com、2009年12月30日 8時41分。
  5. ^ 2012年10月16日放送「開運!なんでも鑑定団
  6. ^ http://tvtopic.goo.ne.jp/program/info/687195/index.html
  7. ^ 2012年10月16日放送「開運!なんでも鑑定団」
  8. ^ 高樹澪 舞台本番で本当の結婚式”. デイリースポーツ (2016年3月10日). 2013年3月10日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]