魔女たちの22時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
魔女たちの22時
ジャンル バラエティ番組 / ドキュメンタリー
放送時間 火曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2009年4月21日 - 2011年3月22日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 清水星人
演出 清水星人
プロデューサー 瀬戸口正克環真吾 /
中村英明(CP)
出演者 山口達也TOKIO
久本雅美
高田純次 ほか
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
ナレーター:三村ロンド秀島史香
テンプレートを表示

魔女たちの22時』(まじょたちのにじゅうにじ)は、2009年4月21日から2011年3月22日まで毎週火曜日の22:00 - 22:54(JST)に日本テレビで放送されたバラエティ番組ドキュメンタリー番組である。ハイビジョン制作文字多重放送

概要[編集]

2009年3月10日まで火曜19時台に放送されていた『おネエ★MANS』の実質的な後継番組である。1973年4月から始まった『火曜劇場』以来、『火曜サスペンス劇場』、『DRAMA COMPLEX』、『火曜ドラマゴールド』、『火曜ドラマ』と続いた火曜22時台のドラマ枠が当番組をもって36年ぶりにバラエティ枠に変わった。キャッチコピーは“魔女、求ム。”。

世界中から年齢、恋愛、職業、お金、美容、メイク、料理、健康、アンチエイジング、ファッション、趣味、子育てなどあらゆるテーマにおいて驚きのギャップを持つ女性(通称“魔女”)または男性(通称“魔王”)をスタジオに迎え、出演陣と共に、いかにして「魔女」「魔王」が生まれたかを探っていく(性同一性障害によるカミングアウトも含む)。番組ホームページで「魔女」「魔王」を募集し、スタジオ出演者には最高10万円、推薦者には2万円がそれぞれ贈られた。

登場する魔女・魔王は番組開始当初は主に一般人が多かったが、後期では現役または活動再開直前のタレントの比率が高くなった。

また、視聴率は12%前後を推移しており、時間帯トップになることも多かった。最高視聴率は2009年8月4日2時間スペシャル放送分の17.5%。

字幕放送は実施しているが、『しゃべくり007』や『天才!志村どうぶつ園』同様回によってはリアルタイム字幕放送実施になることもある。通常の字幕では黄色の字幕が山口、水色の字幕は久本、緑色の字幕は高田である。

2010年4月6日の2時間スペシャルよりレターボックス放送に変更。

2010年6月8日に生放送で『24時間テレビ33』のチャリティーマラソンランナーがはるな愛に決定したことが発表された。

2011年3月15日放送分は、放送途中に静岡県東部地震が発生したため、急遽22:37で打ち切り、『NNN報道特別番組』を放送した。なお、この日の放送分は、後日関東ローカルで再放送したため、日本テレビ以外の同時ネット局では、22:37以降の内容は放送されなかった。

2011年3月22日の2時間スペシャルをもって番組終了。後番組は『スター☆ドラフト会議[1]

出演者[編集]

●は『おネエ★MANS』から引き続き出演

MC[編集]

スペシャリスト集団[編集]

  • アン・ミカ(オリエンタルビューティーのスペシャリスト)
  • IKKO(美容のスペシャリスト)●
  • 植松晃士(ファッションのスペシャリスト)●
  • 小椋ケンイチ(メイクアップのスペシャリスト)
  • 杉本彩(恋愛のスペシャリスト)
  • 中野あおい(美容施術のスペシャリスト)
  • 益若つばさ(100億円の経済効果を生むスペシャリスト)
  • はるな愛(自称スペシャリスト)●[2]

スペシャリスト以外の出演[編集]

過去の出演者[編集]

有名人魔女、魔王[編集]

女優、モデル、歌手などの有名人が魔女または魔王として出演した(50音順)。

スタッフ[編集]

  • 企画・演出:清水星人(以前は、総合演出)
  • 構成:山田美保子桝本壮志町山広美、勝栄、市川榮里
  • ナレーション:三村ロンド金子奈緒秀島史香
  • TM:古川誠一
  • SW:村上和正
  • CAM:小林豊
  • MIX:中山貴晴
  • AUD:鈴木謙介、依田正和、木本文子
  • VE:菅谷典彦
  • LD:山内圭
  • モニター:小内一豊
  • 技術協力:ヌーベルバーグ日放NiTRo池田屋
  • 美術プロデューサー:中原晃一、松浦清美
  • 美術デザイナー:道勧英樹
  • 装置:矢口幸一
  • 装飾:高橋吉彦
  • 電飾:柏木淳
  • 美術協力:日本テレビアート
  • リサーチ:フォーミュレーション
  • メイク:田島加奈子
  • 編集:若宮慎也(スタジオヴェルト
  • MA:大竹誠司(スタジオヴェルト)
  • 編集協力:麻布プラザ
  • TK:井崎綾子
  • CG:キャニットG
  • 広報:柳沢典子
  • 編成:中村圭吾
  • デスク:濱村吏加
  • 制作進行:大木紀子、安田友里、平山美由紀、三浦佳憲、花田好昭、猪瀬修代
  • メイク・スタイリスト:田村俊人、水島裕作、尾花けい子、東野邦子、嶋岡隆、木田智子、林達朗、松本晃幸、国府田圭、藤岡ちせ、田有伊、新園格紫、粟野多美子
  • 音楽:吉田比呂樹(M-TANK
  • ディレクター:舟澤謙二、杉岡士朗、鈴木豊人、三浦正気、中野裕子、田辺昌邦/奥田隆英、松田由紀子、小早川憲一、小田清仁、倉田敬之、宮辺智泰、仲澤勉、高宮聡子、内田誠司、岡本映子、深坂崇夫、中島孝志
  • プロデューサー:長谷川賢一、藤井則子、日向野明、進藤紘孝、熊田靖士
  • 制作協力:モスキートZION
  • 制作チーフ:徳永清孝(以前は、演出)
  • プロデューサー:瀬戸口正克(以前は、編成)、環真吾
  • チーフプロデューサー:中村英明
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

ネット局[編集]

『魔女たちの22時』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間
関東広域圏 日本テレビ
『魔女たちの22時』制作局
日本テレビ系列 火曜 22:00 - 22:54
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送
福島県 福島中央テレビ
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送
石川県 テレビ金沢
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ
鳥取県島根県 日本海テレビ
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送
徳島県 四国放送
香川県・岡山県 西日本放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎国際テレビ
熊本県 くまもと県民テレビ
鹿児島県 鹿児島読売テレビ
大分県 テレビ大分[4] 日本テレビ系列
フジテレビ系列
月曜 16:53 - 17:53
沖縄県 琉球放送 TBS系列 木曜 15:55 - 16:53

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 素人オーディション番組“平成のスタ誕”開始-スポニチ Sponichi Annex 芸能(2011年2月18日スポーツニッポン)
  2. ^ 毎回、「実業家(粉もの)」と書かれたたすきを掛けて出演。
  3. ^ 2010年12月放送分を持って第2子出産・育児に専念するため降板。
  4. ^ 2010年9月までは月曜 14:05 - 15:00の放送だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 火曜22:00 - 22:54枠
前番組 番組名 次番組
神の雫
【ここまで火曜ドラマ枠】
魔女たちの22時
【ここからバラエティー枠】