もしも願いが叶うなら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

もしも願いが叶うなら』(もしもねがいがかなうなら)は、TBS系列で1994年1月7日から3月25日まで、毎週金曜日の21:00~21:54に放送されたテレビドラマである。

中山美穂浜田雅功の息のあった掛け合いの良さが評判となり平均視聴率17.8%を記録した。

あらすじ[編集]

天涯孤独の毛利未来(中山美穂)は、大手商社の御曹司井上健(うじきつよし)との結婚を目前に、幸せの絶頂期にあった。そんな未来のもとに、幼い頃に生き別れた3人の兄(浜田雅功浜崎貴司岡田浩暉)が現われた。このドラマは、未来と3人の兄との悪戦苦闘を描いた、ハートフル・コメディである。

この家のセットの一部(ドア・階段・ソファー・絵画)はTBS系ワイドショー番組スーパーワイド」の2代目スタジオセット(ソファー・絵画は3代目スタジオセットも)に流用された。

キャスト[編集]

ファミリーレストラン勤務。幼少期に両親が離婚。母に引き取られるが、数年後に死別。天涯孤独となり、養護施設で育った。資産家の御曹司、健と婚約するが、母と家を出る時に見送っていた少年の面影を忘れられずにいる。兄と名乗る3人が、自分が持っているものと同じ写真を持っていることに驚く。
未来の長兄。物心がつく前に、施設から毛利家に養子として引き取られたが、弟妹が生まれた事で疎まれる様になったらしい。小さい頃の事故が元で片耳が不自由(この事故が両親の離婚を誘発)言語が関西訛なのは、一家離散の末、関西方面に在住していたから。やや、チャランポランな面が見られる。未来と再会する直前、結婚していた事があり、所在を知らずにいた娘が押し掛けて来た。
未来の二兄。元動物園勤務で、「ミキ」と名付けた毛並みがグレーの猫を飼っている。口数が少なく、地味な性格だが、幼い頃に未来に嫉妬し、海に突き落としたことを胸にしまい込んで悩んでいた。
未来の三兄。売れないミュージシャン。チャランポランで派手な印象だが、根は優しい。
未来の隣人。カラオケスナック経営。
  • 片桐夕子:宮本ひとみ 
朝子の妹。
未来の親友で、一緒に施設で育った。しかし、未来への嫉妬から絶交状態となったり、鷹志と交際した事もある。
未来の婚約者。大企業の御曹司。優柔不断な性格だが、兄達のことでなし崩し的な態度を取る未来に激怒した。
建の母。潔癖な性格で、未来にも厳しく接していたが、のちに「実は私も玉の輿に乗ったとして、叩かれたことがある」と未来に話し、母の様な態度で接する様になる。
  • 美紀:郷津絵里香
虎男と前妻の娘で小学生。弟妹が生まれた後、一緒に暮らしていた父の態度の変化から、実子ではないと気づき、反抗的な態度を取る様になる。母に追われる様に家を出て、戸籍上の父である虎男の元へ押し掛け、騒動を引き起こすが、未来達と同居する事になり、心境に変化が現れる。
虎男と離婚直後に妊娠判明。美紀を出産直後に別の男と再婚するが、次第に美紀を疎む様になり、「家出して来たと言え」「再び帰って来るな」として虎男の元へ追いやった。話を付けに来た未来に「あの子が邪魔だから引き取って欲しい」と金銭を渡そうとするが、「あの子は私の子」と突っぱねられる。

主題歌[編集]

挿入歌[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 美女と3野獣
  2. のぞかれたヒミツ
  3. 不吉なおもてなし
  4. 悪夢の親族紹介
  5. 偽りのシンデレラ
  6. 兄弟仁義
  7. 王子様の正体
  8. 恋のラージヒル
  9. 守ってあげたい
  10. 告白
  11. 慟哭
  12. バージンロード

スペシャルドラマ[編集]

  • 1995年3月31日に2時間版で放映されている(ストーリーは最終話の後日談)。
TBS 金曜21時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
RUN
(1993.10.15 - 1993.12.24)
もしも願いが叶うなら
(1994.1.7 - 1994.3.25)
アリよさらば
(1994.4.15 - 1994.7.1)