秋田放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社秋田放送
Akita Broadcasting System,Inc.
Abs logo.svg
秋田放送社屋(2007年4月)
秋田放送社屋
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
010-8611
秋田県秋田市山王7丁目9-42
設立 1953年10月20日
業種 情報・通信業
事業内容 放送法によるテレビジョン放送,ラジオ放送
代表者 代表取締役社長 立田聡
資本金 2億3000万円
従業員数 131人
主要株主 秋田魁新報社(10.00%)
外部リンク http://www.akita-abs.co.jp
テンプレートを表示
秋田放送
基本情報
英名 Akita Broadcasting System, Inc.
略称 ABS
本社 〒010-8611
秋田県秋田市山王7丁目9-42
演奏所 本社と同じ
公式サイト http://www.akita-abs.co.jp
ラジオ
放送対象地域 秋田県
系列 JRNNRN
愛称 ABSラジオ
呼出符号 JOTR
開局日 1953年11月1日
親局 / 出力 秋田(茨島) 936kHz /  5kW
主な中継局
テレビ
放送対象地域 秋田県
ニュース系列 NNN
番組供給系列 NNS
呼出符号 JOTR-DTV
開局日 1960年4月1日
リモコンキーID 4
デジタル親局 秋田(大森山) 35ch
アナログ親局 秋田(大森山) 11ch
ガイドチャンネル 11ch
主な中継局
  • 大曲(2006年10月)
  • 大館(2006年10月)
主なアナログ中継局 #アナログ放送を参照。
テンプレートを表示

株式会社秋田放送(あきたほうそう、Akita Broadcasting System, Inc.)は、秋田県放送対象地域とした中波放送(AM放送)事業とテレビジョン放送事業を行っている、特定地上基幹放送事業者である。 略称はABS

目次

概要[編集]

  • テレビ放送局としては、NNNNNS系列に属している。一方で、TBS制作のスポーツ番組等で差し替えの可能性があることや、一部TBS系番組をスポンサードネットでローカルセールス枠にて遅れネットしている番組もあることから、非マストバイ局状態は続いている。
  • マスコットキャラクターは「デジタルヨンチャン」で、頭に秋田放送のデジタルリモコンキーID「4」があることが特徴。
  • ウォーターマークは2009年1月12日より表示を行い、基本CM中・速報テロップ表示時を除き表示を行っている。ただし、アナログ放送終了告知の差し替えとしてクロージング前に放送していたACジャパンのCM時には表示されていた[1](AKT、AABと同日開始)。

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[2][3][4][5]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
2億3000万円 5億円 5000円 46,000株 1,069
株主 株式数 比率
秋田魁新報 4,600株 10.00%
立田聡 [6] 2,626株 05.71%
柳沼慎一 [7] 2,053株 04.46%
秋田市 1,545株 03.36%
斉藤英夫 [8] 1,370株 02.98%
北都銀行 1,065株 02.32%
菅原実 [8] 1,056株 02.30%
中冨一榮 [9] 1,000株 02.17%
笹尾進 [8] 0,900株 01.96%
辻良之 [10] 0,741株 01.61%

2003年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
2億3000万円 5億円 5000円 46,000株 1,244
株主 株式数 比率
秋田魁新報 4,600株 10.00%
秋田市 1,438株 03.12%
中塚テイ 1,171株 02.54%
小山幹朗 [6] 1,076株 02.33%
北都銀行 1,065株 02.31%
中冨たつ子 1,000株 02.17%
中村光仁 [11] 0,900株 01.95%
佐々木晋吾 [8] 0,900株 01.95%
辻兵吉 [12][10] 0,741株 01.61%
東北電力 0,667株 01.45%

1992年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
2億3000万円 5億円 5000円 46,000株 1,364
株主 株式数 比率
秋田魁新報 3,811株 8.28%
秋田県 3,091株 6.71%
秋田市 1,438株 3.12%
三浦アキ 1,248株 2.71%
中塚テイ 1,171株 2.54%
工藤浩 [6] 0,815株 1.77%
辻兵吉 [12][10] 0,741株 1.61%
東北電力 0,667株 1.45%
土肥光子 0,667株 1.45%
武塙林太郎 0,657株 1.42%
秋田県市町村職員共済組合 0,649株 1.41%
秋田銀行 0,643株 1.39%
倉田儀一 0,618株 1.34%
柴田与太郎 [12] 0,587株 1.27%
羽後銀行 0,571株 1.24%
川崎勝子 0,524株 1.13%
沢ホテヱ 0,500株 1.08%
秋田あけぼの銀行 0,494株 1.07%

1978年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数
2億3000万円 5億円 5000円 46,000株
株主 株式数 比率
秋田活版印刷 3,890株 8.45%
秋田県 3,091株 6.71%
秋田市 1,438株 3.12%
三浦アキ 1,248株 2.71%
中塚テイ 1,171株 2.54%
辻兵吉 [8][10] 0,741株 1.61%
片野重脩 0,741株 1.61%
東北電力 0,667株 1.45%
武塙林太郎 0,657株 1.42%
秋田県市町村職員共済組合 0,649株 1.41%
秋田銀行 0,643株 1.39%
倉田儀一 [13] 0,618株 1.34%
土肥味右衛門 [8] 0,618株 1.34%
沢木元吉 [8] 0,618株 1.34%
羽後銀行 0,571株 1.24%
柴田与太郎 [8] 0,587株 1.27%
秋田相互銀行 0,494株 1.07%

沿革[編集]

  • 1953年
    • 2月14日 - ラジオ東北第1回設立発起人会開催。
    • 3月28日 - ラジオ東北、秋田市に中波ラジオ放送局の開設を申請。
    • 8月1日 - ラジオ東北にラジオ放送局の予備免許交付(呼出符号:JOTR、周波数720kc、出力1kW(夜間500W)・ラジオ東奥(現:青森放送)と同日)。
    • 10月20日 - ラジオ東北株式会社設立、登記完了。
    • 10月22日 - 最初の試験電波発射。[14]
    • 10月26日 - ラジオ放送局の本免許交付。
    • 10月29日 - 試験放送開始。[14]
    • 11月1日 - 6時00分、RTBラジオ東北、全国29番目にラジオ本放送開始。[14]
  • 1956年
    • 2月17日 - 秋田市にテレビ放送局の開設を申請。
    • 2月27日 - 秋田局(R)、昼夜間1kWに増力。
    • 10月1日 - 秋田局(R)、周波数940kcに変更。
    • 11月5日 - 浅舞ラジオ中継局の開設を申請。
  • 1957年
    • - 火曜会(地方民間放送共同制作協議会)に東京支社を通じて参加。
    • 1月21日 - 浅舞局(R)に予備免許交付(呼出符号:JOTO)。
    • 6月20日 - 浅舞局(R)に本免許交付。
    • 6月22日 - 浅舞局(R)、本放送開始。
    • 8月4日 - 大館ラジオ中継局の開設を申請。
    • 12月20日 - 大館局(R)に予備免許交付(呼出符号:JOTE)。
    • 12月22日 - テレビ放送局の予備免許交付の内示。
  • 1958年
    • 3月14日 - テレビ放送局の予備免許交付(呼出符号:JOTR-TV、11ch)。
    • 6月15日 - 大館局(R)に本免許交付、本放送開始。
    • 8月15日 - 秋田市にFM放送局の開設を申請。
  • 1960年
    • 3月22日 - テレビ放送局の本免許交付。
    • 4月1日 - 9時20分からテストパターンを流し、9時50分からテレビ本放送開始[15]。最初の番組は、RTB社長と小畑秋田県知事のあいさつ日本テレビを主体としたフリーネットでスタートしたが、当時日本テレビはニュースネットワークを結成していなかったため番組販売でJNNに参加することにした。
  • 1961年5月29日 - 株式会社秋田放送(略称ABS)に社名変更。
  • 1965年7月7日 テレビ、カラー放送開始。
  • 1966年4月1日 - NNN発足と同時に加盟。
  • 1969年10月1日 - 秋田テレビ開局によりフジテレビの番組が姿を消す。同時にNETテレビの番組の大半が姿を消す。また、この日から、テレビの全日放送開始。
    ※秋田テレビは、1987年3月31日ANNを離脱するまではFNN・ANNクロスネットだったが、離脱した際に一部番組が秋田テレビから秋田放送へ移動した。
  • 1980年 - テレビマスター更新[16]
  • 1992年10月1日 - 秋田朝日放送開局によりテレビ朝日の番組が姿を消す(民教協番組を除く)。ズームイン!!朝!のネット開始に伴い番販によるJNN参加を取りやめ、ニュースネットをNNNに統一(ただし、TBS番組のネットは継続)。
  • 1999年3月1日 - テレビマスター更新(NEC製)、番組バンク導入[16]。1980年から稼働していたマスターの場所は、後にニューススタジオに転用される。
  • 2005年
  • 2006年
    • 3月31日 - 地上デジタルテレビジョン放送の本免許が交付。
    • 4月1日 - テレビ終夜(24時間)放送開始(日テレNEWS24によるフィラー放送)、地上デジタルテレビジョン試験放送開始。
    • 6月1日 - 地上デジタルテレビジョン本放送開始。
    • 10月1日 - 大館・大曲(大仙)に地上デジタルテレビジョン中継局設置。
  • 2007年
    • 9月1日 - 能代・鷹巣(北秋田)に地上デジタルテレビジョン中継局設置。
    • 10月 - 花輪(鹿角)・湯沢に地上デジタル中継局設置。
    • 11月 - 本荘(由利本荘)に地上デジタル中継局設置。
  • 2009年
  • 2010年6月30日 - テレビ終夜放送中止。
  • 2011年7月24日 - 地上アナログ放送終了に伴い、アナログ放送の送信所と全中継局が廃局。
  • 2012年7月23日 - テレビ終夜放送再開。
  • 2014年12月5日 - 災害対策用FM補完中継局(ABS秋田FM、周波数90.1MHz、出力1kW)に、予備免許を交付[17]
  • 2015年
    • 2月 - FM補完中継局の試験放送開始。
    • 3月2日 - FM補完中継局(愛称「ABSFM90.1」)の本放送開始。
  • 2016年
    • 3月 - JR東日本秋田支社と借地契約について合意し、秋田駅西口のJR用地内に秋田放送の本社屋を移転することで合意。新社屋は2018年着工、2019年竣工予定で、2020年春に新社屋からの放送開始を目指すとしている[18]

ラジオ[編集]

秋田放送茨島ラジオ送信所
  • 放送時間は24時間【月曜 1:00 - 4:00メンテナンスのため休止。5:00(月曜のみ4:00)を基点】。
  • インターネットラジオradiko」には、通常版(無料、秋田県内のみ)・「radikoプレミアム・エリアフリー」(有料会員制、全国で聴取可能)どちらにも2016年10月現在、参加していない。

ラジオ周波数[編集]

AM放送
親局 呼出名称 コールサイン 周波数 空中線電力 備考
秋田 JOTRあきたほうそう
(ABSあきたほうそう)
JOTR 936kHz 5kW
中継局 呼出名称 コールサイン 周波数 空中線電力 備考
浅舞 あきたほうそう
浅舞放送局
JOTO 1485kHz 100W
大館 あきたほうそう
大館放送局
JOTE 1557kHz
鹿角 801kHz
本荘 1557kHz
東成瀬 801kHz
FM放送
中継局 呼出名称 コールサイン 周波数 空中線電力 備考
秋田[19] あきたほうそうエフエム[20] 90.1MHz 1kW

ラジオカー(ラジPAL)[編集]

ラジPAL(ラジパル)とは、秋田放送ラジオで使用する移動中継車(ラジオカー)である。派手なペイントのステーションワゴンが特徴。

ラジPALの中継番組

基幹局の送信アンテナ[編集]

同局基幹局は、茨島送信所(秋田市茨島4-3-29)であり、開局以来1998年まで、高さ75m(頂冠直径5m)の支線式円管柱アンテナを使用していた。しかしアンテナの老朽化に加え、送信所北側にできたゴルフ練習場、高圧送電線鉄塔の影響により、特に秋田県北部の能代方面で聴取しにくくなった。そのため、それを打開するためアンテナを新設して高さを上げることにした。

しかし、アンテナ建設に適した場所が見つからなかったこと、予算上の関係などから、同じ敷地内での新アンテナ建設となった。そのため短い時期ではあったが旧・仮の2本のアンテナが並んでいた。

仮アンテナ
旧アンテナを取り壊し、新アンテナ完成までを引き継ぐため建設された、高さ65m(頂冠直径4m)の支線式円管柱アンテナである。旧アンテナより若干高さが低いため、中・弱電界地域で936kHzがやや聴取しにくくなった。
新アンテナ
高さ100m(頂冠直径7m)、4方向支線式円管柱アンテナであり、基部の高さは3mで地上高全体の高さは103mとなる。アースは、旧・仮アンテナが使っていたものは撤去せずそのまま埋めてある。

基幹局の放送機[編集]

地方基幹局で実績があるスタンダードなMBT-8040A(NEC)である。プリエンファシスは、オーバン社の9100Aを使用して変調面での最適化を図っている。非常用の発電機は、ヤンマー50kVAの発電機を備えていて災害時などのバックアップに備えている。

TBSとの関係[編集]

  • 秋田放送はラジオ東北として開局した当初、TBSラジオと仲が良いこともあってか、テレビはJNN系列になる予定だったが、NNN・NNS系列となった。ABSがキー局として日本テレビを選択した理由について、二つの有力な推測を紹介する。一つは、マイクロ回線の事情で、隣県の山形放送日本テレビ系列となっていたため、同じ回線を使う都合によるものであるとする推測である。さらにもう一つの推測は、当時テレビ放送を開始するにあたりラジオ東北(RTB)社内でスポーツ中継(当時人気の高かった後楽園球場からのプロ野球中継やプロレス中継)などで実積のあった日本テレビ(NTV)に加盟するかドラマを多く放送していた上、民放初のニュースネットワークJNNを結成していたとの理由からKRテレビ(現:TBSテレビ)に加盟するかで揉めに揉めた結果妥協案としてスポーツ中継などで実積のあった日本テレビ加盟でKRテレビからは番販での参加でまとまったというような推測などがある[21]。詳しい経緯は秋田朝日放送#秋田県の民放テレビ3局目がテレビ朝日系列となった経緯を参照されたい。
  • かつてはTBS系番組のネット受けを多く行っていた。昭和53年(1978年)には、一週間における全放送時間に占める、TBS系の番組の放送時間の割合は、14.8%であった[22]。しかし最近は、TBSの番組の放送は減少傾向にある。2016年11月の時点で、秋田放送におけるTBS系番組のレギュラー番組のネットは、週末の昼〜夕方に放送されている『世界ふしぎ発見!』・『新チューボーですよ!』・「日曜劇場[23](いずれもTBS製作)の3番組である。このような傾向は、県内の民放局の秋田テレビ、NNS非マストバイ局である福井放送四国放送と同様である。
    • 補足:かつてはネットセールス枠の差し替えを多く行っていたが、2012年4月以降はNNSマストバイ指定のレギュラー番組は、全てネットスポンサー付・同時ネットで放送されている(同年3月以前からしばらくの間においてもNNSマストバイ指定のレギュラー番組は全てネットスポンサー付で放送されている状態ではあった。同年3月までは『満天☆青空レストラン』のみスポンサード時差ネットとなっていた(同年4月以降は同番組が同時ネットに昇格))。2013年4月からはゴールデン・プライムタイムの全ての番組が日本テレビ系列に統一された。
  • 2008年9月26日までは東北地方の民放AMラジオ局で唯一、JRN系列の『BATTLE TALK RADIO アクセス』(月-金曜22:00-23:30)[24]を放送するなど、JRN系列の番組比率が比較的高かった。

放送中の番組[編集]

主な自社制作番組[編集]

平日[編集]
土曜[編集]
  • あなたとABSラジオ(月1回 7:25 - 7:30)
    • 秋田放送番組審議会での審議内容や結果、番組の改編や番組案内などを主に放送している。
  • 佐藤有希のあさラテ(7:30 - 10:35)
  • michikoとLaLaLa(11:25 - 11:50)
  • 土曜ワイド枠
    • CLAP RADIO(13:00 - 13:55、2014年4月5日開始)
      • 秋田市のエリアなかいち・にぎわい交流館AU(あう)1階のサテライトスタジオから公開生放送を行っている。
    • ラジオ快晴GO!GO!のマキ(14:00 - 16:20)
日曜[編集]
ABSウィークリーレコメンド[編集]

週替わりで推薦曲を紹介する。5分番組の形式とステーションブレイクの時間を利用して紹介する形式がある。

  • 月曜 - 木曜 16:35 - 16:40
  • 土曜 7:25 - 07:30
  • 日曜 7:10 - 07:15、20:55 - 21:00
上記の時間帯以外にも、特別編成で数分ほど時間が空いた際に穴埋めとして放送されることもある。

主なネット番組[編集]

TBSラジオ制作[編集]
文化放送制作[編集]
ニッポン放送制作[編集]
その他[編集]
宗教番組[編集]

過去に放送した番組[編集]

自社制作番組[編集]

主なネット番組[編集]

テレビ[編集]

テレビネットワークの移り変わり[編集]

送信所[編集]

日本テレビ系列のリモコンキーID地図
デジタルテレビ送信塔(大森山)
アナログテレビ送信塔(大森山)
  • 送信所
  • 中継局
    • 大館 17ch(10W・2006年10月1日開始)
    • 大曲 25ch(30W・2006年10月1日開始)
    • 能代 44ch(10W・2007年9月1日開始)
    • 鷹巣 26ch(10W・デジタル新局 2007年9月1日開始)
    • 湯沢 18ch(2W・デジタル新局 2007年10月1日開始)
    • 花輪 27ch(10W・2007年10月1日開始)
    • 本荘 45ch(1W・2007年11月1日開始)
    • 大森 29ch(500mW・横手市・2008年11月11日開始)
    • 森吉 36ch(300mW・北秋田市・2008年11月11日開始)
    • 森吉合川 49ch(1W・北秋田市・2008年11月11日開始)
    • 阿仁 27ch(300mW・北秋田市・2008年11月11日開始)
    • 東成瀬 41ch(300mW・東成瀬村・2008年11月11日開始)
    • 八森 49ch(300mW・八峰町・2008年11月11日開始)
    • 二ツ井 30ch(1W・能代市・2008年11月28日開始)
    • 矢島鳥海 38ch(1W・由利本荘市・2008年11月28日開始)
    • 五城目 39ch(500mW・五城目町・2008年12月19日開始)
    • 戸賀 28ch(50mW・男鹿市・2008年12月19日開始)
    • 十二所 32ch(1W・大館市・2008年12月19日開始)
    • 山内 24ch(1W・横手市・2008年12月19日開始)
    • 田沢湖 32ch(300mW・仙北市・2009年1月23日開始)
    • 角館 18ch(1W・仙北市・2009年1月23日開始)
    • 西木 32ch(300mW・仙北市・2009年1月23日開始)
    • 寒風山 30ch(3W・デジタル新局・2009年2月27日開始)
    • 湯沢東 25ch(50mW・デジタル新局・湯沢市・2009年2月27日開始)
    • 本荘西目 30ch(300mW・由利本荘市・2009年8月31日開始)
    • 象潟 45ch(3W・にかほ市・2009年9月18日開始)
    • 横堀秋ノ宮 38ch(300mW・湯沢市・2009年9月30日開始)
    • 院内 46ch(100mW・湯沢市・2009年9月30日開始)
    • 雄物川大沢 29ch(50mW・横手市・2009年9月30日開始)
    • 鳥海 35ch(1W・由利本荘市・2009年10月27日開始)
    • 大湯 38ch(1W・鹿角市・2009年10月27日開始)
    • 小坂濁川 19ch(50mW・小坂町・2009年10月27日開始)
    • 東由利 50ch(300mW・由利本荘市・2009年11月30日開始)
    • 東由利黒渕 46ch(100mW・由利本荘市・2009年11月30日開始)
    • 由利前郷 18ch(300mW・由利本荘市・2009年11月30日開始)
    • 合川根田 28ch(100mW・北秋田市・2009年12月17日開始)
    • 比内 22ch(50mW・大館市・2009年12月17日開始)
    • 小坂 38ch(300mW・小坂町・2009年12月25日開始)
    • 本荘石沢 30ch(300mW・由利本荘市・2009年12月25日開始)
    • 藤里柏毛 15ch(100mW・藤里町・2009年12月25日開始)
    • 合川三木田 17ch(50mW・北秋田市・2010年1月21日開始)
    • 湯瀬 39ch(10mW・鹿角市・2010年1月21日開始)
    • 院内西 38ch(50mW・デジタル新局 湯沢市・2010年10月29日開始)
    • 仁賀保院内 45ch(10mW・にかほ市・2010年10月29日開始)
    • 亀田 43ch(10mW・由利本荘市・2010年10月29日開始)
    • 伊岡 17ch(10mW・大仙市・2010年11月1日開始)
    • 井内 44ch(10mW・井川町・2010年11月1日開始)
    • 平鹿馬鞍 40ch(10mW・横手市・2010年11月20日開始)
    • 大館長走 25ch(10mW・大館市・2010年12月1日開始)
    • 阿仁荒瀬 46ch(10mW・北秋田市・2010年12月17日開始)
    • 男鹿安全寺 33ch(10mW・男鹿市・2010年12月17日開始)
    • 五里合(いりあい) 44ch(1.2W・男鹿市・2011年12月1日開始)※テレビ放送の完全デジタル化後の開局

アナログ放送[編集]

2011年7月24日の停波時点

親局(秋田市浜田字大森山、大森山公園内 開局 1960年4月1日)

  • 秋田 11ch JOTR-TV
  • 音声多重放送:JOTR-TAM
  • 呼出名称:秋田放送テレビジョン
  • 映像周波数:211.25MHz
  • 音声周波数:215.75MHz
  • 映像出力:5.0kW
  • 音声出力:1.25kW

中継局

放送中の番組[編集]

自社制作番組[編集]

  • ABSお天気情報(月曜 - 金曜 5:15 - 5:20、月曜・火曜・日曜 20:57 - 21:00、月曜 - 木曜 25:54 - 26:00、金曜 22:54 - 23:00・26:00 - 26:06、土曜 5:54 - 5:59・10:25 - 10:30・11:35 - 11:40・13:55 - 14:00・26:20 - 26:26、日曜 5:10 - 5:15・7:15 - 7:20・11:25 - 11:30・15:55 - 16:00・25:55 - 26:01、月曜 - 木曜 23:53頃、金曜 24:45頃(『NEWS ZERO』内包)ほか)
  • さきがけABSニュース(月曜 - 金曜 6:58 - 7:00(『ZIP!』内包)月曜 - 日曜 20:54 - 21:00[28]、土曜 17:19 - 17:25 ・ 日曜 17:25 - 17:30 ほか。92年3月までは、『さきがけニュース』のタイトルで放送)
  • ABSストレイトニュース NNN (月曜 - 金曜 11:39 - 11:45、土曜 11:30 - 11:35、日曜 11:35 - 11:40、番組EPGでは『NNNストレイトニュース』の内包扱いで放送)
  • chu→モク!(月曜 - 水曜 15:50 - 15:55、木曜 11:25 - 11:30)
  • 5時まえヘッドライン(月曜 - 木曜 16:50 - 16:53)
  • ABS news every.(月曜 - 水曜・金曜 18:15 - 19:00、木曜 18:15 - 18:55、番組EPGでは『news every.』の内包扱いで放送)
  • ABSヨンチャンなび(月曜 - 水曜 11:25 - 11:30、土曜 15:25 - 15:30・17:25 - 17:30、月曜・火曜・日曜 21:54 - 22:00、土曜 22:54 - 23:00 )
  • まこ社長のマイホームよろず話 TV版(第2・4月曜 21:54 - 22:00)
  • Jewelry Days(水曜 21:54 - 22:00)
  • あきたびじょんプラス(木曜 18:55 - 19:00)
  • エビス堂☆金(金曜 15:50 - 16:50)※番組案内データ放送[29]
  • こんにちは秋田市から(金曜 11:25 - 11:30、土曜 11:40 - 11:45、日曜 11:55 - 12:00)[30]
  • JA葬祭 虹のホールPresents life〜今の人生を支える大切な人の言葉〜(第1・3土曜 9:25 - 9:30)
  • アクネス不動産Presents G-Color(第2・4土曜 9:25 - 9:30)
  • ABSスペシャル (随時。土曜 14・15時台の放送が多い)
  • 五郎が斬る!(日曜 7:00 - 7:15)[31]
  • 知っトク 医療のつぼ(日曜 7:20 - 7:30 再放送・火曜 11:15 - 11:25)[32]
  • あなたとABSテレビ (月一回放送 日曜 7:15 - 7:20。放送開始当初は、15分番組だった。)
  • ZIP!SUNDAY(第3日曜除く 11:40 - 11:55)
    • 『ZIP!』の秋田ローカル版の位置付け。
  • わがまち大好き秋田市長です (第3日曜 11:40 - 11:55)※手話放送
  • 平成○○年度高等学校入学試験解答・解説(入学試験実施日(3月上旬)の夕方に放送。 秋田テレビ等でも放送するが、解説者は異なる)
  • 秋田県少年野球大会(決勝のみ放送、準決勝はABSラジオで放送)※5.1サラウンド
  • 台風情報 (秋田県に台風が接近する恐れがあるときに限り、放送終了後から放送開始前まで放送する。)

日本テレビ系列のブロックネット・遅れネット番組[編集]

他系列のテレビ番組[編集]

太字はスポンサー付ネット、細字は番組販売扱い

TBS[編集]

◎印は字幕放送

テレビ東京[編集]
独立局[編集]
民間放送教育協会[編集]
その他[編集]

他に自社製作・放送ではないものの、KBS京都が、年1回程度、近鉄バファローズ主管で秋田市八橋運動公園硬式野球場にて開催した公式戦を『近鉄エキサイトアワー』として放送する際、裏送り(技術協力)を行った。

再放送[編集]

  • ヨンちゃんドラマシアター(月曜 - 水曜 15:55 - 16:50)連続ドラマ再放送枠。他系列で放送されていた未放送のドラマや、韓流ドラマが放送される事もある。

※なお、上記の番組の内、土曜日夕方-日曜日夜にかけて放送される番組では『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』放送日に当たる場合、放送日・放送時間の変更される番組がある。 ※以前は『秘密のケンミンSHOW』( - 2012年4月、日曜 12:00 - 12:55)も再放送されていた。

過去に放送した番組[編集]

自社制作番組[編集]

以下HD

ネット番組[編集]

日本テレビ系列[編集]

遅れネットなどの番組

(これより先HD)

キー局の主な未ネット番組

TBS系列[編集]

※は現在も放送中の番組。

以下HD

テレビ東京系列[編集]

以下HD

テレビ朝日系列[編集]

☆はAABへ移行された番組。★はABSで打ち切られたものの、AABで再開した番組・全てSD。

なお、再放送はAABで実施されている番組がある。

フジテレビ系列[編集]

AKT開局までとリピート放送番組。全てSD。

ほか

その他[編集]

以下HD

民間放送教育協会制作[編集]
以下HD
UHFアニメ[編集]

秋田県は深夜アニメの放映が極めて稀な状況である一方で、UHFアニメに関しては秋田朝日放送でもネットされる作品があるなど、地方としては放映される機会が比較的多かった。

オープニング・クロージング[編集]

長年使われてきたパステルタッチの絵柄からオープニングは2004年10月1日、クロージングは2004年4月1日より更新。オープニングは北秋田市小又峡にある太平湖などを、クロージングはライトアップされた大森山送信所のデジタルタワーの風景などをバックに、画面右に各チャンネルがせり上がりでスクロールする。デジタル放送のみ、最後に「デジタル放送は4ch」の看板を持ったヨンチャンが登場する。アナウンスはオープニング、クロージング共に酒井茉耶

以前はフィルム型テロップを用いて、チャンネル周波数などを1分間流していた。一時期「音声多重放送」の表示があったものの、現在のパターンになる前の期間(1990年代後半辺り - )は、テロップと同じ色でふさいでいたり、「地域とともに」というキャッチフレーズのテロップをかぶせていたこともある。

過去、1980年代頃のCLは、エアロビやダンスをしている人の映像にのせて、中継局テロップを表示していた。最後に、ブルーバック右下で「ABS秋田放送 朝の放送開始は○:○○(開始時間)です。」と明日の放送開始時刻を表示していた。

なお、一時期深夜の放送終了後から翌日付早朝放送の開始時間までは日テレNEWS24がフィラー放送されたが、2010年6月に経費削減などのためフィラーは一旦取りやめ、深夜放送終了後はカラーバー(または日によって停波)としていた。その後、2012年7月24日よりフィラーを再開した。

2011年7月24日の地上アナログ放送停波時のクロージングでは、テレビ放送初期の頃(白黒放送時代)に使われていた映像が放送された。

アナウンサー[編集]

公式サイト

男性[編集]

女性[編集]

退社したアナウンサー[編集]

男性[編集]

女性[編集]

異動したアナウンサー[編集]

男性[編集]

  • 加藤隆弘(→テレビ営業部→県北支局)
  • 菅原実(→東京支社→報道制作局長→常務取締役)
  • 柳沼慎一(アナウンス部長→ラジオ編成部長→総務局長)

女性[編集]

スタジオ[編集]

テレビ[編集]

  • Aスタジオ:情報番組や県政番組など主に使われているスタジオ。
  • Nスタジオ:ABS news every.などニュースを主に使うスタジオ。

ラジオ[編集]

かつては、秋田市中通(広小路)の協働社(現在はベルドゥムール ランドマーク秋田となっている)にサテライトスタジオがあった。[1]

地域ニュースの動画配信[編集]

  • 秋田県内ニュースは昼と夕方の2回動画配信中。なお土日放送分は動画、文字配信ともに行われていない。

関連会社[編集]

不祥事[編集]

  • 2013年3月4日、報道部の記者が3月2日に脱線し、運行を再開した秋田新幹線を撮影するために近づいたことにより試運転中の新型電車を緊急停車させる事態が起きた。[56]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 流れていたCMは、2008年から2009年6月までは「三丁目の夕日」、2009年7月から2010年6月までは「いつもの挨拶だって、防災になる。」(東北地域のみ)、2010年7月から2011年6月までは「あいさつの魔法。」、2011年7月から9月は「あしながさんがくれた愛」(あしなが育英会の支援CM)。
  2. ^ 有報リーダー”. Lafla. 2015年10月19日閲覧。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、201頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、197頁。
  5. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑'78』 洋文社、1978年12月、132頁。
  6. ^ a b c 秋田放送 代表取締役社長
  7. ^ 秋田放送 専務取締役
  8. ^ a b c d e f g h 秋田放送 取締役
  9. ^ 久光製薬 代表取締役社長
  10. ^ a b c d 辻兵グループ 総帥
  11. ^ 秋田放送 常務取締役
  12. ^ a b c 秋田放送 非常勤取締役
  13. ^ 秋田放送 取締役会長
  14. ^ a b c 出典:1953年10月27日付け秋田魁新報朝刊2面『開局せまる ラジオ東北』記事より。
  15. ^ なお、秋田魁新報テレビ欄の番組紹介欄では、局名表示は、略称のRTBではなく、テレビ試験放送時から本放送開始極初期まで「JOTR」、その後しばらくの期間は「TR」と表記された。
  16. ^ a b 『あなたとABSテレビ』(1998年12月放送)より
  17. ^ 株式会社秋田放送の災害対策用FM補完中継局に予備免許 - 東北初のFM補完中継局に対する予備免許 - - 総務省東北総合通信局・報道資料(2014年12月5日)
  18. ^ “秋田駅西口への秋田放送本社社屋の移転ついて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道株式会社秋田支社、株式会社秋田放送, (2016年3月9日), http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20160309.pdf 2016年4月3日閲覧。 
  19. ^ ABSラジオのFM補完局 ABSFM 90.1 開設について
  20. ^ 試験電波照射中の放送(youtube)[出典無効]
  21. ^ 秋田放送の社名がラジオ東北だった時代にテレビ放送を開始する際、秋田県内には日本テレビ・TBS・フジテレビの回線が通っていたため、他県の回線に左右されることはなかったことで、いずれかの系列局になる可能性があった説回線の費用負担の割合で日本テレビ系列になった説もある。さらに詳しい経緯は秋田朝日放送#秋田県の民放テレビ3局目がテレビ朝日系列となった経緯を参照。
  22. ^ JNNデータバンク編『テレビCMの広告効果 ー効果的テレビCMの打ち方・活かし方ー』、誠文堂新光社、1981年、p.4より。TBS系列局がない県の、TBS系列以外の放送局での割合を比べると、南海放送、北日本放送についで多い。
  23. ^ 番組編成により放送時間変更の場合あり。2012年3月迄は16時からの放送で、その際は拡大版(初回・最終回)や当該時刻で『Dramatic Game 1844』放送の場合は放送時間を早める場合があった(この番組の後の『笑点』は同時ネットで放送するため、『日曜劇場』の放送時間が拡大版の時には繰り上がることがあるが、繰り下がることはなかった)。また、以前は『24時間テレビ』内で放送していた。また、2007年12月30日・31日には『華麗なる一族』の集中再放送がTBS系列以外の放送局では唯一放送された。
  24. ^ 2008年9月30日からTBCラジオでも月曜日を除きネットされた。その後、秋田放送では『アクセス』のネットを2009年12月で打ち切り、2010年1月から現在まで文化放送制作『レコメン!』をフルネットしている。
  25. ^ 開始時間は4月 - 9月(プロ野球ナイター開催時)は18:20 - 、10月 - 3月は19:00 - と半年ごとに変動。
  26. ^ 2013年4月 - 2014年3月は土曜 16:40 - 16:50に放送
  27. ^ 当時、キー局をKRT(現:TBSテレビ)にすべきか日本テレビ(NTV)にすべきかでテレビ放送開始直前まで社内闘争となり最終的に妥協案として日本テレビ(NTV)に加盟し番販でJNNに参加する事で決着がついた。 また当時は日本テレビ(NTV)にはカラー放送の技術があったのと後楽園球場(後の東京ドーム)の巨人戦プロ野球中継や力道山などのプロレス中継といったドル箱番組があったためである。
  28. ^ 20時からの2時間特番や3時間特番放送時は、1時間遅れで21:54 - 22:00の放送になる事もある(金曜除く)。
  29. ^ 開始当初は16:35 - 17:50。2011年10月7日より16:15 - 17:50に拡大されるものの、2012年7月6日には15:50 - 17:00に短縮。2013年4月5日より現在の時間に更に短縮。
  30. ^ 2007年3月までは平日 15:50 - 15:55にも放送していたが、『午後は○○おもいッきりテレビ』のフルネット移行により『三越テレショップ』(移動前は13:20 - 13:25)が同枠に移動となったため、現在の放送枠で放送している。市政番組はAKTで水曜に放送(夜に放送されるため、『こんばんは秋田市から』になっている)しており、AABは2007年4月-6月の間休止で7月より再開している。
  31. ^ 日曜 6:35を経て2013年4月7日より現在の時間で放送。
  32. ^ 2012年6月29日までの再放送は金曜 16:05 - 16:15だった。
  33. ^ 2006年4月-2010年6月までは飛び降り、休止を経て2011年4月より第2部、2012年7月24日より第1部も放送(放送休止をする場合あり)。ただしテレビショッピングおよび「ABSお天気情報」による中断あり。
  34. ^ 火曜 4:40を経て2012年7月3日より現在の時間で放送。
  35. ^ 火曜 24:34、金曜 25:50、火曜 24:34を経て2012年4月10日より現在の時間で放送。
  36. ^ レギュラー化前は『世界遺産』の穴埋め番組としても放送されていた。2007年4月より水曜深夜でレギュラー化され、2008年1 - 2月の休止期間を経て同年2月25日より月曜 15:55 - 16:25で再開。2009年4月12日 - 2010年1月10日は日曜 10:30 - 11:00、2010年1月13日 - 2011年3月23日は水曜 16:24 - 16:53、2011年4月1日 - 2012年3月30日は金曜 25:53 - 26:23、2012年4月5日 - 2013年3月28日は木曜 25:13 - 25:43、2013年4月18日 - 2016年3月24日は木曜 24:54 - 25:24で放送。2016年4月1日より現在の時間に。
  37. ^ 2007年4月から2008年9月28日の間は日曜 12:00に放送されていたが打ち切り。2012年4月7日より土曜 16:00で再開し、2013年4月20日より30分繰り上げ。
  38. ^ 開始当初の日曜 25:25 - 25:50を経て2016年4月9日より現在の時間で放送。
  39. ^ 日曜 7:30、日曜 6:30を経て2014年10月5日より現在の時間で放送。
  40. ^ 金曜17:00、火曜 15:55、木曜 16:24、日曜 6:05、日曜 6:00等を経て2014年10月5日より現在の時間で放送。
  41. ^ 開始当初は同時ネットだったが、2012年4月8日の日曜 11:00を経て2016年10月2日より現在の時間で放送。
  42. ^ TBS・MBS共同制作で住友グループのスポンサードネット提供だった時代は、系列外ながら共同制作機構にも参加していた。またその当時は自社制作で中継している秋田県大会も住友グループ協賛だったが、住友撤退後はABSで独自にスポンサーを集めて放送している。
  43. ^ 製作キー局のTBC(9:54から放送開始)とJNN東北4局(青森テレビIBC岩手放送テレビユー山形テレビユー福島、10:00から放送開始)と同時ネット。2012年以前は番組編成上同時ネットが不可能だったため、13:30 - 14:54に、『たかじんのそこまで言って委員会』を休止して遅れネットで放送していたが、2013年以降はローカルセールス枠である『誰だって波瀾爆笑』を休止して放送される。
  44. ^ しましまとらのしまじろう』時代の2007年3月30日で一旦打ち切られていたが、『はっけん たいけん だいすき! しまじろう』に改題・リニューアル後の2008年4月10日より再開。木曜 15:50 - 16:20を経て2016年4月4日より現在の時間で放送。
  45. ^ 以前は秋田テレビで放送されていた。また、放送時間も13:00 - 13:55→12:30 - 13:30→13:30 - 14:25を経て2008年10月より現在の放送時間に。
  46. ^ 開始当初は月曜 25:23 - 25:53。2012年9月24日をもって一旦打ち切られたが、2014年7月5日より現在の時間で再開。
  47. ^ 水曜 15:55 - 16:25、木曜 16:20 - 16:50を経て2016年4月10日より現在の時間で放送。
  48. ^ 以前は『COUNT DOWN TV』他の穴埋めで放送されていたが、2010年7月4日よりレギュラー放送開始。日曜 25:20、木曜 25:13を経て2013年4月18日より木曜 25:24-25:54で放送。2014年6月26日をもって一旦打ち切られるも、同年10月6日より現在の時間で再開。
  49. ^ 2013年1月12日より放送されるも、幾度もの休止を繰り返しており、2016年3月31日より現在の時間で放送。
  50. ^ 土曜 25:48、日曜 25:20、月曜25:33、月曜24:23、月曜 25:23、月曜25:33を経て2013年12月16日より現在の時間で放送。
  51. ^ 以前は山形放送、福井放送、富山の北日本放送、徳島の四国放送、愛媛の南海放送へマイクロ回線による送り出しを行っていたが山形、富山、愛媛にJNN系列局の開局や四国放送でのネット終了に伴い末期はABSからFBCへマイクロ回線による送り出しを行うのみとなる。秋田放送テレビタイムテーブルにも※FBCへ送り出しと掲載されていた。四国放送で放送されていた頃はABSからのマイクロ受けしたものを録画し14時からの録画放送だった。
  52. ^ 1969年10月1日より時差ネットで放送開始。
  53. ^ ABSでのネット最終日には、「長い間、土曜ワイド劇場をご覧いただきありがとうございました。秋田放送での放送は今日で終わらせて次回から秋田朝日放送で放送いたします」と異例のアナウンスがされた。またAAB開局前は青森放送(1991年9月まで)や山形放送へマイクロ回線による送り出しを行っていた。
  54. ^ ただし1992年8月24日放送分は24時間テレビ15の編成の都合上、8月29日の15:30-16:00に5日遅れで放送
  55. ^ 『アニメディア』1991年1月号、学研プラス、テレビ局ネットワーク p.91。
  56. ^ “秋田新幹線・試運転車両を緊急停止させたことについてのお詫び”. ABS秋田放送. (2013年3月5日). オリジナル2013年3月7日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0307-1502-57/www.akita-abs.co.jp/owabi130305/images/owabi.gif 2013年3月7日閲覧。 

外部リンク[編集]