白石まるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しらいし まるみ
白石 まるみ
本名 南川 光江
松田 光江(旧姓)
別名義 白石 マル美
白石 麻琉美
生年月日 (1962-11-27) 1962年11月27日(54歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 163 cm
血液型 O型
職業 女優歌手タレント
ジャンル ラジオテレビドラマテレビバラエティ映画舞台
活動期間 1978年 -
配偶者 一般人/夫
著名な家族 守永真彩(娘、本名・南川麻綾(みなみかわ まあや))
事務所 生島企画室
公式サイト 白石まるみ 公式ホームページ

白石 まるみ(しらいし まるみ、1962年11月27日 - )は、日本女優タレント。本名、南川 光江(みなみかわ みつえ)。旧姓、松田(まつだ)。

東京都出身[1]生島企画室所属。

夫は会社経営者(一般人)、娘はグラビアアイドル守永真彩[2]

来歴[編集]

都立第一商業高校卒業[3]

1978年TBSテレビドラマムー一族』で主演の郷ひろみの恋人役のオーディション(審査員は出演者だった伴淳三郎[4])に応募し、4万人の応募者の中から2位で選ばれた[1][5]。「居酒屋ひろみ」の女将の妹役でデビュー[1]。当初はアイドル女優として、テレビドラマだけでなく映画ラジオパーソナリティーなど多方面で活躍している。

1982年松任谷正隆プロデュースにより、ビクター音楽産業から「オリオン座のむこう」でアイドル歌手としてレコードデビュー[1]。同期デビューは堀ちえみ小泉今日子三田寛子早見優松本伊代中森明菜などの「花の82年組」で、白石も新人賞レースにも参加していた。ファーストアルバム「風のスクリーン」も松任谷正隆がプロデュースした。

1988年、自身初の写真集「麻琉美」を発表。

1992年4月には、母と子のテレビタイム土曜版のおねえさんに就任。ニャンちゅうの初代パートナーとなり、「まるみおねえさん」として人気を博す。1995年3月に卒業。在任期間は3年間で、ニャンちゅうの番組の歴代おねえさんとしては、4年間出演した柊留美に次ぐ第2位である。

2002年秋、芸名を「まるみ」から「マル美」(読みは同じ)に変更[6]。テレビショッピング番組のMCや『いきなり!黄金伝説』の節約生活、紀行番組のリポーターなどで活躍。

2007年夏、芸名を「白石麻琉美」に改名したが、本人の誕生日である11月27日より、デビュー当時のひらがなの「まるみ」に戻した[6]

趣味はバドミントンで、自らクラブチームに所属する腕前という。また、コスプレも嗜む。

2016年、娘の守永とコンビ「WM(ダブルエム)」を結成し、キングオブコント2016への挑戦したが[7]、予選1回戦で敗退[8]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

情報・バラエティ番組[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

写真集[編集]

音楽[編集]

  • シングル
    • オリオン座のむこう (1982.01.21発売) - 1994年に、笹峰愛カバー
    • YoKoSuKa 愛の色 (1982.07.05発売)
    • 恋人達の明日 (1983.01.21発売)
    • だまされごっこ (1996.09.21発売) - 北野誠と白石まるみ
  • アルバム
    • 風のスクリーン - 2003年に、VIVIDよりCD化された上で再発売された。
    • 白石まるみコレクション - 2004年発売のベストアルバム

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 公式プロフィール”. 生島企画室. 2014年6月7日閲覧。
  2. ^ “白石まるみ娘、守永真彩が初舞台初主演”. 日刊スポーツ. (2010年2月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100202-591903.html 2014年6月7日閲覧。 
  3. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1978年11月3日号 p.40
  4. ^ “白石まるみ&守永真彩が親子コンビで1回戦に初挑戦!!”. キングオブコント2016|TBSテレビ. http://www.tbs.co.jp/kingofconte/news/20160729.html 2016年11月20日閲覧。 
  5. ^ 白石 まるみ”. 日刊スゴい人! (2014年12月16日). 2016年11月20日閲覧。
  6. ^ a b 公式プロフィール”. 白石まるみ公式ホームページ. 2014年6月7日閲覧。
  7. ^ “白石まるみ 守永真彩と親子でKOC挑戦、セクシーネタでノリノリ”. スポニチアネックス. (2016年7月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/28/kiji/K20160728013047000.html 216-07-28閲覧。 
  8. ^ “白石まるみ&守永真彩親子が“KOC”予選1回戦で敗退”. ORICON STYLE. (2016年8月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2076092/full/ 2016年8月2日閲覧。 

外部リンク[編集]