火曜劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火曜劇場』(かようげきじょう)は、1973年4月から1981年9月にかけて日本テレビにて、毎週火曜日21時30分 - 22時25分(1973年9月まで) → 22時00分 - 22時54分(JST。1975年9月までは22時55分まで)に放送されていたテレビドラマの枠である。

1981年10月の改編で『火曜サスペンス劇場』へ統合されることに伴い、火曜日22時台の1時間番組枠はいったん消滅したが、2007年4月の改編で装いも新たに『火曜ドラマ』として復活し、25年半ぶりに1時間番組枠としての陽の目を見ることになった。しかし、2009年4月の改編をもってそれも廃枠されたため、火曜日のゴールデン・プライムタイム枠から日本テレビ系のドラマ枠は完全に消滅した。

放送作品一覧[編集]

1973年[編集]

タイトル 放送期間 主演 原作
加那子という女 4月3日 - 6月26日 新珠三千代 丹羽文雄
恋ちりめん 7月3日 - 9月25日 三田佳子
人妻だから 10月2日 - 1974年1月1日 山本陽子 梶山季之

1974年[編集]

タイトル 放送期間 主演 原作
雪舞い 1月8日 - 3月26日 佐久間良子 渡辺淳一
春のもつれ 4月2日 - 6月25日 八千草薫 原田康子
愛の山河 7月2日 - 9月24日 大原麗子 今日出海
献身 10月1日 - 1975年1月7日 山本陽子

1975年[編集]

タイトル 放送期間 主演 原作
薔薇夫人 1月14日 - 3月25日 新珠三千代
微笑 4月1日 - 5月20日 高峰秀子 近藤啓太郎
夏の影 5月27日 - 10月28日 池内淳子
心の旅路 11月4日 - 1976年1月27日 佐久間良子 ジェームズ・ヒルトン

1976年[編集]

タイトル 放送期間 主演 原作
愛の哀しみ 2月3日 - 3月30日 小林桂樹 有田一壽
炎のカルテ 4月6日 - 6月29日 竹脇無我 A・J・クローニン
かげろうの家 7月6日 - 9月21日 大原麗子 石松愛弘
喜びも悲しみも幾歳月 9月28日 - 1977年1月4日 北大路欣也 木下恵介

1977年[編集]

タイトル 放送期間 主演 原作
愛の嵐 1月11日 - 4月12日 香山美子 A・J・クローニン
さすらいの旅路 4月19日 - 7月26日 佐久間良子 アレクサンドル・ビゾン
幸福のとき 8月2日 - 10月4日 池内淳子
さらば愛 10月11日 - 1978年1月10日 竹脇無我 アーサー・ヘイリー

1978年[編集]

タイトル 放送期間 主演 原作
いのちの絶唱 1月17日 - 4月4日 大原麗子
愛の死線 4月11日 - 7月18日 北大路欣也
白足袋の女 7月25日 - 10月10日 池内淳子 森田雄蔵
愛のトロフィー 10月17日 - 1979年1月16日 国広富之

1979年[編集]

タイトル 放送期間 主演 原作
帰らざる旅路 1月23日 - 4月17日 佐久間良子
愛と死の絶唱 4月24日 - 7月17日 大原麗子 西村寿行
火宅の人 7月24日 - 10月9日 三國連太郎 檀一雄
甦える日日 10月16日 - 1980年1月8日 十朱幸代

1980年[編集]

タイトル 放送期間 主演 原作
女の肖像 1月15日 - 4月1日 香山美子 芝木好子
愛しい女(ひと)[1] 4月8日 - 7月1日 竹脇無我 三浦哲郎
名もなく貧しく美しく 7月8日 - 9月30日 島田陽子 松山善三
手ごろな女 10月7日 - 11月18日 泉ピン子
愛のA・B・C・D 11月25日 - 1981年1月6日 蝦名由紀子

1981年[編集]

タイトル 放送期間 主演
ダウンタウン物語 1月13日 - 4月21日 桃井かおり
あこがれベビー 4月28日 - 6月16日 西郷輝彦
見まわせば二人 6月23日 - 8月11日 十朱幸代緒形拳
三年待った女 8月18日 - 9月22日 山本陽子

ネット局[編集]

※は遅れネット

各放送局・放送時間による備考[編集]

  • 山口放送は火曜21:00からキー局より1時間早く放送している。(キー局より1週遅れか1時間先行)
  • 南海放送は1980年当時は火曜21:00は日テレと同時ネットだったが、22:00枠は別番組を放送していた。
  • テレビ宮崎はこの番組終了後、「幸せ!ボンビーガール」が2014年10月に土曜16時枠でスタートするまで33年間、火曜22時枠の番組の放送が途絶えた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 火曜サスペンス劇場』などの単発ドラマを除けば、同局における火曜22時台の連続ドラマで小説を原作とした作品としては、今のところこれが最後。
日本テレビ系列 火曜日21:30 - 22:25枠
前番組 番組名 次番組
ああ結婚
(21:30 - 22:00)
※ここまでYTV制作&タイガー
魔法瓶
一社提供
火曜日の女シリーズ
(22:00 - 22:55)
※土曜日に枠移行
火曜劇場
(1973年4月 - 9月)
水滸伝
(21:00 - 21:55)
NNNニューススポット
(21:55 - 22:00)
※30分繰り下げ
火曜劇場
(22:00 - 22:55)
※30分繰り下げ
日本テレビ系列 火曜日22時台
火曜劇場
(21:30 - 22:25)
NNNニューススポット
(21:55 - 22:00)
※30分繰り上げ
ご両人登場
(22:30 - 22:55)
火曜劇場
(1973年10月 - 1981年9月)
火曜サスペンス劇場
(21:03 - 22:54)
日本テレビ 火曜日22:54 - 22:55枠
ご両人登場
(22:30 - 22:55)
火曜劇場
(1973年10月 - 1975年9月)
【1分縮小して継続】
われら夫婦
(22:54 - 23:00)
※1分拡大して継続