夏の影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夏の影
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日22:00〜22:55
(10月7日以降は22:54まで)
(55→54分)
放送期間 1975年5月27日〜同年10月28日(23回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 石橋冠、細野英延
脚本 高橋玄洋
プロデューサー 早川恒夫
出演者 池内淳子池部良三益愛子水野哲三橋達也梶芽衣子小林千登勢村地弘美 ほか
テンプレートを表示

夏の影』(なつのかげ)は、1975年5月27日から同年10月28日まで日本テレビ系列の『火曜劇場』(毎週火曜22:00 - 22:55。10月7日以降は22:54まで)の枠で放送されたテレビドラマ。全23回。

概要[編集]

1975年夏。平穏な生活を送っていた人妻・綾乃に、死んだと思われた前の夫が生存しているというその影が忍び寄る。前夫はシンガポールに向かう貨物船に乗っていたが、その貨物船が海に姿を消し、前夫はシンガポールで投身自殺したと思われた。前夫の生存を感じさせる様々な事件が起こり投身自殺そのものへの疑惑が一層強まる。そして今の夫・克彦が突然失跡。子供と姑を抱え、知り合った男・工藤の愛情に支えられながらも、シンガポール、長崎北海道へ飛び、事件の謎と夫の投身自殺の疑惑に立ち向かう綾乃を中心に描いた、サスペンス調のメロドラマ[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

挿入歌[編集]

  • 『海の悲歌(エレジー)』 歌:古谷野とも子(作詞:万里村ゆき子、作曲・編曲:坂田晃一)
  • 『愛はゆれている』 歌:古谷野とも子(作詞:万里村ゆき子、作曲:坂田晃一、編曲:羽田健太郎

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出
1 1975年5月27日 予感 石橋冠
2 1975年6月3日 疑惑
3 1975年6月10日 シンガポール
4 1975年6月17日 蒸発
5 1975年6月24日 模索 細野英延
6 1975年7月1日 誤解
7 1975年7月8日 事故
8 1975年7月15日 長崎 石橋冠
9 1975年7月22日 密輸船
10 1975年7月29日 記憶喪失
11 1975年8月5日 出現 細野英延
12 1975年8月12日 迷路
13 1975年8月19日 黒い糸
14 1975年8月26日 犠牲者 石橋冠
15 1975年9月2日 岐路
16 1975年9月9日 密会
17 1975年9月16日 追跡 細野英延
18 1975年9月23日 謀略
19 1975年9月30日 脅迫
20 1975年10月7日 釧路 石橋冠
21 1975年10月14日 真相
22 1975年10月21日 挑戦
23 1975年10月28日 別離

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:読売新聞朝日新聞毎日新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版
日本テレビ 火曜劇場
前番組 番組名 次番組
微笑
(1975.4.1 - 5.20)
夏の影
(1975.5.27 - 10.28)
心の旅路
(1975.11.4 - 1976.1.27)
日本テレビ 火曜22:54〜22:55枠
微笑
※22:00〜22:55
(1975.4.1 - 5.20)
夏の影
(1975.5.27 - 9.30)
【1分縮小して継続】
われら夫婦
※22:54〜23:00
【1分拡大して継続】