横山通乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横山道代から転送)
Jump to navigation Jump to search
よこやま みちの
横山 通乃
本名 横山 道代(よこやま みちよ)
別名義 横山 道代(旧芸名)
生年月日 (1936-04-16) 1936年4月16日(82歳)
出生地 日本の旗 日本東京府
身長 160 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1954年 -
配偶者 中山昭二1961年 - ?)
主な作品
テレビドラマ
若い季節
男嫌い

横山 通乃(よこやま みちの、1936年4月16日 - )は、日本の女優。本名及び旧芸名、横山 道代(よこやま みちよ)[1]東京府出身[1]中山昭二は元夫。東京都立桜町高等学校卒業[1]

略歴・人物[編集]

東京放送劇団第5期生。

テレビ放送を開始したNHKの専属となり、1954年に『ヤン坊ニン坊トン坊』でデビュー[1]

里見京子黒柳徹子と「三人娘」と呼ばれて人気を得る。

21世紀を目前に、「まだまだ道の途中」の意を込めて本名の横山道代から横山通乃へと改名[2]

私生活では1961年に俳優の中山昭二と結婚するが、のちに離婚(一子あり)。女優と子育ての両立への奮闘を題材にしたエッセイ『「我が家の子育て」論』が1990年9月10日『読売新聞』に掲載されるとともに反響を呼び、以降講演活動も行っている。

趣味はピアノ太極拳[1]

出演[編集]

映画[編集]

  • 奴が殺人者だ(1958年)
  • 次郎長意外伝 灰神楽木曽の火祭(1958年)
  • 密告者は誰か(1958年)
  • 裸の大将(1958年)
  • みみずく説法(1958年)
  • 独立愚連隊(1959年)
  • 花嫁さんは世界一(1959年)
  • 愛の鐘(1959年)
  • 野獣死すべし(1959年)
  • 僕らの母さん(1959年)
  • 新・三等重役(1959年)
  • 頑張れゴキゲン娘(1959年)
  • こだまは呼んでいる(1959年)
  • 愛妻記(1959年)
  • ある日わたしは(1959年)
  • 暗黒街の顔役(1959年)
  • おしゃべり奥様(1959年)
  • 男性飼育法((1959年)
  • 若旦那大いに頑張る(1959年)
  • サザエさんの結婚(1959年)
  • 孫悟空(1959年)
  • 女子大学生 私は勝負する(1959年)
  • 独立愚連隊西へ(1960年)
  • サラリーマンご意見帖 男の一大事(1960年)
  • 大学の山賊たち(1960年)
  • 人も歩けば(1960年)
  • 姉さん女房(1960年)
  • 新・女大学(1960年)
  • 珍品堂主人(1960年)
  • サラリーガール読本 むだ口かげ口へらず口(1960年)
  • 山のかなたに(1960年)
  • サラリーマン御意見帖 出世無用(1960年)
  • 「赤坂の姉妹」より 夜の肌(1960年)
  • ああ女難(1960年)
  • 夜の流れ(1960年)
  • 女が階段を上る時(1960年)
  • 特急にっぽん(1961年)
  • ベビーギャングとお姐ちゃん(1961年)
  • サラリーマン弥次喜多道中(1961年)
  • 喜劇 駅前弁当(1961年)
  • ベビーギャングとお姐ちゃん(1961年)
  • 暗黒街の弾痕(1961年)
  • 金づくり無法時代(1961年)
  • 漫画横丁 アトミックのおぼん 女親分対決の巻(1961年)
  • 漫画横丁 アトミックのおぼん スリますわヨの巻(1961年)
  • 福の神 サザエさん一家(1961年)
  • サラリーマン権三と助十 恋愛交叉点(1962年)
  • 月給泥棒(1962年)
  • 早乙女家の娘たち(1962年)
  • 愛のうず潮(1962年)
  • 二十歳の恋(1962年)
  • あの人はいま(1963年)
  • わんぱく天使(1963年)
  • 喜劇 とんかつ一代(1963年)
  • イチかバチか(1963年)
  • 劇 駅前茶釜(1963年)
  • 江分利満氏の優雅な生活(1963年)
  • 喜劇 駅前音頭(1964年)
  • 拝啓総理大臣様(1964年)
  • ただいま診察中(1964年)
  • 続・若い季節(1964年)
  • 温泉女医(1964年)
  • 男嫌い(1964年)
  • 黒い賭博師(1965年)
  • おゝ猛妻(1965年)
  • 投げたダイスが明日を呼ぶ(1965年)
  • 結婚相談(1965年)
  • 酔いどれ波止場(1966年)
  • 黒い賭博師 悪魔の左手(1966年)
  • 落語野郎 大脱線(1966年)
  • 喜劇 駅前漫画(1966年)
  • クレージーの無責任清水港(1966年)
  • 駅前満貫(1967年)
  • 結婚します(1969年)
  • 奇々怪々俺は誰だ?!(1969年)
  • ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを(1969年)
  • 日本一のヤクザ男(1970年)
  • 陽のあたる坂道(1975年)
  • 東京からきた女の子(1978年)
  • 喜劇役者たち 九八とゲイブル(1978年)
  • 細雪(1983年)
  • お葬式(1984年)
  • おはん(1984年)
  • 鹿鳴館(1986年)
  • 竹取物語(1987年)
  • 自由な女神たち(1987年)
  • 映画女優(1987年)
  • シャコタン・ブギ(1987年)
  • マルサの女(1987年)
  • 猫のように(1988年)
  • 妖女伝説’88(1988年)
  • STAY GOLD ステイ・ゴールド(1988年)
  • つる -鶴-(1988年)
  • TOMORROW 明日(1988年)
  • あげまん(1990年)
  • 天河伝説殺人事件(1991年)
  • ご挨拶(1991年)
  • おこげ(1992年)
  • あひるのうたがきこえてくるよ。(1993年)
  • 中指姫 俺たちゃどうなる?(1993年)
  • 横浜ばっくれ隊(1994年)
  • 四十七人の刺客(1994年)
  • さよならニッポン!(1995年)
  • 八つ墓村(1996年)
  • いのちの海 Closed Ward(1999年)
  • 白い犬とワルツ (東映、2002年)
  • オモヒノタマ〜念珠(2003年)
  • 福耳(2003年)
  • たみおのしあわせ (松竹、2008年)

テレビドラマ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 極楽島物語(東宝、1970年)
  • プロミセス・プロミセス(東宝、1971年)
  • シュガー(東宝、1972年)
  • 夕食は外で(パルコ、1975年)
  • オズの魔法使い(東宝、1977年)
  • 第4回百恵ちゃんまつり「第1部・ミュージカル愛の鐘は鳴らない」(1978年・8月) 修道院長 役 / 新宿コマ劇場(2008年12月31日閉館)
  • ナポリの大様(東宝)
  • 華麗なる男爵夫人(松竹、1980年)
  • 終着駅(東宝、1990年)
  • 短編集(兵庫芸術文化協会、1999年)
  • 椿姫(パルコ、2000年)
  • 腕におぼえあり(明治座)
  • 鉄道員(東宝、2001年)
  • 日曜日はダメよ(四季)
  • 泥棒家族
  • 調理場(パルコ)
  • 女を売る船(東宝)
  • 人情酸漿蛍(沢田研二/こころ、2002年)
  • ハルコ(シアターX、1999年、自作)
  • 開かれたカップル(シアターX、2001年)
  • 冥途の飛脚(シアターX、2001年)
  • やみ夜(シアターX、2010年)
  • コシ・ファン・トウッテ(オペラ演出、シアターX、2012年)

演じた女優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 横山 通乃”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年6月6日閲覧。
  2. ^ 横山通乃のプロフィール”. 講師一覧. システムブレーン. 2016年6月6日閲覧。

外部リンク[編集]