微笑 (近藤啓太郎の小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

微笑』(びしょう)は、近藤啓太郎1974年に発表した小説。同作を原作とし、1975年1978年に放送されたテレビドラマについても以下で扱う。

ストーリー[編集]

近藤啓太郎の一家が千葉県鴨川に在住していた頃、近藤の妻が卵巣癌に侵され、そして引き取るまでの闘病記を基にした作品である。苦しみながら病魔と闘う妻と献身的に尽くす夫との夫婦愛、子供たちとのふれあい、周りの人々や友人たちの励ましなどをユーモア、感動を絡めて描いた。

テレビドラマ[編集]

1975年版[編集]

4月1日から5月20日日本テレビ系列火曜22:00 - 22:55(火曜劇場)枠で放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 近藤啓太郎
  • 脚本 - 山田信夫
  • 演出 - 野末和夫

1978年版[編集]

7月3日から8月25日TBS花王 愛の劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「微笑」

日本テレビ 火曜劇場
前番組 番組名 次番組
薔薇夫人
(1975.1.14 - 3.25)
微笑
(1975.4.1 - 5.20)
夏の影
(1975.5.27 - 10.28)
TBS 花王 愛の劇場
声 赤い耳鳴り
(1978.5.8 - 6.30)
微笑
(1978.7.3 - 8.25)
愛の終着駅
(1978.8.28 - 10.27)