見まわせば二人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
見まわせば二人
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日22:00〜22:54(54分)
放送期間 1981年6月23日〜1981年8月11日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 佐光千尋、新沢浩
脚本 福田陽一郎
出演者 十朱幸代緒形拳加賀まりこ細川俊之 ほか
オープニング 十朱幸代『ピローフレンド』
テンプレートを表示

見まわせば二人』(みまわせばふたり)は、1981年6月23日から1981年8月11日まで、日本テレビ系列の『火曜劇場』(毎週火曜日22:00〜22:54)にて放映されたテレビドラマ。全8話。

概要・内容[編集]

48歳の広告代理店の制作部長・桂木健次と、15歳年下のイラストレーター・杏子の夫婦は、結婚七年目で、新婚当時の感動も無くなり、何となく毎日を過ごすようになっていた。しかし、健次の友人の病死がきっかけで、健次の心が乱れ始め、杏子を突き放して離婚を切り出した。しかしお互い独身として過ごした後で、結局“見まわせば二人”しかいないことに気付き、元の鞘に納まっていく…。そんな中年夫婦の離婚願望、サラリーマンとしての生き方と悲哀を通して、愛についてを描いたラブコメディ[1]

「クリスタル夫婦」が当時の番組宣伝のキャッチコピーであり、台詞には、マイホーム主義を皮肉ったものも盛り込まれた[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:福田陽一郎
  • 演出:佐光千尋(第1話~第5話)、新沢浩(第6話~第8話)
  • 制作:日本テレビ

主題歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:読売新聞朝日新聞毎日新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版(1981年6月~1981年8月)、『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)
  2. ^ 『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)
日本テレビ 火曜劇場
前番組 番組名 次番組
見まわせば二人