わが母は聖母なりき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

わが母は聖母なりき』(わがはははせいぼなりき)は、八木隆一郎1936年、30歳の時に発表した自伝的小説である。『婦人公論』に掲載された。2度テレビドラマ化されている。

概要[編集]

明治42年(1909年)、秋田県能代。貧しい小作農と結婚し、息子を産んだふみは、流産がたたって家事も満足にできない身体になってしまう。そのため夫と姑に疎まれたふみは、24歳の時に離縁され、息子を置いて実家に戻る。しかし弟夫婦が仕切っている実家も、彼女にとって居心地のよい場所とはいえず、居心地の悪さを感じながら過ごす。

ある時、風のうわさで、置いてきた息子が折檻されていると聞いたふみは、元の婚家から息子を連れ出し、北海道は函館へと渡る。頼る人もいない函館の地で、ふみは野菜や果物の行商、土木工事人(ヨイトマケ)、果ては料理屋での酌婦をしながら、息子とふたりで生きていくが…。

TVドラマ[編集]

1969年版[編集]

1969年4月1日から7月29日まで、関西テレビ火曜劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]


関西テレビ制作・フジテレビ系列 火曜劇場
前番組 番組名 次番組
わが母は聖母なりき
(1969年版)

1980年版[編集]

1980年5月12日から7月7日まで、TBS花王 愛の劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]


TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
愛とおそれと
(1980.3.10 - 1980.5.9)
わが母は聖母なりき
(1980.5.12 - 1980.7.7)
ダンプかあちゃん
(1980.7.8 - 1980.8.29)