火宅の人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火宅の人』(かたくのひと)は、檀一雄長編小説で遺作で、『新潮1955年11月号より20年にわたり断続的に連載された[注 1]1975年新潮社で単行本が刊行(現:新潮文庫(上下)、改版2003年)。没後に第27回読売文学賞(小説部門)と、第8回日本文学大賞を受賞した。

1977年日本テレビ山田信夫脚本テレビドラマ化の準備を進めていたが[1]、遺族の反対で急遽製作中止になり[1]1979年になって同じ日本テレビが山田脚本でテレビドラマ化した。1986年には東映で映画化。1987年4月6日放送の『NHK特集 命もえつきる時 作家檀一雄の最期』(語り草野大悟)では、作品完成に向け苦闘する作者の姿が口述筆記の録音テープと共に紹介された。

「火宅」とは、仏教説話(正確には「法華経 譬喩品」より)の用語で、「燃え盛る家のように危うさと苦悩に包まれつつも、少しも気づかずに遊びにのめりこんでいる状態」を指す。

あらすじ[編集]

作家・桂一雄は、妻のほか、日本脳炎による麻痺を持つ息子のほか4人の子を持ちながら、女優を愛人として、通俗小説を量産しながら、自宅をよそに放浪を続けている。

発表順[編集]

  • 第一章「微笑」
    • 「誕生」『新潮』1955年11月
    • 「微笑」『新潮』1961年9月 
  • 「火宅」『新潮』1963年2月
  • 「我が枕」同3月 
  • 「灼かれる人」同4月
  • 「吹雪の地図」同5月
  • 「蝋涙」同6月
  • 「寂光」同7月 
  • 「白夜」同9月
  • 「帰巣者」同10月 
  • 「有頂天」『新潮』1966年8月
  • 「黄なる涙」『新潮』1969年1月 
  • 「きぬぎぬ・骨」『新潮』1971年11月
  • 「キリギリスー「火宅の人」最終章」『新潮』1975年10月 

テレビドラマ[編集]

放送時間[編集]

  • 火曜22:00 - 22:54

スタッフ[編集]

  • 脚本:山田信夫
  • プロデューサー:山本時雄
  • 演出:島村正敏

キャスト[編集]

日本テレビ 火曜劇場
前番組 番組名 次番組
火宅の人

映画[編集]

火宅の人
House On Fire
監督 深作欣二
脚本 深作欣二
神波史男
製作 豊島泉
中山正久
製作総指揮 高岩淡
佐藤雅夫
出演者 緒形拳
いしだあゆみ
原田美枝子
真田広之
岡田裕介
檀ふみ
松坂慶子
音楽 井上堯之
撮影 木村大作
編集 市田勇
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1986年4月12日
上映時間 132分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億1000万円[2]
テンプレートを表示

1986年4月12日公開の日本映画。企画の高岩淡は檀一雄の異父弟、「桂一雄の母親」を演じている檀ふみは檀一雄の実の娘。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

製作経緯[編集]

断続的に小説連載中の1960年代半ば、当時の東映京都撮影所所長・岡田茂(のち、同社社長)が檀一雄の異母兄弟である高岩淡に「これは東宝向けやから、うちは映画にせんとこうよ」と言い、高岩も「いいですよ」という話で終わっていた[3]。岡田は檀の東大経済学部の後輩にあたり、檀の無二の親友である坪井与(與)と3人で戦後すぐからよく飲み歩いていた仲だった[4][5]。その後1982年の『鬼龍院花子の生涯』の大ヒットで、東映でも文芸作品の企画が通りやすい状況になり[4]1983年になって深作欣二が『人生劇場』を正月跨ぎで京都で撮影していた時、「おせち料理が食べたい」と深作が言うので高岩が自宅に深作と松坂慶子を一緒に招待した[3]。すると深作が「檀一雄の資料を見せてくれ」と言うので高岩が「何で?」と聞くと「『火宅の人』をやりたい」「東映がダメなら松竹東宝でやる」と言って檀の資料を持って帰った[3][4]1985年渡辺淳一原作『ひとひらの雪』の監督を深作が事情で降板したとき[4]、深作と高岩が相談して何かやってると聞きつけた岡田社長が高岩に「何をやるんだ」と問い詰め、高岩が「社長は反対するかもしれませんけど『火宅の人』を深作とやりたいんです」と言ったら、岡田が膝をたたいて「いまの東映ならもってこいや、やれ!」と製作OKが出た[3][4]

深作は1986年当時、自身の企画は本作と『軍旗はためく下に』ぐらいで、スタイルとして提案したのは『現代やくざ 人斬り与太』とか何本かある」と話していた[5]。檀の自宅は東映東京撮影所近くの石神井にあり、東映東京の助監督は、坪井与に誘われてよく檀の自宅に遊びに行っていたが、深作は行ったことがなく、檀に会ったことがなく、「こんなことだったら、ぜひ会いたかった」と悔しがっていたという[4]

深作は『敦煌』の監督が決まっていた1985年11月から本作を撮影した[6][7][8]。『敦煌』は製作が不透明で仕方のない面はあったが、迷惑を被ったのが松竹[9]。松坂慶子は1985年の大河ドラマ春の波涛』の主役で大河の撮影が終了する11月まで体が空かない状態で[8]、松竹は1985年が創立九十周年にあたり、看板女優・松坂慶子の主演作をその後に準備していたが、松坂は『火宅の人』の出演を選び、記念の年に看板女優の出演作なしという事態になった[9]奥山融松竹社長は「よその作品にあれだけ夢中になられるとウチも困る」と不満を述べた[9]

深作は本作を「文芸アクションドラマ」と言っていたという[10]。松坂は深作映画を「どれも思い出深いです」と話している[10]

興行[編集]

1986年のゴールデンウィーク興行ということで宣伝に力を入れ、松坂慶子原田美枝子濡れ場をメディア展開させた後、文芸作としての内容を全面に出した戦略に転換、硬軟完備の万全な体制を敷いた[11]。しかし内容から観客層はかなり高くなることが予想されたが、この年のゴールデンウィークは、邦画他社、洋画もこれといった強力作品もなく『火宅の人』が強いのではないかと予想された[11]。邦画は東宝が前半『テイク・イット・イージー』『タッチ 背番号のないエース』、後半『彼のオートバイ、彼女の島』『キャバレー』、松竹が『ジャズ大名』『犬死にせしもの[11]、洋画は『ナイルの宝石』『デモンズ』『霊幻道士』『ナインハーフ』『アイアン・イーグル』『ホワイトナイツ/白夜』『スパイ・ライク・アス』『死霊のえじき』『カイロの紫のバラ』『ストレンジャー・ザン・パラダイス』などが同時期公開された[11]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 編集担当者による回想記に小島千加子『三島由紀夫と檀一雄』(構想社、1980年)がある。

出典[編集]

  1. ^ a b 「シナリオメモランダム」、『月刊シナリオ』 1977年5月号、p. 99
  2. ^ 1986年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  3. ^ a b c d 立松和平 『映画主義者 深作欣二』 文藝春秋2003年、127頁。ISBN 4-89036-181-2
  4. ^ a b c d e f 「火宅の人 特集2:高岩淡に聞く」、『キネマ旬報』 1986年4月上旬号、pp. 46-49
  5. ^ a b 「火宅の人 特集1:深作欣二監督に聞く」、『キネマ旬報』 1986年4月上旬号、pp. 42-45
  6. ^ 深作欣二・山根貞男 『映画監督 深作欣二』 ワイズ出版2003年、418 - 420頁。ISBN 978-4898301555
  7. ^ 立松和平 『映画主義者 深作欣二』 文藝春秋2003年、127頁。ISBN 4-89036-181-2
  8. ^ a b 「新作情報」『キネマ旬報』1985年10月上旬号、pp.104
  9. ^ a b c 「映画・トピック・ジャーナル」『キネマ旬報』1985年10月下旬号、p.171
  10. ^ a b 「大女優、降臨! 松坂慶子インタビュー」『映画秘宝』2003年3月号、pp. 82-83
  11. ^ a b c d 「興行価値」、『キネマ旬報』 1986年4月上旬号、pp. 172-173

外部リンク[編集]