死霊のえじき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
死霊のえじき
Day of the Dead
監督 ジョージ・A・ロメロ
脚本 ジョージ・A・ロメロ
製作 リチャード・P・ルビンスタイン英語版
製作総指揮 サラ・M・ハッサネン
音楽 ジョン・ハリソン
撮影 マイケル・ゴーニック
編集 パスクァーレ・ブバ
配給 日本の旗 東北新社/東映クラシック
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年7月3日
日本の旗 1986年4月12日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,500,000[1]
興行収入 $5,000,000[1]
前作 ゾンビ
テンプレートを表示

死霊のえじき』(しりょうのえじき、Day of the Dead)は、1985年7月3日アメリカで公開されたゾンビ映画。監督はジョージ・A・ロメロ

概要[編集]

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から続く、ロメロが手がけたゾンビ三部作の第3作目である。7年前に制作された前作『ゾンビ』に引き続き、ダリオ・アルジェントと共同で制作する予定であったが、ヨーロッパの通貨に対して米ドルが高騰したため、アルジェント側からの協力が得られなくなった。単独で資金を調達することになったロメロは脚本を大幅に変更し、規模を縮小して本作を製作した。

前作にフラン役で出演したゲイラン・ロスが本作のキャスティングスタッフ、ドライバーゾンビを演じたジョン・ハリソンが本作の音楽を担当し、キャスティングディレクターを務めたジョン・アンプラスが本作のテッド役を演じるなど、前作に参加したスタッフ・キャストの一部が引き続き本作にも参加している。

当初の脚本では主人公サラは女ゲリラという設定で、ゾンビと軍隊の戦闘シーンなどがあり、トム・サヴィーニ曰く「ゾンビ版『インディ・ジョーンズ』」であった。この脚本は現在、国内で販売されている『死霊のえじき 完全版』のDVDの特典DVD-ROMで読むことができる(対応しているPCが必要)。

ストーリー[編集]

死者と生者の数が逆転し、地上にゾンビが蔓延する世界と成り果てたアメリカフロリダ州郊外の地下基地。そこでは、女科学者のサラローガン博士、彼を中心にゾンビを研究する科学者たち、施設の警備と科学者の支援を行う軍人グループ、両者に組せず契約だけを遂行するヘリコプターパイロットのジョンなど、生き残った少数の人間たちが閉鎖した施設内に立て篭もり、ゾンビの研究と生存者の捜索を行っていた。

軍人グループ指揮官のローズ大尉は人員と物資を無駄に費やすだけの状況への苛立ちから、科学者たちに対して高圧的に「目に見える成果」を要求する。しかし、ローガン博士の計算による40万対1という圧倒的多数のゾンビに支配された状況では、有効な打開策があるはずもなかった。

サラとローズたちの軋轢は高まる一方であり、軍人たちとの緊張、精神を病みつつある恋人のミゲルとの問題がサラを追い詰めていく。そんな中、ジョンはサラに生きるとは何かを訴える。先の見えない行き詰まる日々の中、ローガン博士が1つの成果を見せる。それは、ゾンビのバブを飼い慣らすことであった。

納得できないローズ大尉たちもローガン博士の提唱に打開策を見たのか、協力は続ける。しかし、施設内に研究用サンプルとして隔離していたゾンビ捕獲の際に発生した事故で兵士が死亡し、ミゲルは片腕を失う。この件によってサラやジョンたちと軍人たちが一触即発となったうえ、ローガン博士がゾンビのバブを飼い慣らすために兵士たちの死体を餌にしていたことが発覚する。激怒したローズ大尉はローガン博士を殺害してサラたちを人質に取り、ジョンを脅迫してヘリで基地を脱出しようと目論む。しかし、偶然鎖から解き放たれたバブが博士の死を知り、復讐を誓う。また、騒動中にエレベーターを占拠したミゲルへの対処で、軍人たちは二手に分かれる。

ジョンは軍人たちを倒し、ゾンビの檻へ放り込まれたサラたちの後を追う。一方、絶望したミゲルが施設のゲートとエレベーターを開放したため、施設内へゾンビの大群が雪崩れ込む。ローズ大尉は部下たちを見捨てて宿舎へ逃げ込み、彼らは次々とゾンビの餌食となる。しかし、ローズ大尉もバブによる銃撃で重傷を負い、最後はゾンビたちに八つ裂きにされる。

サラ、ビリー、ジョンら3人は基地からの脱出に成功し、生き延びる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

サラ
演:ロリー・カーディル
この世界における問題の根本的要因である「死者の蘇り阻止」を研究する科学者。地下基地内唯一の女性であることから、弱さを見せず常に気を張った状態が続いており、それがミゲルとのすれ違いや軍人達との対立の原因となる。
ローガン博士
演:リチャード・リバティー
「ゾンビのコントロール」を研究する科学者。ゾンビと生き残った人間との比率を40万対1と計算する。口達者で激昂するローズ大尉にも臆せず逃げ場の無い状況を説明し、自説の有効性を主張しながら、研究継続の必要性を訴えた。物語終盤、死んだ兵士の肉をバブの餌としていたことに激怒したローズ大尉に射殺される。
テッド
演:ジョン・アンプラス
サラの同僚。ローズ大尉を「前任者のクーパー少佐よりもたちが悪い」と評する。ローズ大尉に人質に取られ、射殺された。
ジョン
演:テリー・アレクサンダー
ヘリコプターのパイロット。科学者グループにも軍人グループにも属さず、積極的に関わりを持たないが、軍人達にとって「価値の低い」サラ達の危険な立場を忠告するなど、単なる傍観者でいる訳はない。
ビル・マクダーモット
演:ジャーラス・コンロイ
無線技師。ジョンと共に、区画内の宿舎ではなく区画外のトレーラーハウスで生活している。酒好きで、ブランデーの入ったスキットルを片時も手放さない。
ローズ大尉
演:ジョセフ・ピラトー
前任のクーパー少佐の死亡後、新たに指揮官となった人物。軍人主義的かつ冷酷な性格で、研究は軍事作戦であるとして科学者グループを指揮下に置こうとするが、サラ達の反発を招いて事態を悪化させる。ミゲルの暴走やゾンビ檻の開放でゾンビの大群が地下基地になだれ込んできた際には動揺し部下達を見捨てて逃亡し宿舎に立て篭もるが、ローガンの仇を討とうとするバブによって撃たれ満身創痍にされ、最期は大勢のゾンビに貪られながらゾンビ達に向かって捨て言葉を吐きつつ死亡した。
演者のジョセフ・ピラトーは前作『ゾンビ』でも巡視艇基地からボートで脱出を図る警官のリーダー役で出演している
スティール
演:ゲイリー・ハワード・クラー
リックルスとコンビを組む。巨漢で粗忽な乱暴者。ローズに取入っており軍人グループではNo.2の立場。
ゾンビの大群に襲われた際にローズに見捨てられ1人宿舎へ逃走、ゾンビ達を宿舎へ雪崩れ込ませる。最後はゾンビに首を齧られ追い詰められた絶望から拳銃で自殺する。
リックルス
演:ラルフ・マレロ
下品なジョークを連発する小柄な兵士。サラの皮肉を理解できないスティールに助け舟を出すなど、頭の回転は早い。
地下にゾンビの大群が襲撃してきた際にスティールと供にローズに見捨てられゾンビ檻に1人逃走、トレズに続いて生きたままゾンビの餌食となった。
トレズ
演:タソ・N・スタブラキス
兵士。物語終盤、ジョン脅迫の際 ローズ大尉の命令でジョンから武器を取り上げて監視するが、一瞬の隙を突いたジョンに殴られ失神、武器を全て奪われる。その後、ローズに見捨てられスティール達と供に地下空間に取り残されに 地下へ雪崩れ込んできたゾンビの大群の最初の餌食となる。餌食の途中で絶命。
演者のタソはエレベーターから落ちるゾンビやサラに角材で殴られるゾンビ、ローズ大尉のカートに引き摺られるゾンビなども演じた他(ローズ大尉の内臓を取り出すヘルメット姿のゾンビもタソである)、スティールに投げ飛ばされるミゲル、ローズ大尉に撃たれるローガン博士などの本作のスタントマンも担当した。
ミゲル
演:アントン・ディレオ
冴えない兵士で何をするにもツキがなく事有る毎にサラに擁護される。その為か他の兵士達から暴力や蔑視の的となっており、極限的状況が続く中でのストレスから不安定な精神状態にある。遂にはゾンビに噛まれ腕を失うが助かるも、このことが引き金となって絶望し 己を囮に地下の基地内へ外部のゾンビの大群を誘導、基地内の人間を道連れにする事を願いながらゾンビの餌食になる。
バブ
演:ハワード・シャーマン
研究用のサンプルとして捕獲されたゾンビ。ゾンビとしては大人しく察しが良く、生前の記憶が蘇ったのか学習したのか、ローガン博士によって簡単な言葉や幾つかの動作、銃の使い方までマスターしている。ローガン博士が殺されたことに怒りや悲しみを表すなど、通常のゾンビとは一線を画す存在。最後はローズ大尉を銃撃し満身創痍にした上で致命傷を与え身動き出来なくさせる。自らはローズを喰らうことなく他のゾンビ達に止めを委ねてローガン博士の復讐を遂げる。

劇場公開・ソフト化[編集]

日本では1986年に劇場公開されたが、一部残酷なシーンがコマ単位でカットされていたり、エンドロールで流れる曲のヴォーカルトラック部分が抜かれていたりと不完全なバージョンでの公開となった。その後に発売されたVHS・LDには、劇場公開版が収録されていた。

1998年から1999年にかけて『死霊のえじき 最終版』と銘打たれたバージョンのVHS・LD・DVDがJVDから発売されたが(現在はすべて廃盤)、これはテレビ放送用に残酷なシーンをカットして再編集や一部台詞の吹き替えを行ったもの。サウンドトラックの再ダビングが行われていないため、カットされたシーンとその前後に音楽が流れていた場合、曲が途切れ途切れになってしまうという不自然な場面が多々見られた。

海外ではオリジナルバージョンがソフト化されていたが、日本では2004年にハピネット・ピクチャーズから『死霊のえじき 完全版』のタイトルで発売されたDVDで、初めてオリジナルバージョンを観賞できるようになった。

関連作品[編集]

1986年に講談社X文庫から発売された小説『死霊のえじき』(翻訳家の岡山徹[2]によるノベライゼーションであり、原作小説は存在しない。ISBN 9784061900530)では、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の主人公・ベンをモデルにした人物が狂言回しとなり、プロローグにゾンビ発生の過程を前2作を参考にしたストーリーで説明しているうえ、ラストにはサラたち3人が逃げ延びた島へ謎の船が近づいていたことを示す、映画本編にはないエピソードが加えられている。

ロメロのノータッチで続編『Day Of The Dead 2:Contagium』が作られ、日本では2008年に『デイ・オブ・ザ・デッド2』のタイトルでDVDが発売された。

スティーヴ・マイナー監督により、原典と同名のリメイク版『Day of the Dead』が作られ、アメリカでは劇場未公開のまま2008年にDVDで発売された。その後、日本では2008年に『デイ・オブ・ザ・デッド』のタイトルで劇場公開された。

よもやま話[編集]

ローズ大尉がゾンビの大群の餌食となっていくシーンで使用された豚の内臓は、クリスマス休暇による撮影中断中は冷蔵庫に保管されていたが、何者かが誤って電源を切ったため、撮影再開時には腐ってしまっていた。代わりを用意する時間がなかったため、撮影はそれを使って行われた。異臭を放つ内臓を目の前に置かれたローズ大尉役のジョセフ・ピラトーは、酸素マスクを使って呼吸しながら撮影に臨んだ。『死霊のえじき 完全版』のDVDや『ファンゴリア・ビデオマガジンVol.1 トム・サビーニ・スペシャル』のVHS・LD・VHDに収録されているメイキング映像では、同場面の撮影で「カット」の声がかかるとゾンビ役のエキストラ達が一斉に声を上げ、手団扇で臭気を払う様子を見ることができる。また、ジョセフはその直後に嘔吐した。

ゴリラズのファーストアルバム・「Gorillaz」に収録されている曲「M1A1」には冒頭のミゲルが拡声器で生存者へ呼びかけるシーンがサンプリングされており、サウンドトラックのベースラインに合わせてバンドの演奏が始まる仕組みになっている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]