サンゲリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンゲリア』(原題:ZOMBIE )は、ルチオ・フルチ監督のゾンビものホラー映画[1]。1979年イタリアアメリカ合作映画、日本劇場公開は1980年5月。

概要[編集]

ジョージ・A・ロメロ監督作『ゾンビ』の世界的ヒットを受けて製作されたゾンビ映画の一つ。登場するゾンビの見かけは『ゾンビ』や『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のように顔色や目つきが悪いだけでなく、特殊メイクでリアルに醜く腐乱させたことで注目され、フルチ監督と特殊メイクを担当したデ・ロッシの名を高めた。フルチはこの後、『地獄の門』『ビヨンド』と立て続けにゾンビ映画を製作した。

水中でサメと格闘するゾンビ、ウジミミズがたかる全身が腐乱した汚らしいゾンビ、眼球串刺し、血管引きずり出しといった数々のグロテスクなシーンが多い[1]

作中ではメナード医師により、様々な医学的な検査をしても島民がゾンビ化する原因は不明、と語られる。ただし頭を銃撃されたゾンビは活動を停止し、島がゾンビで溢れかえる前、メナード医師は死んだ患者の頭を撃ってゾンビ化を防いでいた。舞台となるマトゥール島内では、どこからかブードゥー教徒が叩く楽器の音が聞こえてくるが、それがゾンビを鎮めようとする祈りか、生み出している呪術かも明らかにされない。ゾンビに噛まれた直後にゾンビ化して生者を襲う者がいる一方で、数百年前に死んだコンキスタドール(スペイン兵)までが地中から甦る。

ストーリー[編集]

ある日、ニューヨーク湾内で奇妙な事件が発生した。漂流中のクルーザー内に踏み込んだ警備船の警官2名が、全身腐乱した男に襲われたのである。男に噛まれた警官1人が犠牲となり、男は全身に銃弾を打ち込まれて海中に姿を消した。

クルーザーの持ち主の娘であるアン・ボールズ(ティサ・ファロー)と新聞記者ピーター・ウェスト(イアン・マカロック)は、アメリカ人夫婦ブライアンスーザンのクルーザーに同乗し、アンの父親がいるはずのカリブ海に浮かぶマトゥール島へ向かう。

だがそこは、死んだ者が蘇って生者を貪り喰い、噛まれた被害者もゾンビになる恐るべき魔境と化していた。島の診療所で研究を続けるメナード医師の妻ポーラはゾンビに喰い殺され、ピーター達も次々に蘇るゾンビに追い詰められてゆく。

ピーターとアンは辛うじて島を脱出するが、船倉ではゾンビ化したスーザンに噛まれたブライアンが蘇り、ニューヨークでも腐乱した男に殺された警官からゾンビの増殖が始まっていた。

スタッフ[編集]

  • 監督:ルチオ・フルチ
  • 製作:ウーゴ・トゥッチ、ファブリッツィオ・デ・アンジェリス
  • 脚本:エリザ・ブリガンティ、ダルダノ・サケッティ
  • 特殊メイク:ジャネット・デ・ロッシ
  • 音楽:ファビオ・フリッツィ

キャスト[編集]

役名 / 吹替役名 俳優 日本語版
ピーター・ウエスト イアン・マカロック 堀勝之祐
アン・ボールズ ティサ・ファロー 高島雅羅
デビッド・メナード医師 リチャード・ジョンソン 加藤精三
ポーラ・メナード夫人 オルガ・カルラトス 鳳芳野
ブライアン・ハル アル・クライヴァー 長堀芳夫
スーザン・バレット アウレッタ・ゲイ 榊原良子
看護婦ミッセイ ステファニア・ダマリオ 服部れい
使用人ルーカス ダカール 広瀬正志
編集長 ルチオ・フルチ 安田隆

1982年3月19日にテレビ放映(Blu-ray収録)

DVD[編集]

2009年8月に「サンゲリア パーフェクトコレクション」がキングレコードから発売された。

ブルーレイ[編集]

北米ブルーアンダーグラウンドから日本語字幕付きで発売。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p37

外部リンク[編集]