魔境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

魔境(まきょう)とは、の修行者が中途半端に能力を覚醒した際に陥りやすい状態で、意識の拡張により自我が肥大し精神バランスを崩した状態のことを指す。ユング心理学で「魂のインフレーション」と名づけられた状態だという指摘[誰?]もある。

臨済は、「瞑想により仏陀如来が現れたときは(瞑想内のイメージの)槍で突き刺せ」「仏見たなら仏を殺せ」と教えている。これは、瞑想中に神格を持つものとの一体感を持った結果「自分はすごい人間だ」と思い込んでしまい、エゴが肥大してしまうのを防ぐ、すなわち魔境に入ってしまう状態を防ぐための教えだとされている。

実際に光のようなものが現れても、それは単なる脳内の視覚野の発火現象であるという意見[誰?]もある。

参考文献[編集]

  • 辻村公一「禅に於ける「魔境」 : 先師抱石菴久松眞一博士を回想して」、『日本學士院紀要』第62巻第2号、日本学士院、2007年12月、 141-171頁、 NAID 110006551911

関連項目[編集]