ダイアリー・オブ・ザ・デッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイアリー・オブ・ザ・デッド
Diary of the Dead
監督 ジョージ・A・ロメロ
脚本 ジョージ・A・ロメロ
製作 ピーター・グルンウォルド英語版
アート・スピゲル
サム・イングルバート
アラ・カッツ
製作総指揮 ダン・ファイアマン
ジョン・ハリソン
スティーヴ・バーネット
出演者 ミシェル・モーガン
ジョシュ・クローズ
ショーン・ロバーツ
音楽 ノーマン・オレンスタイン
撮影 アダム・スウィカ
編集 マイケル・ドハティ
製作会社 Artfire Films
Romero-Grunwald Productions
配給 アメリカ合衆国の旗 サード・レイル・リリーシング
日本の旗 プレシディオ
公開 カナダの旗 2007年9月8日TIFF
アメリカ合衆国の旗 2008年2月15日
日本の旗 2008年11月15日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $5,364,858[2]
次作 サバイバル・オブ・ザ・デッド
テンプレートを表示

ダイアリー・オブ・ザ・デッド』(Diary of the Dead)は、2007年アメリカ合衆国ホラー映画R-15指定。

ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督による作品。主観映像によるフェイクドキュメンタリータッチの作品となっている。

2007年9月に開催された第32回トロント国際映画祭英語版で初上映された。

ストーリー[編集]

ピッツバーグ大学映画学科の学生であるジェイソンたちは、山奥で卒業制作の映画を撮影していた。しかし、夜間撮影中にラジオから世界中でゾンビが人間を襲い始めたというニュースが流れる。撮影を中断した一行はマイクロバスで家へ向かうが、横転して炎上する車に遭遇し、そこで黒こげの死体が歩く姿を目撃する。

キャスト[編集]

デブラ・モイナハン
演 - ミシェル・モーガン、日本語吹替 - 本田貴子
ピッツバーグ大学の学生でジェイソンの恋人。ジェイソンの遺作となった映画を完成させ、インターネット上で公開する。
ジェイソン・クリード
演 - ジョシュ・クローズ、日本語吹替 - 加瀬康之
ピッツバーグ大学映画学科の学生で、卒業制作映画の監督。本作は、ジェイソンが撮影していたドキュメンタリー映画『死の終焉』を編集した映像という設定になっている。
トニー・ラヴェロ
演 - ショーン・ロバーツ、日本語吹替 - 青木強
ピッツバーグ大学映画学科の学生。どんな時でもカメラを回し続けるジェイソンに対し、批判的な態度を取る。
トレイシー・サーマン
演 - エイミー・ラロンド、日本語吹替 - 嶋村侑
ピッツバーグ大学映画学科の学生で、卒業制作映画の中でヒロイン役。ゴードの恋人。父親のおかげで車の簡単な修理も出来る。リドリーに襲われた際、助けずカメラを回し続けるジェイソンに愛想を尽かし、最終的に生き残っていた仲間達を全員見捨てる形で一人キャンピングカーで逃亡してしまう。
エリオット・ストーン
演 - ジョー・ディニコル、日本語吹替 - 石上裕一
ピッツバーグ大学映画学科の学生。眼鏡をかけている。
アンドリュー・マクスウェル
演 - スコット・ウェントワース、日本語吹替 - 秋元羊介
ピッツバーグ大学の教授。従軍経験があるらしい。アーチェリーの名手。
リドリー・ウィルモット
演 - フィリップ・リッチオ、日本語吹替 - 佐藤せつじ
ピッツバーグ大学映画学科の学生で、卒業制作映画の中でミイラ男役。実家は室内プールや警備カメラを多数備えた豪邸。序盤に登場して少し間をおいて再登場する。再登場時は、親がゾンビになってしまったり、フランシーンが襲われたりで、酒に溺れてしまっていると思われたが、実は噛まれており徐々にゾンビ化。何故かカメラを回しているジェイソンは襲わず、卒業制作映画通りトレーシーを襲う。風呂に入っているエリオットを襲ったあとジェイソンを襲い、アンドリューに剣で裂かれる。
ゴード・ソーセン
演 - クリス・ヴァイオレット、日本語吹替 - 中谷一博
ピッツバーグ大学映画学科の学生。トレイシーの恋人。
フランシーン・シェーン
演 - ミーガン・パーク、日本語吹替 - 足立友
ピッツバーグ大学映画学科の学生。
メアリー・デクスター
演 - タチアナ・マスラニー、日本語吹替 - 原田ひとみ
ピッツバーグ大学映画学科の学生。キャンピングカーの運転手。
サミュエル
演 - R・D・レイド、日本語吹替 - 佐藤晴男
農夫。耳が悪い。
ストレンジャー
演 - マーティン・ローチ、日本語吹替 - 松田健一郎
州兵の隊員の黒人。デブラ達に物資を提供する。
キャッツ警察署長
演 - ジョージ・A・ロメロ、日本語吹替 - 佐藤晴男
ノンクレジット。
大佐
演 - アラン・ヴァン・スプラング、日本語吹替 - 佐藤晴男
ジェイソンたちを襲う強盗。続編『サバイバル・オブ・ザ・デッド』の主人公。

声の出演[編集]

"VERY SPECIAL THANKS"としてクレジット[3]

ウェス・クレイヴン
ニュースの声。
スティーヴン・キング
ニュースの声。
サイモン・ペッグ
ニュースの声。
ギレルモ・デル・トロ
ニュースの声。
クエンティン・タランティーノ
ニュースの声。
トム・サヴィーニ
警察無線の声。

スタッフ[編集]

  • 監督、脚本 - ジョージ・A・ロメロ
  • 特殊メイク - グレゴリー・ニコテロ
  • 美術 - ルパート・ラザルス
  • 衣装 - アレックス・カヴァナー
  • 字幕 - 川又勝利

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Romero's 'Diary of the Dead' in the Can”. Esplatter.com. (2007年7月30日). オリジナルの2011年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111021064513/http://www.esplatter.com/2006news/diaryofthedead.htm 2009年6月10日閲覧。 
  2. ^ Diary of the Dead”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月16日閲覧。
  3. ^ Capone With George A. Romero!!”. 2009年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]