Disney+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Disney+
Disney+ logo.svg
種類 公開会社
略称 D+
業種 動画配信
事業内容 動画配信サービス事業
所有者 ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル
主要株主 ウォルト・ディズニー・カンパニー
外部リンク https://preview.disneyplus.com/jp/
テンプレートを表示

Disney+(ディズニープラス)はザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル)傘下であり、2019年後半サービス開始予定[1]ディズニー・ストリーミング・サービス事業である。

概要[編集]

Disney+はアメリカでは2019年11月12日にサービス開始予定[2]なっており、2020年には日本含むアジアやヨーロッパ各国でも展開する予定[注 1][3]

呼び方は「ディズニープラス (Disney Plus)」と読むが公式サイトでも青い背景に「Disney+」と書かれている。

Disney+はディズニー映画に加え、ピクサーマーベルスター・ウォーズシリーズ20世紀フォックスなどの映画やアニメーション、ナショナルジオグラフィックドキュメンタリー、Disney+制作の独自作品を有料配信する予定である[4]

料金プラン[編集]

  • 月額6.99ドル、年額69.99ドル(アメリカ)[4][5]

「Disney+」制作の独自作品[編集]

ディズニー[編集]

ピクサー[編集]

マーベル[編集]

  • 『The Falcon and The Winter Soldier(原題)』(2020年秋予定)
  • 『WandaVision(原題)』(2021年春予定)
  • 『Loki(原題)』(2021年春予定)
  • 『What If…?(原題)』(2021年夏予定)
  • 『Hawkeye(原題)』(2021年秋予定)

スター・ウォーズ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 公式サイトは日本語に対応している。

出典[編集]

  1. ^ 動画配信「ディズニー・プラス」、米国で19年後半開始”. 日本経済新聞(2018年11月9日作成). 2019年2月10日閲覧。
  2. ^ 米ディズニー、新動画配信サービスの料金など発表 米で11月開始”. ロイター通信(2019年4月12日作成). 2019年4月15日閲覧。
  3. ^ ディズニー、11月から動画配信サービス開始 月6.99ドル”. TBSテレビ(2019年4月12日作成). 2019年4月15日閲覧。
  4. ^ a b ディズニーの動画配信サービス「Disney+」、11月に米国で開始へ”. CNET Japan(2019年4月12日作成). 2019年8月4日閲覧。
  5. ^ ディズニー動画配信サービスは月額6.99ドル-ネットフリックス追撃”. ブルームバーグ(2019年4月12日作成). 2019年4月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]