Disney+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Disney+
Disney+ logo.svg
種類 公開会社
略称 D+
業種 動画配信
事業内容 動画配信サービス事業
所有者 ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル
主要株主 ウォルト・ディズニー・カンパニー
外部リンク https://preview.disneyplus.com/jp/
テンプレートを表示

Disney+(ディズニープラス)はザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル)傘下のディズニー・ストリーミング・サービス事業である。

概要[編集]

Disney+はアメリカカナダの北米地域とオランダ2019年11月12日にサービス開始し[1][2]、翌週の19日にはオーストラリアニュージーランドのオセアニア地域で[1]2020年3月31日イギリス[注 1]ドイツフランスなどのヨーロッパ地域で[5]2021年までの間にアジア地域を含む世界各国の主要市場で展開する予定となっている[注 2][1][6]

呼び方は「ディズニープラス (Disney Plus)」と読むが公式サイトでも青い背景に「Disney+」と書かれている。

Disney+はディズニーに加え、ピクサースター・ウォーズシリーズマーベル・スタジオ20世紀スタジオなどの映画やアニメーション[注 3]ナショナルジオグラフィックドキュメンタリー、Disney+制作の独自作品を有料配信している[8]4Kによる高画質配信にも対応する[9]

ディズニーは2020年2月4日に前日3日時点での加入者数が2860万人であることを発表した[10]

料金プラン[編集]

アメリカ[編集]

  • 月額6.99ドル、月額12.99ドル(HuluESPN+とのセット割引)、年額69.99ドル[8][9][11]

「Disney+」制作の独自作品[編集]

ディズニー[編集]

ピクサー[編集]

スター・ウォーズ[編集]

マーベル[編集]

  • 『The Falcon and The Winter Soldier(原題)』(2020年秋予定)
  • 『WandaVision(原題)』(2020年予定)
  • 『Loki(原題)』(2021年春予定)
  • 『What If…?(原題)』[14](2021年夏予定)
  • 『Hawkeye(原題)』(2021年秋予定)
  • 『Ms.MARVEL(原題)』(配信時期未定)
  • 『MOON KNIGHT(原題)』(配信時期未定)
  • 『SHE HULK(原題)』(配信時期未定)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ イギリスでは既にDisney+同様のストリーミング配信サービスである「DisneyLife」を提供しているが[3]、Disney+のサービスを開始する際にDisneyLifeをリブランドすることが現地法人から発表されている[4]
  2. ^ 公式サイトは日本語に対応している。
  3. ^ なお、スター・ウォーズシリーズとマーベル・シネマティック・ユニバースの一部は競合企業であるNetflixユニバーサル・ピクチャーズソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントがストリーミング契約や配給権を保有しているため、当面の間Disney+にて配信されない作品が存在する[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c ディズニーのストリーミングサービス「Disney+」の対応端末とサービス提供地域が明らかに”. GIGAZINE (2019年8月20日). 2019年11月4日閲覧。
  2. ^ 米ディズニーが動画配信サービス開始、アクセス殺到で苦情相次ぐ”. ロイター通信 (2019年11月13日). 2019年11月13日閲覧。
  3. ^ ディズニー、新しいストリーミングサービスDisneyLifeをスタート。映画、テレビだけでなく音楽や書籍も”. TechCrunch (2015年11月24日). 2019年11月13日閲覧。
  4. ^ Disney UK@Disney_UKのツイート” (2019年11月8日). 2019年11月13日閲覧。
  5. ^ 「Disney+」はAmazonのFire TVとSamsungとLGのスマートTVでも視聴可能に”. ITmedia (2019年11月8日). 2019年11月8日閲覧。
  6. ^ ディズニー、11月から動画配信サービス開始 月6.99ドル”. TBSテレビ (2019年4月12日). 2019年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月15日閲覧。
  7. ^ Disney+で配信できないマーベル映画7本とその理由”. BUSINESS INSIDER JAPAN (2019年11月16日). 2020年1月25日閲覧。
  8. ^ a b ディズニーの動画配信サービス「Disney+」、11月に米国で開始へ”. CNET Japan (2019年4月12日). 2019年8月4日閲覧。
  9. ^ a b 激変する動画配信、ディズニーが示した「本気」”. 東洋経済新報 (2019年8月27日). 2019年8月27日閲覧。
  10. ^ ディズニー配信加入2860万人 開始3カ月、競争激化”. 共同通信 (2020年2月5日). 2020年2月5日閲覧。
  11. ^ ディズニー動画配信サービスは月額6.99ドル-ネットフリックス追撃”. ブルームバーグ (2019年4月12日). 2019年4月15日閲覧。
  12. ^ のとほのか (2019年8月24日). “本物のワンちゃん超かわいいな……! 実写版「わんわん物語」の最新映像公開、有名なスパゲティのシーンも披露”. ねとらぼ. 2019年10月25日閲覧。
  13. ^ Disney+の奥の手は、夢の国の伝説に迫るオリジナル番組『The Imagineering Story』”. GIZMODO (2019年11月18日). 2019年11月20日閲覧。
  14. ^ MCU初のアニメ作品である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]