わんわん物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わんわん物語
Lady and the Tramp
監督 ウィルフレッド・ジャクソン
ハミルトン・ラスク
クライド・ジェロニミ
脚本 アードマン・ペナー
ジョー・リナルディ
ラルフ・ライト
ドン・ダグラディ
原作 ウォード・グリーン
製作 ウォルト・ディズニー
ロイ・O・ディズニー
出演者 下記参照
音楽 オリヴァー・ウォーレス
撮影 ボブ・ブロートン
編集 ドン・ハリデイ
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロダクション
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ・ディストリビューション
日本の旗 大映
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年6月16日
日本の旗 1956年8月8日
上映時間 76分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4 million[1]
興行収入 $93.6 million[1]
配給収入 1億7515万円(1956年)[2] 日本の旗
3億6702万円(1965年リバイバル)[3] 日本の旗
次作 わんわん物語II
テンプレートを表示

わんわん物語』(わんわんものがたり、原題:Lady and the Tramp)は、1955年6月16日公開のディズニーによるアニメーション映画。原題Lady and the Trampを直訳すると「お嬢様と風来坊」という意味である。当時の日本の映画雑誌には「貴婦人と浮浪者」と記載されている。

概要[編集]

わんわん物語の原案は1937年、ウォルト・ディズニー・プロダクションのスタッフであったジョー・グラントによって作成された。 グラントはウォルト・ディズニーを自宅に招いた際に、飼っていたアメリカン・コッカー・スパニエルのスケッチを見せた[4]。 ウォルトはこのスケッチを気に入り、ジョーにこの犬を主人公にしたストーリーボードを作成してみてはどうかと提案する[4]。 それ以来1940年代初めの頃までグラントとディズニーのスタッフたちはこの犬を主人公にした物語を作っていた[4]。 このとき作成されたストーリーボードにはすでにレディや2匹の猫を飼っている意地悪な義理の母や赤ん坊を狙うネズミなどが登場していた[4]。 グラントたちが作成したストーリーボードをウォルトが見たのは1943年である[4]。 しかしそのストーリーボードはウォルトを満足させるものではなく、プロジェクトは棚上げされた[4]

その数年後、ウォルトはCosmopolitan誌に掲載されていたウォード・グリーンの短編小説"Happy Dan, The Whistling Dog"を読み、「この小説に書かれているような気ままに生きる犬をグラントのストーリーに登場させればおもしろくなるのではないか」と考えた[4]。 しかし、1949年にジョー・グラントはウォルトとの意見の相違からウォルト・ディズニー・プロダクションを退社してしまう(1980年代にグラントはディズニーに復帰する)[4]。 その後、ウォルトはウォード・グリーンに自分たちが進めているプロジェクトを説明し、レディとトランプを主人公とした小説の執筆を依頼する[4]。 1953年に出版されたこの小説が原作となったため、原案を作成したのがグラントであるにも関わらず、彼の名前はこの映画にクレジットされていない[4]

それまでのディズニー映画は『白雪姫』や『ピノキオ』といった童話が原作だったが、本作は完全オリジナルストーリーである。 『わんわん物語』のDVDの特典映像「メイキング・オブ『わんわん物語』」にて、映画プロデューサーのドン・ハーンは「原作に縛られることがなかったため、より自由な発想で作ることができたのだろう」と考察している[4]。 初期の脚本では双子のシャムネコが登場しその時のニップとタックという名前だったが後にシーとアムになる。レディの恋人となる野良犬の名前についても当初はホーマーやボーゾーなどの案があったが、ウォルトがトランプと名付けた[4]。 英語の"Tramp"には「浮浪者」や「売春婦」といった意味もあり、周囲からは名前を変えるように多くの反対意見が出たがウォルトは自説を曲げなかった[4]

長編アニメーション映画初のシネマスコープを使用し配給もブエナ・ヴィスタ・ホーム・エンターテイメントとなる等、大きな話題になり試行錯誤の末、およそ20年の歳月と300人のアーティスト達の手によって完成した(構想は1937年だが実際に制作が開始されたのは1951年だった)。 なおこの頃、ウォルトはディズニーランド設計及びテレビ番組・『ディズニーランド』出演の為、あまり本作に集中出来ず脚本家のアードマン・ペナーと総監督がケン・ピーターソンが共同で支えていた。『シンデレラ』から続いたウィルフレッド、ハミルトン、クライドの3人共同監督の最終作となった。

トランプとレディがスパゲッティを食べている最中に偶然キスをするシーンは有名であり、イギリスのTotal Film誌が選出した「映画史に残る最高のキスシーン50」では第8位に選ばれた[5]。 当初ウォルトは犬がスパゲッティを食べるというこのシーンに対して否定的だったが、フランク・トーマスが作成したアニメーションを見て考えを変えた[4]

物語[編集]

ニューイングランドに住むダーリングへのクリスマス・プレゼントとしてディア家にやってきたコッカー・スパニエルのレディ。夫妻の愛情を一身に受けていたが、二人に子供が生まれる。レディは変化に戸惑いつつも赤ん坊を見守る。

ある日、夫婦の旅行中にベビーシッターとして猫好きで犬嫌いのセーラおばさんがやってきたため家を飛び出したレディは、野良犬のトランプに助けられる。

生まれも育ちも異なる2匹であったが、やがて互いに惹かれ合うようになる。しかし、レディが保健所に捕まってしまい・・・。

キャラクター[編集]

動物たち[編集]

レディ(Lady)
クリスマスプレゼントにダーリングへ送られた血統書付きのアメリカン・コッカー・スパニエルの雌。Iの主人公かつヒロイン。飼い主の夫婦の留守中に町へ飛び出し、そこで出会った野良犬のトランプと恋に落ちる。トランプに自由に生きることを薦められるが、「赤ちゃんが心配」と家に帰ることを望む。しかしトランプの失態で保健所に連れて行かれ、そこでトランプにかつて沢山のガールフレンドがいたことを知って腹を立てケンカ別れをしてしまう。その後赤ちゃんの部屋に大ネズミが侵入した所を目撃し、吠え声に気付いたトランプが助けに駆けつけた事で仲直りをしてめでたく結ばれ、4匹の子犬が生まれた。IIでは主人公の座が変わった為、IIでは出番が激減しているが、スキャンプを含めた子犬達や、スキャンプとの心の食い違いに悩むトランプを案じる良き母親としての様子が伺える。Iから時間が経っている為、声、性格、言動共に、より気品が増している。
トランプ(Tramp)
自由を愛する雑種の雄の野良犬。機転が利き、I、IIでも勇敢さは健在である。ジム家に来る前は機関車の操車場、廃品置き場で暮らしていた。捕まった野良犬仲間を逃がしているため、保健所に目を付けられている。さまざまな名で、曜日ごとに人間の家を渡り歩いて暮らしている。「赤ん坊が生まれると、人間は犬を愛してくれなくなる」との体験談を語るところから、飼い犬の経験もあると思われる。頭がよく、いたずら好きで、ニワトリを追いかけるのが好き。3匹の犬と戦っても勝てる能力の持ち主である。レディと恋に落ちるが、他の野良犬たちの証言によると可愛い女の子に弱く、それまでにも幾つかの色恋沙汰があった。レディとはそれが原因でケンカ別れをしてしまうものの、侵入した大ネズミから赤ちゃんを守った事でめでたく結ばれ、ディア家の飼い犬になる。IIでは仲のいいバスターを一流の野良犬に育て、肉を積んだトラック1台を盗み捕獲員24人と警察や軍隊を出動させる騒動を起こしたらしい。バスターからは自分とレディのどちらを選ぶか問い詰めた際、レディを選んだ事で野良犬としてのプライドも誇りも捨ててしまったとして恨まれている。またIIでは飼い犬として暮らし始めてから長年の時が経った事で、野良犬の感や運動神経が鈍くなってしまったが、スキャンプを救出しに保健所に乗り込んだ際には、バスターをも恐れさせる凶暴な野良犬 レジーを相手に大立ち回りの末に勝利する。
ジャック(Jack)
ディア家の近所に住む山の手育ちのスコティッシュ・テリアで、血統にこだわりを持つ。長い眉毛と鬚が特徴である。自分の家の近くに骨を隠すひみつの場所がある。ある程度の老犬であることが窺えるが、レディを元気付けるためにトラスティと共にレディにプロポーズしようとする場面も。レディのよき友人であり、先輩としてよき相談相手でもある。
トラスティ(Trusty)
顔全体のしわが特徴的なブラッドハウンドで、ジャックとは近所での古い付き合い。祖父のリライアブル爺さんを慕っており、その武勇伝を何度も語ろうとする。また、よく利く鼻が自慢でジャックはきかなくなったといっていたが、あながちそうでもない様子。保健所に捕まったトランプを救うため馬車に体当りし大怪我を負うが、クリスマスでは足に包帯を巻きながらも元気な姿を見せる。
サイとアム(Si and Am)
セーラおばさんの飼い猫で、かなり溺愛されているシャムネコの双子。コミカルな持ち歌「シャムネコの歌」に乗って、ディア家でやりたい放題のいたずらをする。ずる賢く意地悪で、レディにとって厄介者だが、Ⅱでは(バスターの命令を受けて)襲いかかってきたスキャンプに仰天する一面も見せた。
トランプの仲間たち
保健所の捕獲員に捕まったと思われる犬たち。名前のわかる犬はペグ(Peg)、ブル(Bull)、ダクシー(Dachsie)、ボリス(Boris)、タフィー(Toughy)、ペドロ(Pedro)、(ナッツィ(nutsy))である。ほとんどの犬がトランプのことを知っている。ダクシーは保健所から脱出するための穴を掘っている。ペドロの姉(ロジータ、チキータ、ファニータ)はトランプと仲良くしていた様子。(しかし日本語版ではロジータのみ)IIではキャラクターは一新されておりIのキャラクターは全員出てこない。

人間たち[編集]

ジム・ディア(Jim Dear)
レディの飼い主。レディを実の娘の様に可愛がっている。妻のダーリングが妊娠した事で一時はレディをないがしろにしてしまうが、旅行に出る時は赤ちゃんの面倒や伯母の手伝いを任せたり、トランプが大ネズミを追って家に入り込み騒ぎを起こした時は、それを伝えようとしたレディの事を一番に信用するなど誰よりも信頼している。
ダーリング・ディア(Darling Dear)
レディの飼い主でジムの妻。クリスマスに夫からレディをプレゼントされた。
妊娠中はレディをないがしろにしてしまうものの、赤ちゃんが生まれてからはレディにも変わらない愛情を注ぐ。作中で彼女が歌っている子守唄「ララ・ルー」は名曲の一つ。
ジミー・ディア(Jim Jr.)
ジムとダーリング夫妻の子供。Iでは赤ちゃんだったためとくに出番はなかった。IIでは数か月大きくなった姿で登場。レディやトランプ、子犬達とも仲良しで、特にスキャンプをよき遊び相手として気に入っている。
セーラおばさん(Aunt Sarah)
ジムの伯母。夫妻の旅行の間のベビーシッターとしてディア家にやってくる。犬を毛嫌いしているためレディは「汚い」と罵られて赤ちゃんの所から追い出され、さらには部屋を荒らした上に、連れて来た猫たちをいじめたという濡れ衣を着せられて口輪を付けさせようとし、結果彼女が家出する事に至った。またレディとトランプが大ネズミを追って家に入り込んだ際[6]も、真っ先に2匹が赤ちゃんに襲いかかろうとしたと思い込んだ。IIでも行方不明のスキャンプを探そうとしないばかりか、ディア家の皆が彼を心配する中、一人ピクニックの事ばかり考える等、相変わらず犬に対して非常に薄情な面を見せる。
トニー(Tony)
トランプが贔屓にしているイタリアン・レストランの主人。トランプに対する呼び名は「タフガイ」。トランプがレディを連れてきたことを喜び、スパゲッティを振舞う。バンドネオンを演奏し「ベラ・ノッテ」を朗々と歌い上げる場面は本作の名場面の一つ。
ジョー(Joe)
レストラン「トニー」の従業員。主人には頭が上がらない。マンドリンを弾いてトニーの歌を盛り上げる。

Ⅱに登場する動物たち[編集]

スキャンプ(Scamp)
Iではカメオ出演のみ、IIの主人公。トランプとレディの息子。トランプに似た体をしている。やんちゃでトランプから「いたずら小僧」と呼ばれている。ディア家での飼い犬暮らしにうんざりし外での暮らしに憧れていた。しかし途中バスターの裏切りにあい飼い犬に戻った。
エンジェル(Angel)
廃品置き場にいる犬でバスターに気に入られていた。今まで5つの家族を渡り現在に至った。スキャンプと恋に落ち飼い犬になりたい本心がバスターにばれ廃品置き場を追い出されたが、その後ディア家に迎えられている。
バスター(Buster)
廃品置き場の犬たちのリーダー。「ご機嫌だぜ」が口癖。毎日生きるためだが悪さをしている。かつてはトランプの舎弟の様な存在で、彼から野良犬としての生きる術を学び、自身もトランプの事を尊敬していたが、トランプがレディを選んだ事をきっかけに決裂し、現在は仲が悪い。
子犬たち
トランプとレディの子供でそれぞれアネッタ(Annette)、コレット(Collette)、ダニエル(Danielle)。レディに体が似ている。風呂が大好き。少し生意気でスキャンプをよく思っていない部分もある。

レジー(Reggie)

バスターがスキャンプを廃品置き場の仲間に加えるか試すためテストする為に連れて行った裏路地に住む野良犬。バスターさえも恐れる程に凶暴で、子犬であるスキャンプにも容赦なく追い回すが、その結果、保健所職員に見つかり、連れて行かれる。その後、保健所に捕まったスキャンプが同じ檻に入れられたところを、再度襲いかかるが、助けに現れたトランプと一対一で戦った末に敗北し、気絶する。

声優[編集]

  • 1955年公開、日本での公開は初公開は1956年(初公開版)、2度目の公開は1989年(再公開版)
役名 原語版声優 日本語吹き替え
初公開版 再公開版
レディ バーバラ・ルディ 宝田薫 藤田淑子
トランプ
(1956年版ではノラ公)
ラリー・ロバーツ 小林桂樹 中尾隆聖
ジャック 台詞:ビル・トンプソン
歌:スターリング・ホロウェイ
三津田健 槐柳二
トラスティ ビル・ボーコム 鈴々舎馬風 滝口順平
ダーリング ・ディア ペギー・リー 里見京子 戸田恵子
サイとアム
(1956年版ではシーとアム)
ナンシー梅木 天地総子
ペグ
(1956年版ではペッグ)
北原文枝
ジム・ディア リー・ミラー 三木鶏郎 佐々木敏
野良犬収容所員 浜口庫之助 村越伊知郎
セーラおばさん ヴェルナ・フェルトン 堀越節子 京田尚子
トニー ジョージ・ギボット 中村哲 台詞:熊倉一雄
歌:池田直樹
ジョー ビル・トンプソン 市村俊幸 台詞:はせさん治
歌:加賀清孝
ブル
(1956年版ではブルドッグ)
古今亭今輔 今西正男
ダクシー 逗子とんぼ 山崎哲也
警察官 峰恵研
ビーバー スタン・フレバーグ 坊屋三郎 辻村真人
ボリス アラン・リード 大平透 佐古正人
タフィー ダラス・マッケノン 千葉信男 永井一郎
ペドロ 永六輔 八代駿
教授
ハイエナ 原語版流用
ワニのアル サール・レイブンズクロフト 仁内建之

スタッフ[編集]

映像制作[編集]

製作 ウォルト・ディズニーロイ・O・ディズニー
企画 ジョー・グラントディック・ケルシー
原作 ウォード・グリーン
脚本 アードマン・ペナージョー・リナルディラルフ・ライトドン・ダグラディ
脚本監修 シャルル・パーマー
音楽 オリバー・ウォレス
編曲 エドワード・H・プラム
オーケストレーション シドニー・ファイン
作画監督 レディ フランク・トーマスレス・クラーク
トランプ ミルト・カール
ジョック
トラスティ
オリー・ジョンストン
トニー
ジョー
ブル
ジョン・ラウンズベリー
ペグ エリック・ラーソン
アクション担当 ウォルフガング・ライザーマン
ハル・キング
レイアウト トム・コドリックアル・ジンネンA・ケンドール・オコーナーヒュー・ヘネシーランス・ノリージャック・ラップマクラーレン・ステュアートドン・グリフィスソー・パットナムコリン・キャンベル
ヴィクター・ハブーシュビル・ボッシュ
原画 ジョージ・ニコラスハル・アンブロケン・オブライエンジェリー・ハスコックエリック・クレワースマーヴィン・ウッドワードエド・アーダルジョン・シブリーハーヴィー・トゥームズクリフ・ノードバーグ
ドン・ラスクジョージ・クレイスルヒュー・フレイザージョン・フリーマンジャック・キャンベルボブ・カールソンフレッド・コピエッツハリー・ホルトボブ・マクレイ
エフェクト原画 ジョージ・ローリーダン・マクマナス
動画 ブレイン・ギブソンゲイリー・ムーニージョン ・ ウィルソン
美術監督 ケン・アンダーソンクロード・コーツ
背景 ディック・アンソニーラルフ・ヒューレットアル・デンプスターセルマ・ウィトマーアイヴァンド・アールジミ・トラウトレイ・ハッファインブライス・マック
特殊効果 アブ・アイワークス
撮影 ボブ・ブロートンロバート・F・スパークス
音響監督 C・O・スライフィールド
録音 ハロルド・J・ステックロバート・O・クック
音楽編集 イヴリン・ケネディ
編集 ドン・ハリデイ
製作担当 ビル・アンダーソン
アニメーション制作 ウォルト・ディズニー・プロダクション
プロデューサー アードマン・ペナー
監督 ハミルトン・ラスククライド・ジェロニミウィルフレッド・ジャクソン
総監督 ケン・ピーターソン
配給 ブエナ・ヴィスタ・ホーム・エンターテイメント

日本語音声制作[編集]

役職 上映版 ブエナ・ビスタ版
制作 ジョン・A・カッティング
田村幸彦
脚本翻訳 田村幸彦 金田文夫
演出 三木鶏郎
音楽演出 多田則彦
整音 上田忠雄
録音制作 スタジオ・エコー
日本語版制作 DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC

主題歌[編集]

使用箇所 曲名 作詞
作曲
訳詞
オープニングテーマ ベラ・ノッテ
Bella Notte
ペギー・リー
ソニー・バーク
三木鶏郎(上映版)
海野洋司(ソフト版)
ジョージ・ギボット
ビル・トンプソン
エンディングテーマ 世界に平和を
Peace on Earth
挿入歌 ジョック&トラスティ
Jock & Trusty
スターリング・ホロウェイ
ララルー
La La Lu
ペギー・リー
シャムネコの歌
The Siamese Cat Song
彼がトランプさ
He's a Tramp
赤ちゃんって?
What Is a Baby
バーバラ・ルディ
ホーム・スウィート・ホーム
Home Sweet Home

補足[編集]

  • 映像・デザイン
    様々な工夫が凝らされている。基本的に犬の視点からのアングルで描かれている為、人間の登場人物はその顔や表情が映されることが少なく、多くが腰から下の映像である。特にジムとダーリングは主人公の飼い主であるにもかかわらずはっきりと顔が映る場面はほとんど無いに等しい。しかしIIでは前半、ジムの顔が堂々と映っている。一方、犬達の表情や仕草は人間のそれを投影する手法(レディの垂れ耳を女性の長髪に見立てる等)を使っている為、非常に人間臭さが出ている。その結果、視聴者はさながら犬の世界に飛び込んだかのような感覚で物語に入り込むことができる。また、当時シネマスコープに対応した劇場が少なかったこともあり、各々の画面幅に合わせた2種類の映像が存在する。よってDVD版を観ると以前とは違った印象を受ける可能性もある。

ラジオドラマ[編集]

昭和31年(1956年)9月にはラジオ東京にてラジオ番組版も放送された。製作陣はディズニー映画の日本語訳を担当していた永六輔三木鶏郎。総指揮はディズニー技術部長のジョン・カッティング(John A Cutting。ジャック・カッティングとも[7])。一度黒柳徹子が配役されたが、ジョン・カッティングがそれを変更した為出演交渉をした永六輔は赤いハンドバッグを土産に謝罪している。この作品ではブルドッグを社会党書記長の淺沼稻次郎が演じている[8]

外部リンク[編集]

わんわん物語II[編集]

わんわん物語Ⅱ』原題:Lady and the Tramp Ⅱ: Scamp's Adventure)は2001年制作のビデオ作品、

物語[編集]

1910年のニューイングランド。明後日は独立記念日。前作から半年たちジムの子供やレディとトランプの子供たちは大きくなり幸せな毎日を送っていた。しかし、スキャンプだけは違い毎日の生活に退屈を感じていた。スキャンプは部屋を汚し、罰として鎖に繋がれた。その時廃品置き場の犬たちやエンジェルと会い野良犬として生きる道を選んだ。そこには楽しそうに暮らす野良犬たちがいた。そんな時父親のトランプの過去を知り・・・・。

スタッフ[編集]

声優[編集]

役名 原語版声優 日本語吹き替え
スキャンプ 台詞:スコット・ウルフ
歌:ロジャー・バート
台詞:秋山純
歌:岡崎昌幸
エンジェル 台詞:アリッサ・ミラノ
歌:スーザン・イーガン
台詞:山田まりや
歌:日野しおん
トランプ ジェフ・ベネット 台詞:中尾隆聖
歌:小西教之
ジョック 槐柳二
トラスティ 滝口順平
野良犬収容所員 小形満
レディ ジョディ・ベンソン 台詞:藤田淑子
歌:前田引美
バスター 台詞:チャズ・パルミンテリ
歌:ジェス・ハーネル
山路和弘
ダーリング バーバラ・グッドソン 田中敦子
ジム・ディア ニック・ジェイムソン 佐々木敏
ムーチ ビル・ファッガーバッケ 島香裕
スパーキー ミッキー・ルーニー 石森達幸
フランソワ ブロンソン・ピンチョット 龍田直樹
ルビー キャシー・モリアーティ 一城みゆ希
ジュニア アンドリュー・マクドノゥ 川田妙子
アネッタ デビ・デリーベリー 木藤聡子
コレット キャス・スーシー こおろぎさとみ
ダニエル 石川寛美
トニー ジム・カミングス 北川勝博
ジョー マイケル・ガフ はせさん治
セーラおばさん トレス・マクニール 京田尚子
アム 原語版流用
サイ メアリー・ケイ・バーグマン
トレス・マクニール
スクラッチ ディー・ブラッドリー・ベイカー
レジー フランク・ウェルカー

主題歌[編集]

使用箇所 曲名 作詞
作曲
訳詞
オープニングテーマ ベラ・ノッテ
Bella Notte
ペギー・リー
ソニー・バーク
佐藤恵子 山下達郎
挿入歌 記念日を祝おう
Welcome Home
メリサ・マンチェスター
ノーマン・ギンベル
前田弘美
小西教之
こおろぎさとみ
木藤聡子
ミュージッククリエイション
あこがれの世界
World Without Fences
岡崎昌幸
俺たちの天国
Junkyard Society Rag
山路和弘
龍田直樹
石森達幸
一城みゆ希
島香裕
初めての気持ち
Didn't Know I Could Feel this Way
岡崎昌幸
日野しおん
どんな時でも
Always There
岡崎昌幸
日野しおん
前田弘美
小西教之

オマージュ作品、パロディ作品[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Lady and the Tramp”. Box Office Mojo. 2016年8月18日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)129頁
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)221頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『わんわん物語』ダイヤモンド・コレクション 特典映像「メイキング・オブ『わんわん物語』」より
  5. ^ 英誌選出「映画史に残るキスシーン50」”. 2016年8月17日閲覧。
  6. ^ そもそも大ネズミが侵入したのは、伯母さんが赤ちゃんの部屋の窓が開けっ放しだった事に気がつかなかった事が原因である。
  7. ^ ディズニー・アニメーションQ&A 本名はジョン・A・カッティングなのですが、ニックネームとして「ジャック」が定着し、それで両方の呼び方がなされたようです。
  8. ^ 朝日新聞 平成23年5月26日夕刊6ページ ジャーナリズム列伝37回 「わんわん物語」のブルドッグ役を誰にするか、難航した。「この声がいい」。カッティングがそう言ったのは、国会中継で質問していた浅沼稲次郎の声だった。