吉澤和弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉澤和弘(よしざわ かずひろ、1955年昭和30年)6月21日 - )は、日本の実業家2016年6月よりNTTドコモ代表取締役社長を務める。元電気通信事業者協会副会長。あへら

来歴[編集]

1955年6月21日[1]群馬県に生まれる。群馬県立前橋高等学校ではサッカー部に在籍。3年生の時の同級生には、IHI取締役の大谷宏之と、ベガシステム社長の多賀谷哲也がいる[2]岩手大学工学部情報工学科で電気システム工学を学んだのち[3]1979年4月に日本電信電話公社1985年に民営化、日本電信電話株式会社 (NTT)となる)へ入社。NTTのグループ会社の設備投資業務に関わった時期もあるが、主に黎明期からの移動体通信事業に携わった。「ショルダーホン」市場投入時には、吉澤が係長、のちに吉澤の一代前のNTTドコモ社長となる加藤薫が課長として共に取り組んだ[4]

エヌ・ティ・ティ移動通信網(現在のNTTドコモ)の設立は1992年であるが、その前年より準備室に配属。設立とともにエヌ・ティ・ティ移動通信網に移った[5]。設備部担当課長、資材部担当部長、経営企画部担当部長などを歴任し[6]2007年6月に執行役員第二法人営業部長、2011年6月より取締役執行役員 人事部長となる[1]。2013年からはNTTドコモ・ベンチャーズの代表取締役社長を兼務[7]2014年6月に代表取締役副社長、2016年6月には、相談役に退いた加藤薫に代わり代表取締役社長に就任した[1]。これまで同社では親会社のNTTから社長が送り込まれるのが慣例で、実質的なプロパーが社長に就任するのは初めてのことである[8]

人物[編集]

晴れた日にはジョギングをするのが趣味だと述べる[9]。座右の銘は「失意泰然、得意淡然」。前社長の加藤薫は、吉澤を「実直誠実で、青年を思わせるくらい若々しい。スポーツマンでもある」と評する[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 役員履歴”. NTTドコモ. 2017年6月20日閲覧。
  2. ^ “交遊抄 前高トリオ 吉沢和弘”. 日本経済新聞. (2017年4月3日). http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14754240R30C17A3BC8000/ 2017年6月20日閲覧。 
  3. ^ “本学卒業生 吉澤和弘 NTTドコモ代表取締役社長が岩渕学長を表敬訪問”. 岩手大学. (2016年7月15日). http://www.iwate-u.ac.jp/news/news201607.shtml 2017年6月20日閲覧。 
  4. ^ “NTTドコモ社長交代、新社長に吉澤和弘氏”. ケータイ Watch. (2016年5月13日). http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/757271.html 2017年6月20日閲覧。 
  5. ^ 社長対談 NTTドコモ 吉澤和弘×NTTコムウェア 海野忍”. NTTコムウェア. 2017年6月20日閲覧。
  6. ^ 【キーマンズ・インタビュー】業界トップ企業の人材戦略とは?--吉澤和弘・NTTドコモ取締役執行役員 人事部長に聞く”. 東洋経済オンライン (2012年5月25日). 2017年6月20日閲覧。
  7. ^ a b “ドコモ、新社長に吉澤和弘氏が就任--加藤氏は相談役に”. CNET JAPAN. (2016年5月13日). https://japan.cnet.com/article/35082542/ 2017年6月20日閲覧。 
  8. ^ “NTTドコモ社長に吉沢氏が昇格 実質生え抜き初起用”. 日本経済新聞. (2016年5月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ18IPY_S6A500C1MM8000/ 2017年6月20日閲覧。 
  9. ^ トップインタビュー 吉澤和弘 NTTドコモ代表取締役副社長 (PDF) 」 、『NTT技術ジャーナル』2015年2月、 6-9頁。
先代:
加藤薫
NTTドコモ社長
2016年 -
次代:
(現職)