P821i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ P821i
キャリア NTTドコモ
製造 松下通信工業
発売日 2000年9月8日
概要
音声通信方式 movaPDC
PHS
(800MHz)
形状 ストレート式
サイズ 129 × 41 × 19 mm
質量 82 g
連続通話時間 約115分(携帯)
約390分(PHS)
連続待受時間 約250時間(携帯)
約340時間(PHS)
約210時間(携帯・PHS同時)
外部メモリ なし
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 STN液晶
解像度
サイズ
表示色数 モノクロ4階調
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ダークメタリック
ノーブルシルバー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

Super Doccimo P821i(スーパー ドッチーモ ピー はち にー いち アイ)は、松下通信工業(現パナソニックモバイルコミュニケーションズ)のNTTドコモ第二世代携帯電話(mova)・PHSドッチーモ)端末である。

概要[編集]

携帯電話PHSを一台に兼ね備えたNTTドコモのドッチーモ。これにiモードが付けられた「スーパードッチーモ」シリーズが2000年に登場した。この端末は松下通信工業で最初で最後のスーパードッチーモである。スーパードッチーモシリーズでは最後に発売された。

松下が得意としてきた小型ストレート型のボディに、当時としては大画面のモノクロ液晶を搭載。UINECのスーパードッチーモN821iと同一のものが搭載され、操作性も従来の松下製の端末とは異なっていた。着信メロディも、従来の松下製端末のPCM音源3和音ではなく、N821iと同じFM音源4和音である。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]