F211i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ ムーバ F211i
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売日 2001年11月7日
概要
音声通信方式 mova
(800MHz、1.5GHz)
形状 ストレート式
サイズ 128 × 45 × 15 mm
質量 65 g
連続通話時間 約140分
連続待受時間 約400時間
充電時間 約130分
外部メモリ なし
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 96×128ドット
サイズ
表示色数 約4096色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
フレグラントパープル
アイスシルバー
メタルブラック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ムーバ F211i(ムーバ エフ にー いち いち アイ)は、富士通(現:富士通コネクテッドテクノロジーズ)によって開発された、NTTドコモ第2世代移動通信システムmova端末である。

概要[編集]

F210iの後継機で、211iシリーズで最初に発売されている。この時期にはすでにデジタル方式ムーバとハイパートークが全機種標準になっていたため、211iシリーズ最初の当機種から名称の「デジタル」と「HYPER」が省略されている。

211iシリーズでは唯一のストレート型機種であり、ドコモのストレート型初のTFT液晶が使われている。また、当時シティオが使っていた1.5GHzでの通信にも対応した初のデュアルバンドモデルである。

フォントは通常のゴシック体以外に丸字フォントがあった。

富士通端末お馴染みの、「裏技」機能があり、電池マークが「星」マークにできる。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]