D251i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NTTドコモ mova D251i
閉じた所
オープン時
キャリア NTTドコモ
製造 三菱電機
発売日 2002年7月24日
概要
音声通信方式 movaPDC
(800MHz)
形状 折りたたみ式
サイズ 95 × 50 × 25 mm
質量 116 g
連続通話時間 約120分間
連続待受時間 約420時間
充電時間 約120分
外部メモリ メモリースティックDuo(128MBまで)
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFD液晶
解像度 120×160ドット
サイズ 2.0インチ
表示色数 262,144色
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度 72×64ドット
サイズ 0.9インチ
表示色数 256色
メインカメラ
画素数・方式 17万画素スーパーCCDハニカム
機能 ズーム機能(2倍・4倍)
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
モードメタル
シルバーローズ
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

mova D251i(ムーバ・でぃ に ごー いち アイ)は、三菱電機製のNTTドコモ第二世代携帯電話(mova)端末である。

概要[編集]

iショット」サービス対応端末として、F251iと同時に発売された。movaのDシリーズでは、初のカメラ付き携帯電話になった。 世界で初めてのスーパーCCDハニカムカメラつき携帯電話で、メモリースティックDuoの標準スロットとして登場した。ただし、著作権保護データなどには対応していない。カメラには大光量のライトがついている。デザインは分厚く大きいものだったが、アンテナは内蔵。背面には、256色表示のカラー液晶があり、自分撮りも可能。撮った写真は1画面に12枚のサムネイル表示ができ、本体に最大970枚保存可能。251iシリーズでは唯一、撮影した画像のサイズ変更やトリミングができる。また、内蔵絵文字の数は大幅に増えた。着信メロディは32和音対応。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]