着信メロディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

着信メロディ(ちゃくしんメロディ)は、携帯電話及びPHSの着信音を単音又は2 - 128音程度の音楽メロディーにする機能である[1]

概要[編集]

一般には「着メロ」と略されることが多いが、商標登録されているため厳密には全ての着信メロディが「着メロ」というわけではない(後述)。英語では ringtoneと呼ばれる。

日本での黎明期は予めプリセットされた楽曲を選ぶことしかできなかったが、程なくして電話機のボタン操作により音階を打ち込むこと(音入れ)で自作できるようになった。当時の携帯電話やPHS等は、再生出来る自作楽曲が基本的に単音のみであったため、8ビートや16ビートの細かい音を使用した「擬似和音」や、流行曲のスコアを掲載した雑誌ムック本がブームを巻き起こした。

1997年のアステルを皮切りに演奏データをサーバーから電話機へダウンロードする方式が確立。1999年2月のiモード開始など携帯電話IP接続サービスの普及により、コンテンツプロバイダメニューサイト上で演奏データを課金のうえダウンロードするのが一般的となり、ITバブルと相まって2000年以降携帯電話向けコンテンツビジネスが急速に拡大した。後に、着ボイス着うた着うたフル・動画配信などの派生種が登場した。

着信メロディデータの実体はStandard MIDI File (SMF)やSMAFなどであり、電話機の基板上に組み込んだ「音源チップ」などと称される集積回路(LSI)のソフトウェア・シンセサイザーにより再生される。株式会社フェイスヤマハなどがフォーマットの策定に携わっている。音源チップは日本ではヤマハ沖電気ロームクアルコムルネサスエレクトロニクスらが供給している。

固定電話の家庭用電話機ファクシミリでも、着信メロディがプリセットされているものがある。LCRの「α-ALPHA55/77セレクティ(KDDI)」では『えらんでメロディ』、「Super ACR/Super ACR2(日本テレコム)」では『呼出し音メロディサービス』名称で配信サービスが提供されたり、携帯電話IP接続サービスの固定電話版であるLモードJ-Web(ソフトバンクテレコム)はサービス開始から終焉まで携帯電話と同様に公式サイトにより配信なされていた。

端末のプリセット曲はメーカーにちなんだ曲が入っていることもある(旧:日立製端末における「日立の樹」、ノキア製端末における「Nokia Tune」など)。

アメリカビルボードでは、「Hot Ringtones」という着信メロディのヒットチャートが掲載されている。2006年6月26日現在、84作品がゴールド、40作品がプラチナ、4作品がマルチ・プラチナとして認定されている(ゴールド・ディスクも参照)。

歴史[編集]

配信サイトの一般的な構成[編集]

ランキング
着信メロディのダウンロードが多かった曲を、1位から順に発表するページである。その時に流行っている曲(例:ドラマの主題歌やCMの使用曲)がランクインされることがほとんどである。前の日のランキング・1週間の間のランキング・1ヶ月の間のランキングなど、種類は様々であるが、1週間の間のランキングが多い。
プレゼント
楽曲のダウンロード権を他人へメールでURLを通知する方法によりプレゼントすることができる。
試聴
ダウンロード前に試聴ができる。保存不可のプロテクトを付けてデータを直接ダウンロードする方式と、専用のアプリを通じて試聴する方式がある。
リクエスト
配信されていない曲がある場合に使えるサービス。

その他[編集]

  • インターネット上のサイトに、着信メロディ配信サービスがある。ダウンロードしたい携帯電話のメールアドレスを入力して携帯電話にメールを送ると、携帯電話で欲しい曲がダウンロードできる。
  • 欲しい曲を、好みの音色にアレンジすることができる着信メロディ配信サービスがある。例えば、オルゴールトランスレゲエなどにアレンジできる。
  • 自分で着信メロディを入力しやすいように編集画面を五線譜とした機種も存在したが、着メロ作成機能を搭載した機種は2008年現在ほとんど販売されていない。
  • ケータイBIGLOBEなど、無料で着信メロディがダウンロードできる広告収入型のサイトがある。
  • 自分で着信メロディ(SMAF)を作成できる携帯電話向けアプリが存在する。(J-KENケータイシーケンサー

商標[編集]

略称の「着メロ」は以下のような企業が商標権を有している。

  • ビジュアルアーツ - 多数の指定役務および指定商品により登録(第4194385号,第4707135号)
    当初の登録者はアステル東京で、後に同法人を吸収合併した東京通信ネットワーク(TTNet、後のパワードコム)、その後、TTNetからPHS事業を譲受したYOZANが保有していたが、ヤフオクの官公庁オークションにおいて、東京都主税局徴収部を出品者として出品(参加申込期間:2010年2月16日~2010年3月1日、入札期間:2010年3月5日~2010年3月8日)され、その結果ビジュアルアーツが落札した[1]
  • 双葉社 -「雑誌」の指定商品により登録(第4326423号)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本来の意味での「和音」はCメジャーなどのコードネームを指す。「○和音」などの表記は本来誤用であるが、電話機のカタログやプレス関係では和音表記を用いている。
  2. ^ http://www.riaj.or.jp/issue/anniversary/70th/pdf/70th_4.pdf 日本レコード協会70周年記念誌14ページ

関連項目[編集]