ロシアにおける携帯電話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロシアにおける携帯電話(ロシアにおけるけいたいでんわ)と携帯電話産業について解説し、ロシアにおける携帯電話の使用についてのヒントとしても利用できるようにする。日本語話者が分かりやすいように、会社名などはなるべく英語を主に使って解説する。

歴史[編集]

現在の携帯電話サービス・ブランド[編集]

ロシアのほぼ全土をカバーする携帯電話サービス・ブランドは三つあり、その他の地域的なサービスもある。

ロシアを部分的にカバーする会社はこれら以外にもあり、ロシアの北西部をカバーするDelta Telecom社のSkylink(CDMACDMA2000を使用)などもある。

携帯電話産業[編集]

ロシアの携帯電話は現在、ロシア連邦政府ロシア連邦通信・マスメディア省 (Ministry of Communications and Mass Media) に属する連邦通信局 (Federal Communications Agency) の管轄になる。2008年以前の政府組織では、情報技術・通信省に属していた。

3Gなどの新しい技術については、海外の企業に依存することが多い。 [6] 例えば、2009年にMegaFonは3Gネットワークの構築パートナーとしてノキア・ジーメンス・ネットワーク (NSN) を選び、NSN、華為技術 (Huawei)、アルカテル・ルーセントエリクソン中興通訊 (ZTE) が共同で3Gへの2010年までの移行について行うことを発表している。[7]

ロシアの携帯会社の海外経験については、おもにCIS(独立国家共同体)諸国を中心に進出している。Beelineはすで、カザフスタンウクライナアルメニアに進出していて、MegaFonはジョージアタジキスタンウズベキスタンイランに進出している。MTSもすでに、アルメニアウクライナ,、ベラルーシウズベキスタン[8] トルクメニスタンインド (CDMA) に進出している。日本のNTTドコモi-mode技術が、MTSによって使われている。

端末[編集]

携帯電話サービス内容[編集]

ロシアにおける携帯電話の特徴[編集]

用語集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロシア謝意所の携帯電話 (英語)
  2. ^ History of Mobile TeleSystems
  3. ^ History of VimpelCom
  4. ^ History of MegaFone
  5. ^ MegaFon starts 3G network. (2007)
  6. ^ ロシアの携帯電話サービス・プロバイダー三社が3Gを計画(英語)
  7. ^ Megafon'sの3G計画 (英語)
  8. ^ JETRO:MTSがウズベキスタンの携帯電話会サービス会社を取得 (2004年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]