幻想振動症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

幻想振動症候群(げんそうしんどうしょうこうぐん)は、実際には携帯電話振動していないのに、振動したように錯覚する現象。「ファントム・ヴァイブレイション・シンドローム」(phantom vibration syndrome)ともいう[1]

関連項目[ソースを編集]

出典[ソースを編集]