ド・ケルバン病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ド・ケルバン病(ド・ケルバンびょう、de Quervain disease)は、腱鞘炎の一種。長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が、橈骨茎状突起部と伸筋支帯に絞扼されて発生する。50歳代と20歳代の女性に多く見られる。

ド・ケルバン腱鞘炎(ド・ケルバンけんしょうえん、de Quervain tenosynovitis)、ド・ケルバン症候群(ド・ケルバンしょうこうぐん、de Quervain syndrome)、狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)ともいう。

1895年スイスの外科医であるフリッツ・ド・ケルバンFritz de Quervain)によって報告されたことからこの名がついた。