テレメッセージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テレメッセージは、かつて存在した無線呼び出し(ポケベル)事業者テレメッセージグループの総称、もしくはテレメッセージグループが提供していたポケベルのブランド名。TM○、○TM(○の部分にその会社のアルファベットの頭文字)や、無線呼出しNCC31社が本来の通称らしいが、一般的ではなく、通常テレメと呼ばれる[1]。ちなみに福岡市中央区に本社を置く「株式会社日本テレメッセージ」はグループとは一切関連はない。

概略および経緯[編集]

サービス[編集]

テレメネット[編集]

ポケベル一体型サービス[編集]

  • 1996年(平成8年)5月ポケベル一体型PHS「A831」発売

(* アステル各社とテレメッセージ各社との間でポケベルとPHSの一体型の端末でサービスを行う)

  • 1996年(平成8年)11月ポケベル一体型携帯電話「デジタルミニモ D320」を発売

(* 日本移動通信株式会社(IDO)と東京テレメッセージでポケベルと携帯電話の一体型の端末でサービスを行う)

通信端末の特徴[編集]

東京テレメッセージ PHOENIX-fw 1995年


歴史[編集]

事業者一覧[編集]

現在は首都圏1都3県および沖縄本島の2社を除き消滅した。

  • 「東京テレメッセージ」は、日本テレコム主体で「東京ウェブリンク」に改称して再建した後、2001年(平成13年)に株式会社YOZANが買収して「マジックメール」に再改称し、最終的に2002年(平成14年)にYOZANに吸収合併された。2008年(平成20年)10月1日YOZANから(新)「東京テレメッセージ」が分社。
  • 「沖縄テレメッセージ」は、沖縄本島でのみ営業中。2017年(平成29年)2月28日にポケットベル事業から撤退。
  • 会社法人としては存続している旧「徳島テレメッセージ」 → 現「スタッフクリエイト」は、1999年(平成11年)10月にベル事業撤退および社名変更を行い、副業として開始した人材派遣業に一本化している。

北海道地方[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

信越地方[編集]

北陸地方[編集]

東海地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

四国地方[編集]

九州・沖縄地方[編集]

通信端末[編集]

主な参画メーカー[編集]


端末[編集]

  • SIDE44
  • テルソナ
  • セフィン
  • ジュリオ
  • リエゾン
  • ベルコスモ
  • ベルスウィート
  • カレン
  • カナコ
  • ナージ
  • ニコット
  • コロンボ
  • ベルカム
  • プレル
  • ノイネット
  • ルカート
  • トレミーモア
  • トレミーフィーノ
  • ジュセ
  • アーキス
  • 自由人
  • モーラ
  • テクノジョーカー
  • ステラ
  • レジュロ
  • フェニックス
  • ヴィクトライン
  • 7E0(YOZANが開発した端末)

※ 地域により販売されていた機種が異なる場合がある

※ NPとは『Numeric Pager』のことであり、文字入力ができるポケベルのことを差し、機種名ではない

※ FXとは『Flex方式』利用のポケベルのことであり、機種名ではない

イメージキャラクター[編集]

グループイメージキャラクター[編集]

地域限定イメージキャラクター[編集]


その他[編集]

  • 1997年(平成9年)5月13日〜16日 東京ビッグサイトの「ビジネスシヨウ'97 TOKYO」で、東京テレメッセージが、半透明ポケベルやウルトラマンの形したポケベルや、Swatchブランドの腕時計内蔵型ポケベルを参考出品。
  • トワイライトシンドローム 『究明編』でテレメッセージのポケベル(モーラ、ピンク色)がゲーム上、セーブデーター画面で使用され、景品にもなった。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 現在は、2代目東京テレメッセージの略称だが、表記はteleme

外部リンク[編集]