EMOBILE 4G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

EMOBILE 4G(イー・モバイル フォージー)とは、ワイモバイル自社網を利用したEMOBILE LTEに加えて、ソフトバンク傘下のWireless City Planning(WCP)が提供するAdvanced eXtended Global Platform(AXGP)網とソフトバンクモバイル(SBM)のULTRA SPEED網を利用した、MVNO型データ通信サービスである。

概要[編集]

2013年8月9日に開始された、WCP社およびSBMの2社のMVNOとして、ワイモバイルから提供されるデータ通信サービス。SoftBank 4Gのワイモバイルデータ通信端末版ともいえるサービスだが、こちらは、EMOBILE LTEおよびEMOBILE G4(HSPA+)ネットワークにも対応している。

本契約では、電話番号が2つ付加されるが、通常はB番号側の回線が機能する形となり、ユーザ側がA番号・B番号のいずれかのネットワークを選択して固定することはできないとしている。

2014年8月1日以降の契約は、ワイモバイルとの「データ通信サービス」の扱いとなるため、本稿のサービス内容とは別メニューとなる。

対応端末[編集]

AXGP網利用時、下り最大110Mbps、上り最大10Mbpsとなる端末[編集]

データ端末[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]